昭島の歯科・歯医者【関歯科診療所】歯周病・予防の総合歯科治療 インプラント、矯正歯科、審美歯科、ホワイトニング

ブログブログ

前ページTOPページ次ページ
お久しぶりです。

掲載日:2016/06/21

おはようございます!
日々、夏のおとずれを感じる季節になりましたね。
受付のまつです。お久しぶりになってしまい、申し訳ございません・・・

先々週の土曜に私も学会に参加させていただきました。

私が参加したのは一般公開のセミナーで“食に貢献する”をテーマに、様々な分野から4人の方の発表を聞いていました。
中でも印象に残ったのは、赤ちゃんの時のご飯の食べさせ方で、口の周りの筋肉の発達具合に差が出るという内容でした。口の周りの筋肉がつかないと、口が半開きになったりご飯が食べにくかったりすることがあるようですが、これは鍛えれば直るものなので将来、自分にも子供ができたときは実践していこうと思いました!

学会に参加するたび、全国からたくさんのドクターや衛生士さん、助手の方が集まり勉強している姿を見ると、私も負けていられないと良い刺激をいただきます。今週もより良い治療を提供できるよう頑張りたいと思います!

わたしも学会に参加してきました!

掲載日:2016/06/20

こんにちは🙌関歯科診療所 歯科衛生士のS谷です!
わたしも顎咬合学会に参加してきました!
そしてその前の週はセミナーへ!今週は母校の講習会に参加する予定です。

先週というか昨日の日曜日はララポートでお休みを満喫してきました♪
雑貨屋さんにたくさんの歯ブラシやお口のケアグッズがありついついみてしまったのですが、あれだけあると迷ってしまいますね…
学会やセミナーではたくさんのことを学んだのですが、やはり患者さんのホームケアが大切です!
今はたくさんのケア用品があるので見た目も可愛く楽しく歯ブラシができそうです( *´艸`)

学会では、噛めなかった義歯を噛めるようにしたらこんなにも患者さんが元気になったという内容もありました。
噛めることでこんなに変わるんだ!という驚きと、もしはじめからしっかり噛めていたらこの人の人生はもっと豊かだったんじゃないかと考えさせられました。
私たち衛生士は虫歯を治したり、義歯を作ったりすることはできません。
ですが、患者さんの歯を守ることはできます!
患者さんがいかに長く自分の歯でいられるか、それは私たち衛生士にかかっているのだと学会で発表してくださった衛生士さん達の症例をみて感じました。
虫歯を治したり義歯を作ったりするのではなくお掃除のために通っていただき、ドクターよりも衛生士が忙しい、そんな医院にできるよう精一杯頑張ります!

歯ブラシや定期的な検診がお口の健康だけでなく全身の健康につながります!
まずはご自身のお口の健康状態を知っていただくことが大切かと思いますので、ぜひ美容院へ行こうかなぁという感覚でお口のメインテナンスにもおいでください(。-∀-)♪

学会参加してきました!

掲載日:2016/06/20

みなさんこんにちは。関歯科診療所勤務医の安達隆帆です。



梅雨ですが今年は水不足の可能性があるそうなので、雨が降るのは嬉しいことなのかもしれませんね!

そう考えるとじめじめ、しとしとも嫌ではなくなるような気がします。



さて、僕の話題も先週関歯科診療所のみんなで参加した学会の話題です。



日本顎咬合学会という、歯科の学会では1、2位を争う規模の大きい学会です。

名前の通り、咬み合わせについて特化した学会です。

歯科治療において咬み合わせというのは全てにおける基本であります。



歯周病、虫歯、顎関節、入れ歯、歯の神経の治療、全てにおいて咬み合わせのことを念頭において治療しなければなりません 。


それぞれの分野においてトップクラスの先生たちが講演をしたり、日本全国の先生達が日々の診療における成果を発表したりしています。


国際フォーラムをほぼ貸しきり行いますので、みんな聞きたい講演を目指して忙しく歩き回ります。


二日間の学会が終わるとみんなくたくたに疲れていますが、目には「次の日の診療からどう生かそうか」とキラキラした情熱が見えていました。



関歯科診療所のみんなで参加して同じ方向を目指していることを再確認できるとてもよい機会だったと思います。

今回の学会参加を、日々の診療で患者さんのみなさんに還元できるようしなければと強く考えております。


梅雨がすぎれば暑い夏がやってきます。みなさんお体ご自愛くださいね。


昭島市関歯科診療所勤務医安達隆帆でした。

前ページTOPページ次ページ

【管理者用メニュー】

pagetop
042-544-7220