• ホーム
  • ドクター紹介
  • 院内感染予防と最新の医療機器
  • 診療案内
  • アクセス
  • 症例
  • 自由診療料金表
  • クリニックブログ
  • 採用情報

クリニックブログ

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

ドクターの勉強会に潜入

掲載日:2016/05/09

毎度お馴染み(でもない)
関歯科診療所の
歯科衛生士M花です(*^-^*)


ゴールデンウィークは過ごしやすい日が多くて
一年中こんな気候なら良いのになぁ…
なんて思ってしまいます



さて先日
当院の院長と安達先生が所属する
スタディグループの勉強会を昭島で開催することになり

これはまたと無いチャンス!!
ということで
スタッフも先生方と共に参加させていただきました🌼



スタディグループの先生方は本当に勉強熱心で
日曜日というのに午前中から実習
午後もお昼ご飯もそこそこに三時間に渡る講義
そしてそのあとの懇親会も歯科の話…


講義をしてくださる先生も
勉強会のために数百枚に渡る膨大な量のスライドを携え

車での走行距離250㎞という遠方から
お越しくださり…

スタディグループの結び付きの強さと
そして先生方の仕事にかける情熱を深く感じさせていただきました❤


講義は歯周外科について


膨大な量の症例写真
すごく細かい記録がなされていて
まずそれが圧巻で
そしてその症例写真の歯肉が
すごくキレイだったのです


担当の歯科衛生士の腕が光っていたわけです



歯周外科をするにあたって
適応症例の選択を誤らないことが重要で



歯周外科の適応に入るために
基本治療がしっかりなされていること
セルフケアが確立されていることは
どの症例においても必須なのです


ドクター達が必死に学んで
それを実践しても
必須条件が満たされなければ
成功へは到達できない


成功に必要なセルフケア
それを確立していただくために
私達は患者さん達にブラッシング指導を行います



講義のなかで先生が
ブラッシング指導が一番難しく、
技術がいるのではないか
と仰ることがありました


ブラッシング指導は生活習慣に対する指導

患者さんたちも残っている汚れを指摘すると
“わかってはいるけどなかなかね…”
“一生懸命やってるんだけどまだ残っているんだ…”
とよくため息がでてしまうのです

技量の差はどうしても出ますし
今までの習慣を変えるのは難しいことが多いです


“一生懸命やってこれだからもう言わないで‼“
と仰る方もいらっしゃいます


歯科衛生士として5年勤めておいて
頼りなく思われるかもしれませんが
ブラッシング指導はやはりすごく難しいです


しかし歯周病も虫歯も細菌感染である以上
患者さんがそれを改善したい
という気持ちを持って来院したのなら
何にしても避けられないステップで

患者さんがなんと言おうと
可能な限り100%コントロールできている状態に近づくように諦めないことこそが私達に必要と思っています


もちろん
できるだけやりやすい方法を模索し
わかりやすい言い回しを考え
日々開発される新しい道具に目を向けるので


患者さん方しっかりとお付き合いお願いします(>_<)


今回の講義でドクターが治療するにあたって深く深く考え抜いて結論を出していることを再認識しました


その結論を成功に導く鍵を握っているのは歯科衛生士という気持ちをしっかり持ち直して
診療に励みたいとおもいます❗


そして先生方は休みを惜しまずに勉強して
患者さんによりクオリティの高い医療を提供したいと思っています


患者さん方はどうか日々の10分20分を惜しまずにブラッシングに当ててみてください(*^-^*)

形成実習in関歯科診療所

掲載日:2016/04/19

こんにちは。勤務医の安達です。大分暖かくなり、やっとコートをしまうことができそうですね(*^^*)!


さて、先日の日曜日に院長と私が所属する勉強会の若手の定例会が昭島で行われました。
午前中は関歯科診療所で実習、午後からは昭島保険福祉センター(あいぽっく)にて講演を聞くという内容でした。

僕からは午前中の実習についてお話しします。


歯科の治療において、虫歯で歯の大部分を失ったり、歯の神経をとった場合などに被せものをする必要があります。

このときに虫歯を除去し残った歯だったり、金属や樹脂の土台に被せものをするために、形を整える必要があります。これを「形成」といいます。

昨日の午前中はこの「形成」の実習を行いました。

この形成、土台や歯を削り過ぎてもだめですし、削らなすぎてもまただめなのです。

必要かつ十分な量を削り、できあがりの被せものの厚みが一定になるようにしなければなりません。

また、型どりをして石膏模型にし技工士さんに被せものを作ってもらうのですが、削った面が綺麗でないと適合のよい被せものが作れません。

さらに、今回の実習ではできあがった被せものに理想の噛み合わせを与えるための高度な形成を行いました。



講師は、関歯科診療所院長です。関歯科診療所では普段からこの高度な形成を行っています。
院長の形成の技術、考え方を若手のみんなで学ぼうとのことで、今回の定例会は昭島で行うことになったのです。院長の指導をうけながら、みっちりと午前中いっぱい実習を行いました。


被せものをする前の見えない所(形成しかり、根っこの治療しかり)にもとことんこだわり、長期に安定した予後を得られるよう日々私たちは診療しております。



季節の変わり目、みなさま、お体に気をつけてお過ごしくださいね。

関歯科診療所 勤務医 安達隆帆

春到来!!

掲載日:2016/04/16

おはようございます。
昭島市の関歯科診療所の歯科衛生士 N緒 です。

ここ数日やっと春らしい日々が続いていますね。鯉のぼりも青空を元気に泳いでいました‼︎
春は新年度の始まりでなんだかワクワクしますね!といっても当院は昨年度と変わらぬメンバーで毎日笑顔で元気いっぱい?!皆様の来院をお待ちしております‼︎

私が関歯科診療所で働き始めてから丁度1年が経ちました。
今まで幾つかの診療所で働いてきたのですが、院長先生の歯科に対する熱い思いに感化され今まで以上に歯科衛生士として上を目指していきたいと思うようになりました。
まだまだ勉強不足で足りない点だらけで、本当に日々勉強だと感じています。日々の臨床や学会で得たことをしっかりと活かせる歯科衛生士になりたいと思っています。
秋の学会にむけてしっかり準備して行かなければっ‼︎

先日診療所の外に大きな蜂の巣を発見し、関歯科診療所の頼れる院長が木刀で一撃‼︎撃退してくれました!

関歯科診療所 歯科衛生士 N緒 でした。

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

【管理者用メニュー】

PAGETOP