• ホーム
  • ドクター紹介
  • 院内感染予防と最新の医療機器
  • 診療案内
  • アクセス
  • 症例
  • 自由診療料金表
  • クリニックブログ
  • 採用情報

クリニックブログ

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

ドキドキ

掲載日:2017/12/11

こんばんは。

最近、一気に気温が下がり朝は特にコタツから出られない
歯科衛生士の清水です。

昨日行われました
日本顎咬合学会 関東・甲信越支部大会がありました。
そこで、午後当院の関院長が会員発表で
患者さんの症例を発表しました。

会場には大勢の歯科関係者の方がいらっしゃり、
有名な先生もいるなかでの発表でした。

発表が終わるとたくさんの拍手が(・∀・)
私はとても嬉しかったです!!

私たちが良い治療をするためには
技術、信頼関係の他にも患者さんの協力が必要です。
院長の技術は凄いです!!
しかし、この症例を良い評価されたのも患者さんの協力。
技工士さん2名の協力があったからだと思います。

親睦会で審査の結果を発表されたとき、
院長の前に発表された先生と1点差で院長が勝ちました。
その瞬間嬉しくて、涙が止まりませんでした。

患者さんの皆様ご存知かと思いますが、
院長とても情熱があります。
とにかく熱いです。
ですが、私達も負けずと熱いです。笑
だって、患者さん第1ですもん(≧▽≦)

今後もどうかお付き合い下さい。


本来であれば、月曜日なので診療日でしたが休診日とさせていただきました。
ご存知無く来院されてしまった方には
ご迷惑お掛け致しました。

明日からまた、気合いを入れて頑張りますので
宜しくお願いします。

写真
院長、安達先生→あつーーーく語り合ってます
お説教とかではないのでご安心を…


皆様、
体調にはお気をつけてお過ごしください。

宇都宮へ修行に!

掲載日:2017/12/07


こんばんは!

昭島市の歯医者さん、
関歯科診療所の歯科衛生士 野呂です!


この季節は学会シーズンということで
先月から学会やセミナー、そして先週末には宇都宮へ勉強に行ってまいりました。

そこで何を勉強したかといいますと、
日本のトップ歯科衛生士といわれる方から直々に

歯科衛生士という存在の役割とその必要性
身につけるべき人間力
診療における必須基礎知識
患者様に行う各手技についてのレクチャー
さらに
ご本人がどのようにして今を築き上げてきたか
など、

衛生士として理解すべき、覚悟すべき事柄を熱を持って、そして笑いを交えながら私たちに伝授してくださいました!

1秒たりとも気を抜けない、一言も聞き逃せないような濃密な2日間で、頭がパンクしそうな勢いでしたがとてもとてもとても!楽しかったです!



さて、そんな数あるお話しの中で私が特に印象に残った内容をみなさんにもお伝えしようと思います。

それは
〝歯科衛生士として、まずは一社会人としての人間力を磨く〟
ということです。

これは院長もよく私たちにお話をしてくれることでもあります。


その人間力というのは具体的にいうと
雑談力
対談力
余談力
想像力
観察力
のことだと、勉強会で教えてくださいました。

この力が磨かれることによって、
患者さんからの細かい情報を自然と引き出せるようになり、より的確な治療進めるための重要な情報収集が行えるだけでなく
そのことによって患者さんの気持ちを軽くしてあげることだってできる、いわば〝心療歯科〟にもなりうるというのです。
(ここの歯医者にに来るだけで楽になる、と実際に患者様から言われたそうです。)


雑談・対談・余談力 から患者さんの背景となるお話しまで引き出し
想像力 によりその背景が患者さんにどういった形でどのような影響を与えるのかを考え
観察力 でお口の中(歯ぎしりによるすり減り度合いなども見るポイントとなります)から表情、雰囲気の変化に気付き

これらをうまく結びつけらるその力こそが衛生士として必要とされていることなんだと思います。


このことに早いうちに気付けたことを嬉しく思いますし、そして何よりこういった機会を設けてくださった院長はじめスタッフの皆さんに感謝です。
これから習得できるよう、より一層努力していこうと思いました。


そして最後に。
お話の中でこういった一言がありました。


〝私は生まれ変わっても歯科界で生きていたいと思う。今度は歯科医師かな…いや、やっぱり歯科衛生士をやっていたい〟


トップの歯科衛生士としてたくさん苦悩されたと思いますが、それでも生まれ変わっても同じ職業に就きたいと思えるくらい、歯科衛生士という職業は誇れる素晴らしい職業なんだなと再認識させられた一言でした。


まだまだ先は長〜〜〜いですが、いつか私も心の底からそう思えるようになれたらいいなぁと、心に留めながら
また明日から診療に臨もうと思います。


スタッフの皆さん、そして患者の皆さん、
これからまたよろしくお願い致します!


いつもよりも文字が多めになってしまいましたが…。(笑)
お読み頂きありがとうございました。


以上、昭島の歯医者さん
関歯科診療所の歯科衛生士 野呂 でした!

不惑の40歳

掲載日:2017/12/02

 こんにちは。

 昭島市の咬み合わせ認定医 関歯科診療所 院長の関豊成です。

 今年は冬の到来が早いですね。
 昨年・一昨年と比べてもゲレンデの降雪状況は順調なようで
 私としても非常にウキウキする冬になりそうです♪

 スタッフとも週末に皆でスキーに行こうかなどと話しております。

 さて、本日は12月2日ですね。

 皆さんもちろんご存知とは思いますが
 私、関豊成の誕生日でございます。

 本日は歯科衛生士2名がセミナーの為に宇都宮まで行っており
 お祝いはしてもらえない。。。

 と、思いきや
 昨日のお昼休みにお祝いしてもらえました。

 実は来週の日曜日に学会発表が控えており
 自分の誕生日が翌日に控えている事などすっかり忘れていたので
 普通に難しい処置を要する患者さんの為のミーティングをするために
 スタッフルームに入った私は若干驚いてしまいました。

 ケーキはもちろん私が大好きなクロードモネさんのケーキ♪
 今年はフルーツタルトでした。
 まあ、予想を上回る美味しさ!
 今年もこのケーキを頂けたことを感謝です。

 で、プレゼント。

 毎年、色々と趣向を凝らしたプレゼントをスタッフがくれるのですが
 今年もとてもふざけた(一部ちゃんとした)プレゼントをくれました。

 幸せです。。。。

 ええ、こんな9割方不審者の様な恰好をさせられて
 スタッフの腹がよじれてちぎれるんじゃないかという位に大笑いされても
 幸せなもんは幸せなんですよ。。。。多分。。。

 この折り畳み傘、いつ使うんだよ。。。(汗)

 いや、本当に幸せでした。

 これからもチーム関歯科診療所として
 時にぶつかり、時に怒りながらも
 基本的には笑いながら一丸となって治療に向き合える
 そんな医療人の集団を目指します。

 なお、ワタクシのカバンの中にはまだ若干の余裕がございま。。。(自粛)

 往年のこん平師匠のまねでしめさせて頂きました。

 お後はよろしいのかどうか(笑)

 では、また。
 

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

【管理者用メニュー】

PAGETOP