• ホーム
  • ドクター紹介
  • 院内感染予防と最新の医療機器
  • 診療案内
  • アクセス
  • 症例
  • 自由診療料金表
  • クリニックブログ
  • 採用情報

クリニックブログ

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

MI という概念

掲載日:2015/07/31


 こんにちは。

 昭島市の関歯科診療所 院長 関豊成です。

 さて、今回も治療についてのお話です。

 本日、患者さんのお母さまから
 なるべく歯を削りたくないというご要望があり
 当院のスタッフが説明に当たらせていただきました。

 歯を削りたくない
 というのはごもっともなお気持ちで
 多分誰しもがそういった思いを多かれ少なかれお持ちだと思います。

 しかも、歯科への信用が失墜している昨今
 顔にモザイクかけてテレビに出演して
「インプラントをうたないと経営が苦しいから打ち続けるしかない」
 とか言っている歯科医師も居る位ですから

 (削らなくていい歯を削られるんじゃ。。。?)
 というような不安をお持ちの方々も多いのかも知れません。

 そこで『MI』です。
 この言葉をお聞きになったことがある方もいらっしゃるかもしれません。

 『minimal intervention』の略語です。
 『必要最小限の侵襲』という意味です。

 元々の意味は
 歯を大きく削って被せ物にするのではなく
 齲蝕病巣(虫歯の部分)だけを削って治療することで
 患者の負担を減らす
 というものだったと思います。

 この理論が出てきた当時
 多くの先生が
 『これは素晴らしい考えだ!』
 と思ったに違いありません。

 私もその一人でした。

 しかし、そのうちに
 『ほんとにこれで良いのか???』と思う事が出てきました。


 『MI』という言葉が完全に独り歩きしていて
 しっかり治療すれば良くなるはずの歯を
 『患者の負担になるから』と治療しないで
 「悪くなって抜けたらその時治療を考えましょう」とか
 咬み合わせの力で歯牙に亀裂が入り、そこが細菌感染して
 齲蝕になっているのに、原因である咬み合わせにはなんの言及もせずに
 齲蝕病巣だけを削って詰め物をしたり。
 結果、原因が取り除かれていないために
 その患者さんは何度も同じ部位を治療する羽目になったり。

 むろん、説明をした上で患者さん自身がその治療を望んだのなら
 それはそれで仕方がないとは思いますが
 歯科医師側が治療が面倒で手をつけたら赤字になりそうな歯の治療を
 敬遠するためにMIコンセプトを使っている例を
 ちょこちょこ目にすると
 『MI』ってなんなんだ?
 と思ってしまう自分が居たりしたわけです。

 で、考えた上で自分の中での『MI』の概念を絞り出してみました。

 現在、私が考える『MI』とは
 『必要最小限の侵襲』というところに変わりはありません。

 しかし、そこに『同じ病態を繰り返さない為に』という文言が付け加えられます。

 つまり、原因除去を念頭に置いています。

 例えば、虫歯や歯周病を繰り返し発症する・または治癒しない患者さんに対して
 ブラッシングが出来ているか
 食生活はどうなっているか
 定期的なプロケアを受けているかどうか
 そういった事にまで言及します。

 何故なら、虫歯も歯周病も口腔内細菌感染症だからです。
 そして、この細菌を減らすのに上記の事が必要だからです。

 抗生物質を内服していただく方法もありますが
 それは本当に重篤な状態で歯肉がひどく腫れていたりして
 痛みでブラシを当てることすら出来ない患者さんに
 一時的に行う処置(対症療法)でしかなく
 長期に渡って抗生物質を投与し続ければ
 菌交代現象や耐性菌の出現などの可能性があり
 やはり基本にして最も効果が高いのは
 日々のセルフケアと
 定期的なプロケア
 そしてその方に合った食生活になってくるのです。

 咬み合わせに原因があれば、咬み合わせについて言及しますし
 矯正や、一見治療の必要がない歯を被せたり樹脂を盛り足したり
 そういった事も行います。

 それが結果的に長い目で見たときに
 患者さんが毎回同じところに痛みを感じたり
 何度も何度も同じところを治療したり
 歯を抜いては義歯を作り直し
 しばらくしたらまた歯を抜いて義歯を作って
 結果的に総入れ歯になっていくというような
 負の悪循環を止める為に必要だと思うからです。

 同じ病態を繰り返させない
 つまり
 原因除去療法こそが
 患者さんの人生に於いて長い目で見た時の
 本当の『MI』だと考えます。

 ただ、本日の患者さんに関しては
 再石灰化が期待できるような状態ではなかったので
 やはり、齲蝕病巣を最小限ではあるものの
 削って齲蝕処置をせざるを得ないんですけども
 これを説明して理解していただくのって
 なかなか難しい時もありますね。

 とにかく、当院での『MIの概念』は
 そういう考えです。

 その為に
 日々、専門書を読み
 スタッフや勤務医とディスカッションし
 セミナーや講演、学会、勉強会に参加して
 自分達の引き出しを増やし
 より良い治療を行えるように
 頑張ってきましたし
 これからも頑張ります!!

 ということで、明日は月一回恒例の院内勉強会です。
 さ、頑張りますか♪

今日も頑張っています。

掲載日:2015/07/28


 こんばんは。

 昭島市の関歯科診療所 院長 関豊成です。

 現在、PM10:47です。
 診療所にまだ居ます。

 家に帰りたくないわけではありません。
 家庭が不和なわけでもございません(笑)

 今日は安達先生の練習に付き合いながら
 私も歯牙形態の彫刻の練習と仮歯の作製をしておりました。

 練習してるってことは、まだ未熟なの?
 そんな人達に治療してもらって平気なの?
 と、思う方もいらっしゃるかも知れませんので
 不安を与えないように、付け加えておきますね!

 練習をしない人・してこなかった人に治療を任せる方が怖いです。
 私達の仕事は、知識だけが有れば良い訳ではありません。

 間違いなく、職人としての技能も必要とされる世界です。

 歯科大学や歯学部を卒業して、国家試験に合格すれば
 その人は一生『歯科医師』です。

 大学卒業時の知識と技術のまま
 お勉強を死ぬまでずーっとしなくても
 免許の更新制度が無い以上
 『歯科医師』のままでいられるのです。

 そして私達の仕事は診査・診断をして薬を処方するだけでは足りないのです。
 手先が不器用では済まされないのです。

 なので、こんな時間まで練習してます。。。
 一日、診療して疲労困憊でも
 明日自分が診るかもしれない(診ないかもしれない)患者さんと術式の事を考えて練習しています。

 でも、これが実は結構楽しかったりします(笑)

 今日はもうお開きにして
 明日の仕事に備えます。

 皆さんも一日、お疲れ様でした。
 また明日も元気に一日をお過ごし下さいね♪

金属の為害作用と新しい治療法のご案内。

掲載日:2015/07/28


 こんにちは。
 昭島市の関歯科診療所 院長 関豊成です。

 いやあ、暑い!
 暑さを通り越してもはや熱い!!

 皆さん、熱中症にはご注意を。

 ということで(?)、今回は少し治療の話をします。

 日本は保険大国。
 大概の歯科治療は保険で行う事が出来ます。

 でも、使用できる材料が限られます。

 虫歯治療であれば金銀パラジウム合金を使用します。

 俗に言う『銀歯』というものですね。
 しかし、最近この銀歯が問題になりつつあります。

 世界的に見ても、この金属を使用しなくなっています。

 その理由は、新たに発癌性や金属アレルギー源の報告が為されているからです。

 ヨーロッパの数か国ではありますが、その危険性を考慮し
 幼児と妊産婦を中心に使用規制の動きも実際に出ています。

 日本のお上は何をしてるんでしょうか。
 国民の健康や安全を守るのが国家の務めでしょうに。

 それはまた別の場所で別の機会に。。。

 で、我々も考えるわけです。
 どうしたら患者さんの健康と安全を守れるのか?

 お上が『この材料を使って治せばいいよ』と言っているからといって
 その材料が健康被害を及ぼす可能性があるのならば
 それをそのまま右に倣えで患者さんのお口の中に入れて良いものか。

 私達が出した答えはNO。でした。

 ですから、自分の中の引き出しを増やすために勉強し
 実習付きの講習会に参加し
 診療後に練習に練習を重ねて
 ダイレクトボンディングという術式で
 比較的安価に金属をコンポジットレジンに置き換える
 という治療法を導入しました。

 最後に写真をお出ししますが
 その前に。

 金属というのは放射線不透過性があります。
 ですから、レントゲンで虫歯の有無を確認しても
 金属の下にある虫歯は確認できません。

 そして、金属はイオン化傾向があるために
 金属イオンの流出によって歯の周囲の歯ぐきが
 不自然に黒ずんだりします。
 
 これをメタルタトゥーといいます。

 更には前述した、金属アレルギーの発症の原因になる可能性や
 発癌の危険性も示唆されています。

 金属アレルギーに関しては私自身
 自分が担当している患者さんにも数名が罹患して
 口腔内の金属を全て除去してセラミックやレジンに置換した経験があります。

 治療後、実際に患者さん方の症状は改善されました。

 これらの事を日々の治療の中で、あらゆる局面で実感するわけです。
 そうして現在、私自身が患者さんの口の中に金属を入れる事に
 違和感を禁じ得ないのが本音です。

 それでも、保険診療を望まれる方には入れざるを得ないのが実情です。。。

 自費のセラミック治療だと金額が高くなります。
 むろん、それに見合うだけの診断、形成、型採り、製作、セットに至るまでこだわりの詰まった治療をさせていただくわけですから、

 最高の治療を提供出来るという自負はあります。

 しかしやはり、バブルの頃と違いますから
 経済的にそれを許容できない事もあると思います。

 または、介護や子育てで治療に時間を掛けられない
 通院回数を減らしたいという方も多いのではないでしょうか。

 そこで、前述したダイレクトボンディングです。

 一日で金属をコンポジットレジンに置き換えられます。

 治療金額もそれなりに抑えられます。

 1歯セラミックで被せる値段で
 3~8歯はダイレクトボンディングで治すことが可能です。
 (注:虫歯の範囲・大きさ・場所によってはダイレクトボンディング自体が不可能な症例もあります。) 

 写真は一枚目が術前
 二枚目が術中
 三枚目が術後
 です。

 ご一考頂いても良いのではないかな、と思います。

 ただし、どんなに良い治療を行ったとしても
 それは永久不変のものではありません。

 ご自分での毎日の歯ブラシ・フロスがしっかり出来ていなければ
 虫歯の再発、歯周病の罹患は避けられませんし

 定期的な検診とプロケアにおいでいただけなければ
 やはり歯は確実に壊れていきます。

 そして、どんなものにもある様に歯科用材料にも
 経年劣化は必ずあるものです。

 そこは、覚えておいてくださいね!

 今日は患者さんのTさんに「ブログ、見つけました」と
 お話頂いたので、少し張り切ってしまいました(笑)

 今後も、細々と更新していきますので
 たまに、のぞいてみて下さいね♪

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

【管理者用メニュー】

PAGETOP