• ホーム
  • ドクター紹介
  • 院内感染予防と最新の医療機器
  • 診療案内
  • アクセス
  • 症例
  • 自由診療料金表
  • クリニックブログ
  • 採用情報

クリニックブログ

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

おめでた。

掲載日:

  妹が二人目となる次男を無事出産!

  4月は妻、義弟、甥No,1、甥No,2、と
  誕生日が目白押し!!

  いやー、めでたい。

  これから4月はお金が飛んで行くなあ。。。(笑)

  うん、めでたい。

今、気になる事。

掲載日:

  こんにちは。

  昭島市の関歯科診療所 院長 関豊成です。

  気になっても言えない事って
  意外に沢山ありますよね。

  そんな事柄を
  こそっとこの場で書いちゃおうかなー。

  なんて思います。


  最近、ネットでいろんな世界情勢やなんかの情報収集をします。

  歯の事ばかりではなく
  政治的な事、経済的な事、歴史的な事
  そういった事柄も自分の中に知識として持っておかないと
  人間的に薄っぺらになってしまいそうなので。

  歯科医療従事者以外の方とお話するときも
  話題に困りますし
  話していてつまらない人間というレッテルを貼られるのも
  ちょっと嫌ですしね(笑)

  そんな中で最近よく目にするのが
  なにがしかの『陰謀説』。

  まあ、ロスチャイルド家とかフリーメイソンとか
  日本では光秀を裏で操っていた秀吉とか
  信憑性のありそうな説得力に満ちたものから
  ただのゴシップにすらなりそうにない下らないものまで
  様々ですが。

  そんななかで
  9.11のテロや
  去年のボストンマラソンの爆破テロ
  それからコロンバイン高校に始まる銃乱射事件などが
  アメリカ国家の自作自演であるというものが
  結構目につくわけです。

  で、だからアメリカは油断ならんとか
  被害者面した人への誹謗とか
  そういう感じの表現をする人を見かけるわけですね。

  僕自身にはそうやって自作自演かどうかを断じられるほどの情報は無いし
  そもそも、そういった陰謀説を唱えている一般の方々がどの様にして
  国家の根幹を揺るがすような情報を得ているのかも知りえないのですが

  冗談やちょっとした好奇心でこの話をしているとは思えないところに危うさを覚えます。

  なんというか、温度が違うんですよね。
  皆、そういった事を唱えている人は熱に冒されている感じというか。

  で、自分達とは違う意見の持ち主とは向き合わず
  否定否定で突き進んでいる感を禁じ得ないわけです。

  うーん。
  なんというか、もうちょっと客観的に自分たちの言動とかを見たり
  起きた出来事を多角的に見たりする方が良いんじゃないかな。

  信憑性に乏しい多くの情報の中から
  (現在、マスコミを通して伝えられるモノは情報とも呼べないくらい
  信頼度は低いと思っています)
  自分たちの都合に合った物だけをピックアップしている様にみえます。

  彼らが言うには
  同じ役者がそういった自作自演の事件現場に被害者として演じていて
  その証拠写真があるというわけですが
  その写真を見ても僕には同一人物には到底見えないし
  科学的に同一人物であると認証されているとも書かれていない。

  そんな論調をぶち上げておいて
  もしその女性がそれぞれ別人で本当の被害者だったら。。。
  もし彼女たちが自分の事をそんな風に言っている人間が存在すると知ったら。。。

  とか、そういう風には考えないのかな?
  と、思うのです。

  自分たちの考えに酔ってしまって
  他者への配慮が著しく欠けてしまっている。

  それでは大衆の同意は得られないよなあ。と。
  本当に自分たちの声に耳を傾けて欲しいなら
  もうちょっと使う言葉や伝える場所、根拠に気を使えばいいのに。

  そんな事を考える事もせず
  この陰謀に気づいている俺たちの言う事を聞け
  的な事を言われても。。。

  仕事に於いて
  気づきや察しというのは非常に大事だと思ってますし
  スタッフにもそれを求めていますが
  この件に関しては
  気づけない阿呆でも
  他者への配慮・優しさをもっている阿呆であれば
  自分はそっちでもイイかな。

  なんて考えちゃってます。

  すいません、下らない話でした(笑)

  仕事しよ。

  僕にとっての世界は
  家族と友人とスタッフと患者さんと袖振り合う多生の縁の人たちで
  もうイッパイなので
  そんな事どうでも良いのです。

  ただ気になっちゃっただけなのです(笑)

  僕は現実的に自分に出来る事を一生懸命やります。

未来を紡ぐ。

掲載日:

  こんにちは。

  昭島市の関歯科診療所 院長 関豊成です。

  今日の写真は
  昨日のてんとう虫スタディーグループの
  設立40周年記念講演会での一コマです。

  僕が修行させていただき
  代診として勤めさせていただいていた
  小林歯科医院の僕の次の代診である
  栃内先生とのツーショットを撮ってもらいました。


  さて。

  一昨日の土曜日は
  てんとう虫スタディーグループ設立40周年記念パーティーでした。

  僕らはパーティー受付として立ち働いていたので
  会場内でウロチョロはあまり出来なかったのですが
  それでもいらっしゃる先生方の錚々たる顔ぶれに驚き
  小林和一先生の偉大さと
  てんとう虫を設立してから今日までの歴史の一端に触れた気がして

  てんとう虫に所属できている自分の恵まれた環境に
  改めて感謝しました。

  その環境に引き込んでくれた小林英史先生と
  一緒にてんとう虫に所属している早速邦博先生と僕は大学で同期でしたので
  パーティー後には3人で渋谷に移動して
  旨い酒を飲んだのでした。

  スタディーグループの同年代のドクター達とお酒を飲むのも
  もちろん毎回楽しく、身になる会話が出来るのですが
  僕にとってのこの同期二人はちょっと特別で
  大学生の頃に如何なくダメっぷりを発揮していた自分から
  歯科医師になってからずっと必死で頑張ってきた自分を
  身近で見守って来てくれた二人なので

  と書くと変に陳腐だな。。。
  そんな軽いものではなくて
  とにかく特別な存在なんです。

  自分には幾人もの本当の友人が居ると思っています。
  で、その人間関係の根幹を為すものは何かと考えた時に
  その人との信頼関係や
  その人の為に自己犠牲を払える気になるかだったり
  まあ色々とあると思うんですけども。

  本当に悩んだ時や落ち込んだ時に
  いつも気づくとそばに居てくれてるんですよね。

  別に何かを説教したり変に慰めたりとかではなく
  そこに変わらず居てくれるんです。

  信頼関係にしても
  「この人は絶対に自分を裏切らない」
  ではなく
  「この人に裏切られたのなら仕方ない」
  と思える類のものなんですね。

  そう思える相手って数多くは居ないんです。
  僕にとっては。

  そういう相手と腹を割って日常から仕事の問題まで
  色んな事を話せる時間と言うのは
  やはりそんなにあるものでもないので
  楽しく飲めました。

  飲みすぎちゃいましたけど。。。(笑)

  そして、昨日の記念講演会での講演者の先生方がまた凄かったのです。
  清水雅雪先生
  小林和一先生
  阿部二郎先生
  村岡秀明先生
  亀田行雄先生
  鈴木尚先生
  
  マニアでなくてもヨダレが垂れそうな凄いメンツですよね。

  結構大きい会場で
  ほぼ満員御礼。

  

  あ、この写真は講演終了後ですよ。

  それぞれの先生方の話を拝聴しつつ
  会場のタイムキーパーや照明などの役割もこなし
  非常に充実した時間でした。

  まあ、正直疲労感も充実していましたけど(笑)

  まだまだ自分たちは足りないなと思う部分と
  ここは自分の考え方ややり方で間違ってなかったなと再確認できる部分
  スタッフにも共感してもらえた部分
  (講演会は当院のスタッフも三人参加しました)
  今回も多くの学びが有りました。

  40年間という長きに渡り
  これだけ深く、ジャンルを問わず勉強をし続けていらっしゃった先輩方に
  今すぐ追いつくことは出来ないかもしれないけど
  でも、いつかは追いつき追い越せるように
  色々と考えながら診療に励もうと思いました。

  そして、小林先生を筆頭に先輩方が作り上げてきた歴史を受け継いで
  これから未来を自分たちで紡いでいけるように
  一致団結して頑張ります。

  その一助になれるなら
  泥をかぶってもいいかも。

  昨日、参加したM花が今日少し興奮気味に
  「てんとう虫ってやっぱり凄い所ですね!」って言ってくれて
  なんだか嬉しかったです。

  その凄い場所に在籍させてもらっている以上
  そこに泥は塗らないようにしたいものですなあ。

  自分たちの行く先をまた見つめ直しつつ
  ゆっくりとでも確実に成長していきます!

  早速先生と丸の内のパレスホテルのバーで撮影した写真を一枚。
  載せようと思ったけど酔ってるから止めときます(笑)

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

【管理者用メニュー】

PAGETOP