• ホーム
  • ドクター紹介
  • 院内感染予防と最新の医療機器
  • 診療案内
  • アクセス
  • 症例
  • 自由診療料金表
  • クリニックブログ
  • 採用情報

クリニックブログ

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

Day,2 AM8:40~

掲載日:

  こんにちは。

  昭島市の関歯科診療所 院長 関豊成です。

  昨日、歯科衛生士学校の実習生の卒業アルバムの為に
  学校の先生が当院にいらっしゃって
  実習生2名と当院の常勤3名と僕で写真撮影をしました。

  どうにも慣れませんね、この写真撮影(-_-;)

  妙な緊張感。。。

  鼻、曲がってるしなあ。

  で、写真の修正は利くのかな?
  なんてスタッフに話したら

  「先生の方を修正した方が早いんじゃ。。。」
  と言われました。

  整形して鼻を真っ直ぐにせい。と。
  そっちの方が早かろう。と。

  ぐひん。泣くぞ。

  歯科の世界には
  歯牙の湾曲徴・スピーの湾曲・モンソンカーブ等々
  多くの湾曲・カーブについての考え方があるのですが
  言うに事欠いて
  「関の湾曲」
  という意味不明な命名をする始末。

  解剖学的に異常な鼻の湾曲とでも言うのか。

  上司を上司とも思わぬその言動
  不届き千万!
  世が世なら切腹申し付けるトコロですが
  まあ良いのです。

  こうやってバカな掛け合いをしてるのも
  嫌いじゃないです。

  というか、結構好き(笑)

  仕事に於いては常にプライオリティを僕に置いてくれて
  しっかりと診療に打ち込んでくれる。

  仕事が終わればどんなに厳しい仕事の後でも
  こうやって話が出来る。

  オンオフの切り替えが出来ているのは
  ある意味自分が理想とする診療所の姿でもありますから。

  僕は幸せ。。。なんですよね?きっと。。。。。。。


  さて。

  医院旅行2日目。

  朝食はしっかりと食べましょうよ。
  と、言う事で8:40分にロビーで待ち合わせ。

  ビュッフェ形式のなかなか美味しい御飯でした。

  僕はイカの刺身とシラスおろしが美味かったな。

  その後、ロビー外のお庭で海を見ながらまったり。

  

  このロケーション最高じゃないですか?
  気持ち良かったです。

  海に入るのはどうしても好きになれないけど
  海を見るのはとっても好きです。

  心の澱を波が洗い流してくれる様な感覚ですね。
  おぉ、詩人だなあオイラ。

  でもって心を洗い流した後は
  この旅行で僕が一番楽しみにしていた
  ガラス細工の体験工房へ!

  とは言っても
  ホテルの地下でやるんですけどね(笑)

  関豊成家は基本的に家族旅行をする時に
  必ずと言っていい程何かしら作ります。

  子供の経験として何かしら感じて欲しいと言う事と
  モノを自分で作る楽しさを知って欲しいと言う事
  更には、思い出の一つとして手元に残るというのも魅力。

  今までも吹きガラス工芸で家族全員分のコップを作ったり
  万華鏡を作ったり
  体験窯でお皿や茶碗を作ったり
  オルゴールを作ったりしてきました。

  で、今回はガラスを銅線の枠に組み合わせてハンダゴテで固定する
  ステンドグラスの様な感じのものを作る事にしました。

  スタッフにも既製品を買うのではなく
  世界で一つの自分の手で作り上げた思い出の品を
  持って行って欲しかったから。

  と同時に自分が工作が好きだから(笑)

  スタッフは皆、鏡の周りをガラスで彩るタイプのもの
  長女ちゃんはハート形のキーホルダーの中身をガラスでデザインするもの
  僕はキャンドルシェードを選択して
  いざ、工作開始!!

  キャンドルシェードのテーマは
  ルネッサンス。

  何故かって?

  前日のしりとり
  『る』攻めの乱 で
  頭の中がいまだに『る』で埋め尽くされていたからですよ!!

  というのは冗談。

  テーマと言う程のものではありませんが
  それぞれの角度から見た時に
  全て違った趣の出るように心掛けて作製しました。

  作業途中の感じはこんな。

  

  右側はすでにハンダゴテで蠟付けしてあります。
  まだ仮付けですけどね。

  全面、ガラス張りも良いけれど
  ワイヤーを曲げて枠の中に更に枠を作って
  そこにガラスを嵌め込むことを思いつきまして
  二面目でそれを実行に移しているところですね。

  いやー。
  楽しすぎる!

  長女ちゃんも自分の頭の中のイメージを具現化しようと
  必死で石とガラスを枠の中に並べていました。

  スタッフは。。。
  他のテーブルだったので見に行く余裕無し!

  後々ブログに書いてくれるでしょう。
  まさかこんだけ楽しかったのに書かないなんて事は
  無いです。無いよね?

  所要時間、実に一時間半。

  みな無事に完成に漕ぎ着けました。
  一番時間がかかったのは僕でした。
  いや、でも枠の表面積が皆の八倍位有りますから。

  でもって一番早かったのが我が長女ちゃん。
  うむ。わが娘ながら天晴!

  何が天晴って、途中で飽きることなく
  しっかりと自分のイメージを具現化するところまで
  頑張り通したところ。
  もうこれでイイや。って妥協しなかったところ。

  パパはそんな君の姿を見て嬉しいのです。

  皆の制作物が出そろった所で
  工房のオジサンに頼んで記念撮影しました。

  しかし、ここでハプニング。

  オジサンが携帯カメラの使い方をイマイチ理解しきれてなくて
  ブレブレの写真を何枚も撮りまくるという事に。
  しかも、オジサンは写真が撮れているかも分からなくて
  延々撮り続けるわけです。
  なので、ハイチーズ!とかそういった言葉も無いです(笑)

  そりゃそうですよね、自分でいつ撮影しているのか分からないんですもの(^_^.)
  無音カメラじゃないし、音も僕らに聞こえるくらい
  カシャコカシャコいってたんですけどねー。

  連続してみてみましょう。

  『はい、チーズ!』

  

  

  

  

  

  

  ここらへんから既に皆、異変に気づいて笑っちゃってますよね(笑)

  だって、ここまでオジサンはずーっと「あ?あれ?ん?あれ?あらら?」
  って言い続けてるんですもの。

  

  

  もう駄目でした。
  皆も笑っちゃいけないと分かっていながら
  笑うのをこらえきれなくなっちゃってこの有様(笑)

  ちなみに、ここに載せたのは撮影された写真の半分にも満たないです。
  この倍以上、こんな感じの作品が僕の携帯には残されていました(-_-;)

  そもそも、皆の制作物を構図の中に入れるには
  もうちょっと下がらないといけませんでしたね。

  仕方がないので写真を諦めようかと思った時に
  もう一人の先生、おばちゃん登場。

  何やってんのよ。てな感じでカメラを受け取ると
  「はい、撮りますよー!」カシャコ。

  

  一発で撮ってくださいました♪

  いやー、さすが!

  楽しかった時間はあっという間に過ぎ去りますね。
  でも、その前に感謝したい人が。

  この製作体験をしている間、皆が集中して楽しめるようにと
  スタッフの子供とウチの次女を一人で面倒見てくれた奥様に感謝です。

  ありがたいです。
  「今日は家族旅行じゃなくて医院旅行だから
  それをするのは私の役目だよ。」と自ら言ってくれて
  職務を遂行してくれました。

  良い奥様を持ちました。
  改めて、ありがとう。

  終了後、昼食に行って帰路につきました。
  帰りは皆、気持ち悪くならないといいなあ。

Day,1 PM5:00~

掲載日:

  こんにちは。

  昭島市の関歯科診療所 院長 関豊成です。

  さて、医院旅行初日も終盤戦に突入です。

  写真は今回お世話になった
  鴨川グランドホテルのお部屋です。

  とても綺麗な部屋で
  見晴らしもオーシャンビューで最高でした。


  さて。

  鴨川シーワールドを存分に満喫した
  関歯科診療所御一行。

  子供達には疲れも見え始め
  そろそろこれはホテルにチェックインしとかないと
  まずいかな?
  といった感じになってきたので
  早々にチェックイン。

  そして部屋に入ると素晴らしいオーシャンビュー。
  ちょっと感動!

  子供達は散々遊びまわって走り回ったので
  食事をしたら眠くなる事必至。

  その為、急いでママ+次女、パパ+長女班に分かれて
  食事までの30分で子供達をお風呂に入れる事にしました。

  その間スタッフは放置(笑)

  ゆるせスタッフ達よ。
  パパ業もしっかりとこなさねばならぬのだ!

  大浴場は脱衣所も含めて綺麗だったんだけど
  浴槽内が。。。垢が浮きまくりで鳥肌が立ちました(T_T)

  あれはキツイ。

  浴槽から上がって
  再度長女と共に頭からつま先まで洗い直し。

  で、同年代の女の子が脱衣所で浴衣を着ているのを見て
  長女ちゃんも浴衣を着たくなっちゃうと。

  仕方がないからお風呂から食事会場に直接向かう予定を
  急遽部屋に戻って浴衣を着させて
  あくせくあくせく。

  夕食は、伊勢海老のお造りやなめろう等を追加注文したりして
  なかなか豪勢なものになりました。

  その後はバーに行ったり各自、自由時間。

  本来はこんな時こそ皆で集まって
  同じ部屋で話をしたい所でしたが
  今回は大目に見ました。

  僕も長女を連れてホテルのバーへ行き
  長女とデートを楽しみました。
  ま、僕は半分寝ていましたけど(笑)

  スタッフも一緒に連れて行って
  一杯づつ飲ませて
  この日は早めに就寝。

  さ。
  明日は楽しみにしていたガラス細工体験。
  楽しみ楽しみ♪

ルートヴィヒ3世。の、『る』。

掲載日:

  こんにちは。

  昭島市の関歯科診療所 院長 関豊成です。

  さて、千葉への車中で如何に僕が疲弊して行ったか。
  それについて書いていこうかと思います。


  車の中って一種独特な空間で

  運転をしていると会話をするにも
  相手の目を見てすることが出来ませんよね。

  なので、後部座席の人間が楽しんでいるのか
  はたまた手持無沙汰になっているのか
  もしくは爆睡しての沈黙なのか
  皆目見当もつきません。

  そんな妙な不安感の中でも
  お台場での休憩後の道中
  楽しく会話を出来ていたのですが
  千葉に入ったあたりでパタッと会話が途切れる時間がありました。

  そこでS来が一言。

  「こういう沈黙って気まずくないですか?ネタが無くなった的な。。。」
  と言ったので
  ネタが無いならば、しりとりをすればいいじゃないか!
  と提案をしたら
  S来とM花がそれに乗っかってくれました。

  サービス精神旺盛な子達ですね。
  ありがたい。  

  順番はS来→M花→僕
  と、なりました。

  しかし、これが結果的におかしな方向に。。。

  何故か、僕の所が常に『る』なんですよ。

  最初はルッコラとかルビーとかルアーとか
  そういったスタンダードなものからいけるんですけど
  『る』から始まる言葉を20個近く上げろと言われましても
  なかなか出ない。

  固有名詞オッケールールだったのですが
  ルミエール(美女と野獣に出てくる)とか
  ルパン三世とか
  これってしりとりとして成立してるの?
  っていうようなモノしか出てこなくなって。。。

  ちょっと僕の苦労をここに記載しておきますね。

  ・ルフィニ小体(人間の皮膚内にある圧受容器)
  ・ルクセンブルク(西欧の国)
  ・ルーマニア
  ・ルソー(哲学者)
  ・ルター(神学者)
  ・ルーレット
  ・ルンバ
  ・ルネサンス
  ・ルワンダ
  ・ルートマップ
  ・ルートヴィヒ3世(ドイツ最後の皇帝)
  等々。。。

  何故、こんな事になるのか(泣)

  ひとえにM花の僕に対する『る攻め』によるものです。

  意外な近所に、しりとりマスター兼いじめっ子が居ました。
  例えば
  僕:ルミエール→S来:ルック(チョコレート)→M花:クール
  僕:ルートヴィヒ3世→S来:イカ→M花:カール
  というように必ず僕の所で『る』から始まるようにするんです。
  意図的に(-_-;)

  もはやS来とM花が絶妙なコンビネーションで
  僕を『る』によって攻めてくることが分かっていたので
  運転中、ずーっと『る』から始まる言葉を探し続けていたのです。

  改めて冷静に考えれば
  そんな言葉いくらでも出てくるけど
  運転しながら常に『る』に襲われる恐怖と戦いながら
  そうそう冷静になんてなれやしませんって(T_T)

  これが、僕がシーワールドで昼寝しちゃった理由。
  
  頭使い過ぎでショートしちゃったんです。

  いやー、S来・M花ありがとう。
  しりとりに付き合ってくれて。

  あー楽しかったなあ(笑)

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

【管理者用メニュー】

PAGETOP