• ホーム
  • ドクター紹介
  • 院内感染予防と最新の医療機器
  • 診療案内
  • アクセス
  • 症例
  • 自由診療料金表
  • クリニックブログ
  • 採用情報

クリニックブログ

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

本格的に冬ですね。

掲載日: 

   こんにちは。

  昭島市の関歯科診療所 院長 関豊成です。

  今日の空はこんな感じ。

  空が低くて、冬の到来を感じます。

  昨日の秋のような空とは打って変わった雰囲気に
  少しおセンチな気分になりました。

  今年も色々あったなあ。

  あまりにも時間の流れが速すぎて
  自分の成長も実感せぬまま。

  そんな訳で(どんな訳か)
  昨日は長女の幼稚園のパパだけの忘年会に参加。

  普段忙しさにかまけてあまり幼稚園に顔出ししない僕にも
  お誘いのお言葉をいただいて
  多少緊張しつつ行って参りました。

  美味しい焼肉と、お酒と、楽しい話に終始して
  楽しく、良い忘年会でした。

  基本的に裏表がなくて
  気さくな方々の集まりなので
  僕も気兼ねなく話が出来ます。

  何度かこのブログにも書いてますが
  僕は基本的に人見知りでして
  知らない人と席を並べるのすら苦痛な事が多いのですが
  このパパ会は別です。

  楽しいです。

  来年も宜しくお願いします。

  さて。

  冬って言うと
  日本の四季の中での冬がイメージされますが
  もう一つ意味がありますよね。

  経済的な冬とか
  そういった使われ方。

  ネットで環境問題について調べていたら
  こんなページが有りました。

  http://hana.bi/2012/07/mujica-speech-nihongo/?fb_action_ids=601736219873557&fb_action_types=og.likes&fb_source=other_multiline&action_object_map=[10151050965288560]&action_type_map=[%22og.likes%22]&action_ref_map=[]

  貼り付け方がよう分からんので
  アドレスをそのまま貼り付けましたが

  彼の言っている事は綺麗ごとではなく
  問題の本質を見事に射抜いていると思います。

  僕は綺麗事・絵空事を並べ立てる政治家よりも
  こういった思いを発信する政治家の方が好きです。

  共感できます。

  でも、結局

  今の社会はズルい人間が得して
  真面目な人間が馬鹿を見る社会。

  気が付く人が
  気が回らない人のフォローをしまくって
  疲れちゃう社会。

  狡賢さだけが発達して
  本当の意味での賢さを捨ててきた社会。

  自分たちの都合のいい未来だけを想像して
  都合の悪い未来への警鐘は放っておいた社会。

  だから、誰も耳を傾けない。
  だって、自分だけ損するのが嫌だから。

  そうやって、世界は今日も最悪のまま
  明日に繋がっていくんですよね。多分。

  少しづつでも世界を変えたいなら
  一人一人が真摯に少しづつ変わる努力をしなくちゃいけないと思います。

  口だけで何かを訴えるより
  この大統領のように
  自らの給与の87パーセントを寄付に回して
  家とトラクターだけを財産として日々を生きるような
  行動に移している政治家、日本に居ますでしょうか。

  消費社会、どこまで縮小できるか分かりませんけど
  とりあえずは彼の言葉を心に留めて
  自分に何が出来るか模索して
  行動に移したいと思いました。

  世界が本当に冬の時代になってきました。

  人間の心も冬のように寒々としたものになりませんように。

  手遅れかもしれないけど
  手遅れだからと何もしないより
  手遅れでも何かが出来るかもしれないと
  行動する方が建設的だし、現実的。

  治療と一緒ですね。

  子供たちの事が本当に大切だから
  色々と考え、行動に移す事が大切ですね。

責任感が出てきました。

掲載日: 

  39度の高熱を押してR奈が点滴後に出勤してきました。

  その責任感は素晴らしい。

  フラフラになりながらも
  自分に出来る事を探しては働いていました。

  ですが、今日の午後はオペが2件入っていただけなので
  家に帰しました。

  体調を崩さないのもプロでしょうが
  人間である以上、常に万全の体調を維持し続けるのも
  至難の業。

  で、あれば体調が悪化した時には質の良い休養をとって
  最短期間で復調するのもプロでしょう。

  明日は忙しくなりそうだなあ(笑)

  この数年でだいぶ僕も図太くなってきましたかね。

  よほどの事では動じなくなってきました。

  どうにかしなくちゃいけないなら
  まあ、どうにかします。

  早く良くなれよー。
  意外とムードメーカーだしね、R奈。

発表会。

掲載日: 

   おはようございます。

  いやあ。寒いですね。

  昭島市の関歯科診療所 院長 関豊成です。

  今朝、R奈が39度の発熱。
  点滴を受けてから来るとの連絡を貰いました。

  うーむ。
  人員不足な歯科医院の辛い所ですな。

  受付1名、衛生士1名体制で今日を乗り切らねばなりません。

  R奈は様子を見てサクサク家に帰そうと思います。

  さて。

  昨日は長女ちゃんのピアノの発表会でした。

  年末は子供たちのイベント目白押しで
  クリスマス会やらお遊戯会やら発表会やら
  まあ、色々あります。

  長女ちゃんがピアノを始めたのは5ヶ月ちょっと前。

  最初は発表会なんてまだ早いんじゃないのか?
  と、親バカながらに心配しておりましたが

  親の心配なんてどこ吹く風。

  しっかりと弾いてのけました。

  『ガラスの靴』という曲を弾いたのですが

  しっかりと鍵盤をたたく強弱もつけ
  スピードも安定して
  我が娘ながらあっぱれ!

  ちょっと、うるうるしてしまいました。

  好きこそものの上手なれとはよく言ったもので
  本当に楽しんでピアノの練習をしている我が子を見ると
  始めさせて良かったなあと心底思います。

  実は僕も幼少期にピアノを習っていましたが
  僕はピアノが嫌で嫌で仕方なかったので
  周りからセンスが有るとか上手いとか言われてても
  全く嬉しくなかったですし
  むしろ言われることが苦痛でしかなっかったので。。。

  次女もピアノに興味を示しているので
  本当にやりたいと意思表示をして来たら
  やらせてあげようと思います。

  あとは、こういった習い事にありがちな問題
  「他の子はもっと上手に弾ける」
  とか
  「もっと小さい子がこんなに上手に弾けてる」
  というような比較はしたくないなと思います。

  本人の現在の実力に沿った曲を、
  実力に沿ったペースで弾かせて
  本人が楽しめていればそれでいいと思いますので。

  プロになるのであれば
  そこは比較・競争の世界になってきますから
  ある程度は必要な教育にもなるのでしょうが
  今はとにかく娘たちが毎日を楽しんで送れる様な
  手助けが出来ればいいなと。

  なんにしても、昨日はパパも
  幸せな気分にさせていただきました。

  他の子達も皆一生懸命練習してきたんだろうなー。
  と、感じさせてくれる
  良い時間でした。

  さて、僕もピアノ始めようかな。
  とまでは思いませんでしたけど(笑)

  幼い頃のトラウマって結構根深いものですね(^_^;)

  音楽は聞くのは好きです。
  ドラムやベースを弾くのも好きです。

  きっと、誰にも強要されずにやっていた時の
  仲間たちとの楽しい思い出が詰まっているからでしょうね。

  では今日も大好きな仕事にとりかかりますか。
  R奈が居ない分も頑張ります。

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

【管理者用メニュー】

PAGETOP