• ホーム
  • ドクター紹介
  • 院内感染予防と最新の医療機器
  • 診療案内
  • アクセス
  • 症例
  • 自由診療料金表
  • クリニックブログ
  • 採用情報

クリニックブログ

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

新年度、最初の月曜日です!

掲載日:2017/04/03

こんにちは。
昭島市の関歯科診療 歯科助手のR衣です。

四月が始まり三日目ですね🌸
皆さん、良い睡眠をとれていますか?

入学や入社、引っ越しや転勤など、環境に変化があると身体は知らない間にストレスを感じてしまいます。

そんなストレスで寝ている間に食いしばりや歯ぎしりなど、していませんでしょうか(>_<)

新年度一回めの勉強会で学んだことのひとつに「咬合」があります。
「咬合」とは、上の歯と下の歯を噛み合わせた時に、上下の歯が接触することです。
歯が接触する時の強さは、うまく分散されていることが理想です。

歯の機能は、噛むこと以外に、喋ること、ものを飲み込むことが含まれます。

先ほど述べた、歯ぎしりや食いしばりは、歯があってこそできることですが、これらは歯の機能には含まれません。
したがって、歯にとっては予期しない時に負荷を与えられたことになり、
咬合を変化させてしまうことにつながります。

他にも、頬っぺたを口の中に吸い込む癖(吸啜癖)や、歯や頬の粘膜を舌で押したり舐めたりする癖(弄舌癖)、何もしていない時に上下の歯をカチンと噛み合わせていること(歯が機能していない時は上下の歯は離れている状態が自然なので、TCH=Tooth Contacting Habitという無意識に歯を噛み合わせる癖に分類されます)も咬合を変化させてしまう要因に含まれてしまいます。

歯と歯のあいだに隙間があり、頻繁に食べ物が挟まって、それが気になって舌で触ってしまう方も…舌で食べ物と一緒に歯に力を加えることになってしまうため、実は良くないのです( ; ; )

心配な方は、将来の咬合のためにも、お気軽に歯科医師にご相談ください。
ご予約お待ちしております!

昭島市の関歯科診療 歯科助手のR衣でした。

桜の季節

掲載日:2017/04/02

こんにちは。昭島市の歯医者
関歯科診療所副院長の安逹です。

まだまだ肌寒い日もありますが桜もきれいに咲き始めてきましたね。

前述のブログでもあるように関歯科診療所で歯科に一生懸命な衛生士さんが四月から一緒に働き始めます。

先日、オリエンテーションを含む勉強会を行ったのですが、みなほんとうに一生懸命に取り組んでいて感銘を受けました。

自分ももっともっとがんばらなければと気合いを入れ直しました。

人に教えるということは、自分がしっかり理解してないと教えることはできません。
ひとつひとつのことを自分の中で本当に理解しているのかを自問自答しながら過ごしていきたいと考えております。

四月ですがまだまだ肌寒い日が多いです。みなさまお体ご自愛ください。

関歯科診療所 副院長 安逹隆帆

よろしくお願いします(^^)

掲載日:2017/04/02

はじめまして!
この春から昭島の歯医者関歯科診療所で
歯科衛生士として働きはじめます、N呂です。


今年学校を卒業し、地元を離れ昭島へとやってきました。


学生から社会人になり、新しい土地・環境に囲まれて、たくさんの変化に気持ちが追いついていない部分もまだある中で

昨日は関歯科診療所、入社1日目の勉強会でした。


院内勉強会では、
歯科衛生士として何を目標として私達がこれからどう成長していくべきなのか、そして人としてどう在るべきなのか、などといった働いていく上での心得について
さらにお口の健康を考える上で欠かせない咬合についてのお話をいただきました。


また、院内勉強会後の歓迎会では
みなさんのユーモアとあたたかさをたくさん感じられた楽しい時間を過ごしました!


そんな濃い1日を終えて、
日々の変化の中に感じていた不安が少し和らぎ、これから自分がどう変わっていけるか、プラスの気持ちが強くなってきたように感じます。



みなさんに寄り添って、一緒にお口の健康を守っていけるような歯科衛生士を目指して、
そしてこのお仕事をいつか誇りに思えるように、
これから一生懸命努力していきたいと思います。

よろしくお願いいたします(^^)



昭島市 関歯科診療所の歯科衛生士 N呂でした。

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

【管理者用メニュー】

PAGETOP