昭島の歯科・歯医者【関歯科診療所】歯周病・予防の総合歯科治療 インプラント、矯正歯科、審美歯科、ホワイトニング

ブログブログ

前ページTOPページ次ページ
もうすぐバレンタイン

掲載日:2018/02/11

こんにちは
昭島市の歯医者さん
関歯科診療所の受付 加藤です

暦の上では立春を過ぎ
日中の冷え込みも少しづつ和らいできましたが
皆さんいかがお過ごしですか?

あっという間に2月に入り、
もうすぐバレンタインですね☺︎

甘いものに目がない私にとっては
待ちに待った一大イベント!
甘いものに限らず
食べる事が大好きです。笑

そこで忘れてはいけないのが
ご飯や甘いものを食べた後の歯磨き!

当院に来院されている患者さんは
院長や安達先生、
歯科衛生士さん達から
「磨いている」と「磨けている」は
別問題なんですよというお話を
聞いたことがあると思います

どれだけ時間を掛けて磨いていても
歯の汚れがしっかり落ちきっていないと
そこから虫歯になってしまったり
歯周病に繋がってしまうので
鏡を見ながら1本ずつ丁寧に
ブラッシングすることを意識して
歯磨きしてみてください

特に注意が必要なのが
ブラシの届きにくい
歯と歯の間と奥歯の部分です

普段の歯ブラシと合わせて
フロスや歯間ブラシなどを
併用して頂くとより効果的に
口腔内清掃して頂けると思います

マウスウォッシュで
ブクブクするだけでも違いますし、
お口の中の汚れが一目で分かる
染め出し液の使用もおススメです

フロスは慣れるのにコツが必要なのと、
歯間ブラシは使用するサイズに
個人差がありますので
正しく使用しないと
返って歯の表面や歯茎を
傷つけてしまうなんていうことも。

当院ではブラッシング指導の一環として
フロスや歯間ブラシの指導も
行っていますので

買ったはいいがなんだか扱い辛くて...とお悩みの方、
実は前から使ってみたいと思っていた..と興味をお持ちの方、

ぜひ、当院の衛生士へ
ご相談ください!

フロスや歯間ブラシ、
染め出し液の物販もございますので
来院当日の会計時に合わせて
ご購入して頂くことも可能です

徹底した歯磨きは虫歯予防において
とても重要なことです

美味しく食べたらしっかり歯磨き!
をスローガンに
日々のブラッシングを
一緒に頑張っていきましょう

それでは
昭島市の歯医者さん 受付の加藤でした

《おまけ》
今回のブログでお話した
当院で購入可能な
①フロス¥972、
②歯間ブラシ¥237、
③染め出し液¥314です

ブラッシングの参考にしてみてください☺︎

始動。

掲載日:2018/02/09


 こんにちは。

 昭島市の歯医者さん 関歯科診療所 院長の関豊成です。

 今年も既に12分の1が過ぎてしまいました。
 毎日が台風の様に過ぎ去っていきます。

 昨年10月あたりから忙しさが更に加速度的に増して
 本年1月まで疾風のごとく走ってきましたが
 ようやく2月に入って落ち着いてきた。。。

 と、思いきや
 2月も二つの学会の実行委員会と理事会がございまして
 計4日間の休みが返上とあいなります(笑)

 そんでもって昨日は日本顎咬合学会の 
 関東甲信越支部学術大会実行委員会が東京は八重洲にて行われました。

 昨年の支部大会も盛況のうちに終えることが出来ホッとするのも束の間
 もう今年の支部大会の企画を話し合っています。

 運営する我々としては
 やはり学会に参加してくれる歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士の皆さんに
 より素晴らしい知識を持って帰ってもらい
 臨床で患者さんの為になる治療に還元して頂けるようにと本気で思っています。

 ですからかなり必死で話し合います。
 なあなあで表面上の話をして、ハイしゃんしゃん。ではありません。

 今年も非常に面白い内容に出来そうな予感です。

 会議の後は懇親会でまた真剣に闊達な意見交換が出来ました。
 やっぱり会議も大事ですけど
 お酒の席で出てくる話は結構真理が詰まっている事が多くて
 ノミニケーションなんて死語に近いのかもしれないですけど
 実際大事なんだよなあ。と思った次第です。

 なんだかんだで今年も人間力と臨床力を兼ね備えた大好きな先生たちと
 共に一つの目標に向かって頑張っていけるこの環境に感謝です。

 そして、企画に携わり
 多くの講師の先生方の生な話を聞けることで
 また今年も密かに自分が成長できることにも感謝(笑)

 頑張ります!

 本日はここまで。
 ではまた、関歯科診療所 院長の関豊成でした。

「咬合」を診る!!

掲載日:2018/02/02

こんにちは!
昭島市の歯医者さん 関歯科診療所の歯科衛生士の山辺です。

気付けば年が明けて1ヶ月が経ってしまいましたね。大人になってからは月日が経つのが本当に早く感じます。もう大人になってからだいぶ経ちますが…。
子供がいると尚更かもしれません。

昨夜からの雪で足元がたいへん滑りやすくなっています。
来院の際は足元にお気を付けください。

少し前のことになりますが、JCPGという当診療所が所属してる勉強会のレベルアップセミナーで院長である関先生が歯科衛生士の為に「咬合についてすっきりしよう!」という演題で講演をしてくださいました。

院長は臨床において患者さんの「咬合」をとても細かくみています。たとえ患者さんの訴えが「奥歯が痛い」ということでも問題がそこだけにとどまっているとは限りません。また、その症状が咬み合わせのバランスから起きていることも多々あるのです。お口の中は「歯」だけを診るのではない「一口腔単位」で診る必要があるのです。
ですから、細かい「咬み合わせ」を診ることはその「歯」を治すことにつながります。

しかし、安達先生もおっしゃっていましたが、「咬み合わせ」は本当に奥が深くとっても難しいことなんです。ですが、私達歯科衛生士にも必要な知識であることには間違いありません。

歯周基本治療中、虫歯の治療中、義歯の治療中、検診中などなど‥至る所で患者さんの「咬み合わせ」を細かくみて確認する必要があります。
まだまだ、初心者ではありますが患者さんの「咬み合わせ」を診ることで患者さんの変化や治療に必要な情報を把握し分かるようにならなけばいけないと思います。

歯科衛生士としてまだまだ成長中!!
若い歯科衛生士たちに負けないように色々吸収し、臨床を学びの場として日々努力しなければ!と毎日奮闘しております。

「咬み合わせ」でお悩みの方!ぜひ当診療所へ起こしください。
今まで解決できなかったお口の中の悩みが解決できるかもしれません!!

それでは昭島市の歯医者さん
関歯科診療所 歯科衛生士の山辺でした

前ページTOPページ次ページ

【管理者用メニュー】

pagetop
042-544-7220