• ホーム
  • ドクター紹介
  • 院内感染予防と最新の医療機器
  • 診療案内
  • アクセス
  • 症例
  • 自由診療料金表
  • クリニックブログ
  • 採用情報

クリニックブログ

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

一昨日。

掲載日:

  こんにちは。

  昭島市の関歯科診療所 院長 関豊成です。

  先日、友人の一人にこのブログを褒められました。

  同じような目線の持ち主には
  共感してもらえる所も多々あるようで
  まあ、なんにしても
  褒められるのは嬉しいです。

  さて、一昨日は所属勉強会のJrの会の第一回目でした。

  その模様を少し。

  一昨日、所属勉強会の若手7人が集まって
  第一回Jrの会が発足しました。

  本来はあと3人ほど参加予定だったのですが
  食中毒やらなんやらで、とりあえず7名。

  各々がモチベーション高く
  各分野で精力的に勉強を重ねている先生の集まりで

  その上、みんな気のイイ人間の集まりなので
  すごく楽しく
  でも、全然だらけた雰囲気無しで
  勉強会を行う事が出来ました。

  もともと、自分たちが超駆け出しの頃から
  小林友貴先生と
  『若手だけで意見交換や相互に自分の得意分野を話せる場』
  を作りたいね。

  なんて話もしていましたので
  その喜びもかなりのもの。

  午前は諸隈先生の発表
  午後は八代先生と大藤先生の予演会。

  内容はちょっとここでは書けないのですが
  それぞれ濃密な時間になりました。

  意見も活発に出て
  各々の特徴や得意分野が出てきて
  その人となりも更に把握できましたし
  これからの活動に楽しみが増えました。

  毎月開催することが決まったので
  これから毎月必ず日曜日が一日は潰れますが
  でも、最高の一日になるはずだと思うと
  いまから楽しみです。

  因みに。

  お昼ご飯はクア・アイナで豪勢にハンバーグを食べました。
  八代先生と栃内先生は初食だったそうで
  まずはその値段に驚き
  その次にその美味しさに唸っていました(笑)

  可愛いですねー。

  勉強会終了後は外に出たら雨が土砂降りだったため
  会場近くの銀座ライオン(銀座のではなく)へ。

  そこで、品川で当日講演会をされていた亀田先生も合流してくださり
  歯科の現在おかれている状況や
  日常臨床の事
  さまざまな話をすることが出来ました。

  帰宅は午前0時過ぎ。

  でも、精神的なリフレッシュが出来て
  月曜日からまた仕事頑張れてます。

  来月が楽しみだなあ。

  では、また。

明日。

掲載日:

  こんばんは。

  今夜は少し夜更かしします。

  と、言うか。
  しないとダメなんです。

  明日までに目を通しておきたい症例2症例。
  その他義歯がらみのエビデンスまとめ1つ。
  補綴がらみの本、一冊。

  こりゃ徹夜もあるな。。。

  明日は朝から所属勉強会の若手だけで集まって
  Jrの会というものを立ち上げます。

  若手だけと言うのがまたミソで
  お互いに外ヅラを気にせずに忌憚のない意見交換をして
  更に高め合えるという効果を期待しています。

  こういうの、ウキウキしますね。

  さて。
  次女ちゃんの誕生日のお祝いもしたし
  パパとしての責務は果たした!

  仕事モードに入りまーす!!

  では。

客観的。

掲載日:

  こんにちは。

 昭島市の関歯科診療所 院長 関豊成です。

 お腹が減っています。

 なんか美味しいモノ食べたいなあ。

 その際は一緒に食べる相手も大事。

 話のつまらない人と食べるより
 話題の種類もその細部も豊かな人や

 自分の仕事とはちょっと違う分野の人

 または、自分の仕事とリンクしていて
 お互いに刺激を受けあえる人

 そういう人と食べる食事は格別美味しく感じますよね。

 とりあえず、少し先にはなりますが
 友人の歯科医院のバーベキューパーティーに誘われましたので
 そこで美味しいお肉を食べる事を楽しみに
 日々、鋭意努力を続けます。

 しかし。。。腹減った。。。

  さて。

  最近、僕が何を考えているかと言いますと。

  まあ、いつも通り色んな事です(笑)

  その中でも前にもこのブログで書きましたが

  「人に褒められたくてするのではなく
  その人の為になれたことを喜べるように」

  そうならないと
  この医療と言う業種は難しいという事をよく考えます。

  その為には自分の中でのブレない信念とか
  自分で自分のやっている事への評価を下せる客観的視線とか
  言葉では簡単に書けても
  本当の意味でそれらを理解し獲得しないと
  真の意味で医療人にはなりきれない気がしてます。

  。。。とても難しいですけどね。

  でも、かつて自分が読んだ記事に

  『自分で医療の世界に足を踏み入れたのであれば
  それがどのような理由であれ自ら望もうが望まなかろうが、この世界にいる限り
  誰彼に文句を言うでもなく、自分の境遇に不満を持つのでもなく
  一般の人が休む時間だろうが遊んでいようが不断の努力をすべきである。
  それが医療と言う世界だから。』

  という様な内容のものがありました。

  同じ勉強会の若手皆で読んで
  その場にいた全員がその記事から勇気を貰い
  モチベーションが再度上がるのを感じたものでした。

  自分が、自分たちが本当にそうなれているか
  やはり客観的に自分を見つめる事は
  常に必要だなと感じています。

  でも、自分の行っている事や方向性(学術的な意味で)や
  自分たちの診療所の向かっている先が
  本当に正しいのかどうか

  これは、考えれば考える程分からなくなっていきます。
  そんな事を考えもしなければ不安にもならないし
  自分たちは気楽でいいんですけどね。

  でも、患者さんが居る以上
  自分たちの楽さを追求して
  間違った方向へ進んでようがお構いなしではいけないんです。

  で、考える。

  でもですね。
  普段、一つの診療所で
  閉鎖された空間で自分たちだけで判断し考えて診療をしているから
  結局は井の中の蛙になったり
  お山の大将的な考えになったりしてしまう訳です。

  それは歯科医師であろうが衛生士であろうが
  助手であろうが受付であろうが
  です。

  だから、セミナーに行ったり
  学会に参加したり
  経験豊富で良い治療結果を残している先生の本を読んだりして
  自分たちの考えに客観性を持たせるんです。

  そういう意味でもこの仕事は一生勉強だなと思います。

  そんな事を考えて
  来年の秋からまた大阪でのコースセミナーに参加する事にしました。

  お金も時間も物凄くかかりますけど
  自分に力が欲しいなら
  これはもう努力するしかないです。

  逆に、努力さえ厭わなければ
  自分は伸びて行けるんです。

  そうして、本当に僕の治療を必要として下さっている患者さんの
  力に少しでもなれたら
  その患者さんが笑顔になる時間が増えてくれたら
  自分は幸せだなあって思えるんです。

  良い診療所にしたくて
  でも理想と現実のはざまでそのギャップに苦しんでます。
  僕も、うちの子達も。

  でも、絶対にブレちゃいけない所は
  ブレずに日々を過ごしていきます。

  しかし。。。お腹減ったなあ。。。

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

【管理者用メニュー】

PAGETOP