• ホーム
  • ドクター紹介
  • 院内感染予防と最新の医療機器
  • 診療案内
  • アクセス
  • 症例
  • 自由診療料金表
  • クリニックブログ
  • 採用情報

クリニックブログ

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

親父巡り。

掲載日: 

     こんにちは。

  昭島市の関歯科診療所 院長 関豊成です。

  なんだか最近寝つきが恐ろしく悪くて
  というか寝れなくて。

  夜中にツタヤで借りた映画や海外ドラマを見まくっています。

  最近のお気に入りは
  『キャッスル』と
  『ホワイトカラー』です。

  どちらも主役は警察に協力するコンサルタント的な人。
  うーん、勧善懲悪な話は水戸黄門や鬼平犯科帳から変わらず
  大好物です。

  そこ、変わらないですねー。

  しかし。
  ベケット可愛い!!

  。。。あ

  すいません。
  個人的嗜好さらけ出しすぎました。

  では、本題。

  さて。

  親父の七七日も滞りなく済み
  徐々にですが
  自分たちの生活のリズムも取り戻しつつある今日この頃。

  とは言え
  どうしても気分は上り調子にはならず。

  そこで、ちょっと目先を変えてみました。

  思い出に浸り悲しむのではなく
  更に思い出の上書きして行こう。

  と、いうことで。

  親父の大好きだったお店に行き
  大好きだった料理を食って
  そのお店に新たな思い出を作ってくる。

  多分、思い出す事が多すぎて
  最初は辛いかもしれないけど
  少しづつ上書きをしていって
  辛さが和らげばいいかな。と。

  で、『親父巡り』です。

  ただ、そこらへんのオジサンたちに
  会いに巡ってくるわけではありませんよ。

  そんな妙な趣味はあまりありません。

  もとい。

  何件か行きたいお店はあるのですが
  まずは2件。

  どちらも親父がこよなく愛したお店で
  とても好きな大将が居るお店でした。

  それぞれのお店で
  僕の知らない親父の話を聞かせてもらい
  思い出話をし
  美味しい料理をいただいて帰ってきました。

  なるべく明るく楽しく過ごすように努めました。

  それでも、涙が出てきそうになることもあったりして。
  だけどその涙は悲しさに打ちのめされるような
  そういう救いの無い涙ではなくて
  どちらかと言えば
  心がちょっと休まる涙だったと自分では思います。

  いや、結果的に泣いてないですよ?

  親父の為に泣いてくれる人が居て
  僕らの為に泣いてくれる人が居て
  励ましてくれる人がここにも居て
  ありがたいなあ。。。

  みたいな感じの心が温まる時間でした。

  また行きたいなあ。
  いや、味も格別ですしね。

  うん、また行こう。

  今日はそれだけの話です。

  あ、写真ですか?
  撮影してませんよ。

  撮影して親父に見せたら
  絶対、親父は嫉妬しますから(笑)
  「俺にも食わせてくれ!」

  では、また。

学生よ、大志を抱け。(偉そうでスイマセン)

掲載日: 

   こんにちは。

  昭島市の関歯科診療所 院長 関豊成です。

  このブログ
  元々は『副院長ブログ』でした。
  僕自身の肩書も『関歯科診療所 副院長』でした。

  父が亡くなって
  自分が跡を継いで肩書も『関歯科診療所 院長』になり
  ブログも『院長ブログ』になり。

  うーん。
  なんか、複雑なんですよね。

  僕にとっての関歯科診療所の院長って
  親父なわけで。

  「院長!」って呼ばれても
  イマイチピンとこない。

  そのうち、しっくりくる日が来るんですかね。
  別に、僕は「豊成先生」のまんまでも
  いいかなあ、呼び名くらいは。

  最近、そんなこと考えたりしてます。

  ほんでもって、今日の本題へ。

   さて。

  昨日11月20日をもって
  今年度の歯科衛生士実習生の臨床実習が修了致しました。

  毎月、入れ替わり立ち代わり
  2名づつの実習生が見学・実習をしに
  当院に来ていました。

  彼女たちはこれから
  卒業試験と
  それに合格したら
  国家試験を乗り越えなくてはなりませんが

  それを乗り越えたら晴れて
  国家資格をもった歯科衛生士となります。

  毎月、実習に来る子達に
  手を抜こうとすればどこまでも抜けるが
  そうなってしまわずに
  こだわって真摯に仕事をすればどこまでも深く追求できる
  歯科衛生士と言う仕事がいかに楽しく素晴らしい仕事なのかと伝えるように
  僕自身腐心してきました。

  果たして、どこまで伝わったか。。。

  伝えることはとても難しく
  とてももどかしい思いがありました。

  そんな中でも
  衛生士になったらこんな診療所で働きたい!
  と言ってくれる子が幾人か
  出てきてくれたのは僕ら診療所の人間にとっては
  とても嬉しい事でした。

  出来れば、全ての学生さんたちに
  どんな小さなことでも見て見ぬふりをしない
  責任感を持った歯科衛生士さんになってもらいたいなあ。
  と、思っています。

  彼女たちに色んなことを教えたり指導したりする中で
  自分自身も勉強になることが沢山ありました。
  感謝ですね。

  彼女たちにとっては
  歯科衛生士になるのがゴールではなく

  歯科衛生士になってからが
  本当のスタートです。

  患者さんに愛され、自分自身も毎日の業務に張りを感じられる
  素晴らしい歯科衛生士さんになるのも

  毎日が同じ事の繰り返しでつまらないと感じながら
  お金を稼ぐためのツールとして衛生士業務を行うのも

  スタートは自分自身の想いと情熱からです。

  自分たちの将来に希望を持って
  歯科衛生士になってもらえたら
  受け入れをしている僕たちも
  とっても嬉しいです。

  ってことで。

  学生さんたちが
  このブログを読んでいるかどうかは定かではありませんが(笑)

  一年間お疲れ様でした。
  卒試と国試、きばってきんさいー!!

  では、また。

  豊成でした。

ぎくりの3。

掲載日: 

  こんにちは。

  関歯科診療所(昭島市の) 院長 関豊成です。
  
  ぎっくり腰、徐々に快方に向かってます。
  まさか、こんなに長引くものだとは
  微塵も思っていませんでした。

  皆様、お気を付けあそばされよ。
  なーんて言ってみたりして。

  いや、でも本当にしんどいので
  皆様気を付けて下さいね!

  筋力不足も原因らしいので
  ジムでも通ってみようかなあ。。。

  では、また。

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

【管理者用メニュー】

PAGETOP