• ホーム
  • ドクター紹介
  • 院内感染予防と最新の医療機器
  • 診療案内
  • アクセス
  • 症例
  • 自由診療料金表
  • クリニックブログ
  • 採用情報

クリニックブログ

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

実習をしましょう。~咬み合わせは大切~

掲載日: 

     こんにちは。

  関歯科診療所 副院長 豊成です。

  先日、日大歯学部出身の先生3人と
  吉祥寺でお酒を飲んできました。

  同世代の同業者と話す時間は
  とても楽しく有意義で
  時間はあっという間に過ぎ去ってしまいました。

  酔い覚ましに井の頭公園で
  コーヒーを飲んで
  千鳥足で気持ち良く帰ってきました。

  酔い覚めてないじゃん。

  まあ、そんな感じの
  良い日をすごしてきました。

  モチベーションを頂きつつ
  また、毎日を頑張ります。

  ほんじゃ、今日の本題です。

  さて。

  関歯科診療所では
  院内ミーティングや
  院内勉強会
  院内実習など
  色々と試みている最中です。

  皆の知識とベクトルの一本化を図るために
  皆で本を読んだり

  色んな疑問質問にディスカッションしたり
  僕が講義のようなものをしたり。

  で、今回は実習シリーズ。
  題して『マウスピースを作ってみよう』
  です。

  マウスピースというと
  ボクサーなどの格闘技選手がつけるような
  イカツイものを想像されるかもしれませんが
  もっと薄く軽いものです。

  使用する理由は様々ですが
  主に睡眠中の歯ぎしりやくいしばりによる
  歯や歯周組織に対しての為害作用の軽減や
  顎関節を休める為に作製します。

  マウスピースとか、プロテクションスプリントとか
  ナイトガード、はたまたただスプリントとか
  色々と呼び名が統一していないのですが。

  プロテクションスプリントという名前が
  もっとも『名は体を表す』状態かな
  と、思っています。

  ここでは、分かり易く
  マウスピースで統一しておきますね。

  さて、このマウスピース。
  当院では治療が終了された患者さんの殆どに
  作製させて頂いています。

  それは、咬み合わせの力の怖さを
  よく分かっているからです。

  歯科の治療は大きくいくつかにカテゴライズされると思います。

  虫歯の治療
  歯の根の中の治療
  歯周病の治療
  入れ歯の作製及び調整
  抜歯や移植などの外科治療
  インプラント治療
  矯正治療
  etc...

  これら全ての治療に関連するのが
  『咬合』つまり、かみあわせです。
  
  人間の歯は前歯と奥歯に分けられますが
  前歯と奥歯では
  その機能が大きく違い
  性質も異なります。

  それぞれが本来の機能を維持できるように
  咬み合わせを作れていれば
  それはお口の中の良い状態を
  長く維持する事へ繋がります。

  逆に、それぞれの歯に
  本来のものとは異なる機能を与えるとどうなるのか。
  これは、『パラファンクシション』となり
  お口の中の力のバランスが崩れ
  将来的な崩壊の一歩目を踏み出す事にも
  なるのです。

  痛いところを治す。
  悪いところを治す。
  気になるところだけ処置する。
  それだけが歯科医療だとは
  僕は全く思いません。

  医療的学術的知識と
  先人達の経験や自分自身の経験をもとに
  患者さんのお口の中の将来、ひいては
  患者さんご自身の将来を見つめて治療を総合的に進めるのが
  歯科医療だと思っているのです。

  ですから、咬み合わせの力に関しても
  何かしらのアプローチを必ずします。

  と、いう事で。

  1・僕の考えをよりスタッフに理解してもらうこと。

  2・患者さんや歯科衛生士学校の実習生から
   いつ何時質問をされても
   誰が答えても同じような答えが出来る様にすること。

  3・患者さんが受ける処置内容を
   自分たちが体感することによって
   患者さんの立場に立った動き・言動を
   出来る様になる事。

  4・マウスピースに付与すべき咬合の様式を
   ちゃんと理解できるようになる事。
   また、そこから派生した
   それぞれの歯の機能を理解する事。

  5・マウスピース作製時の術者の動きを
   自分たちが実際に行う事で
   よりスムーズ且つ的確にアシスタントを出来る様になり
   患者さんが椅子に座っている時間の短縮に努める事。

  等々の目的の為に
  実習をしたわけです。

  彼女たちなりに何度も昼休みを潰して
  一生懸命やっていたのではないでしょうか。

  彼女たちはこんな風にして
  皆さんの見えない所でも
  努力をしています。

  そこを汲み取っていただき
  少しでも彼女たちの話に耳を今までよりも
  傾けていただければ
  患者さん皆さん方にとって
  絶対に有益なことがあるはずです。

  あと少しで彼女達一人一人のマウスピースが完成します。

  その時にどれだけ彼女たちが成長しているか。
  楽しみですねー(笑)

  さて、今週も皆頑張ろうね。

  では、豊成でした。

嗚呼、虚弱。

掲載日: 

  うちの娘ちゃんたちが
  二人揃ってダウンです。

  熱、39.0℃近いです。

  さすが、俺の子たちだ。

  虚弱っぷりも天晴。

  子供って
  比較的似なくていいところばかり
  親に似ますよね。

  口うるさいとことか、
  誰かさんそっくりだしー。

  早く良くなってくれるといいな。

焼き物届きました。その2

掲載日: 

     こっちの写真、
  奥の2つは僕が作った小皿です。
  おかずを取り分けるのにいいかな。

  手前の2つは僕と長女の合作です。
  醤油さしなどに使えそう。

  うーむ。
  わが娘ながら
  才能に溢れとる...(オヤバカ)。

  でも、3歳10ヶ月でこの出来。
  凄くないですか?
  陰で親父(僕)が少し手を加えてますが(笑)

  また行きたいなあ。

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

【管理者用メニュー】

PAGETOP