昭島の歯科・歯医者【関歯科診療所】歯周病・予防の総合歯科治療 インプラント、矯正歯科、審美歯科、ホワイトニング

ブログブログ

前ページTOPページ次ページ
リフォーム前。その1

掲載日: 

     うぅ。

  今日の自転車通勤は
  我ながら無謀でした。

  つ...
  疲れた(泣)。

  写真は関歯科診療所の消毒コーナー。

  ここも、完全に変わります。

  背中を写されている子は
  ウチのホープM花。
  まだちょっと自分を出し切ってないかな。
  隠してるのか?爪を。

  知識は抜群にあります。
  後はそれを臨床に活かすのみ。

  注、この子はリフォームされません。

受け継ぐという事。

掲載日: 

     こんにちは。

  今日は診療終了後にリフォーム開始。
  片づけとか打ち合わせ等、
  色々予定が詰まっています。

  なので、夜の風を浴びながら
  自転車に乗ってリフレッシュしながら
  帰宅しようと思い
  自転車通勤。

  朝は地獄のようでした。

  きょえー。
  熱中症で倒れるかと思いました。

  でも、シャワーを浴びてスッキリ爽快。
  いいコンディションで診療に臨めました。

  健全な肉体に健全な精神が宿る。
  体を動かすっていいですね。

  豊成です。

  さて。

  写真は当医院の診療室です。

  この内装も、もうお別れ。
  現在のままでも決してボロかったり
  汚かったりするわけではありません。

  ですが、今回リフォームをする事にしたのは
  先だってからお話している通り。
  理由があるから。

  新しく生まれ変わる関歯科診療所で
  患者さんと、僕ら医院の人間と
  より強い信頼関係を結びながら
  よりよい予防と歯科医療を
  行っていきたいと思っています。

  昭島で関歯科というと
  関歯科医院、関歯科クリニック、関歯科診療所
  3軒ありました。

  関歯科医院は僕の祖父が開院したところ。
  現在は廃業してますが。

  関歯科クリニックは僕の叔父が開院したところ。
  今も、ばりばり治療してらっしゃいます。

  そして関歯科診療所。
  僕の父が祖父から独立して開業を松原町にしました。
  それがもう、25年前。

  あの時の父の嬉しそうな顔は
  今でも鮮明に覚えています。

  それから25年。
  何年後かには僕が、祖父から父に連綿と受け継がれてきた
  『関歯科』の名前と信頼を
  受け継ぐことになります。

  若干のプレッシャーは感じつつも
  気持ちは武者震いしています。

  この診療室を
  患者さんにとって、働いているスタッフにとって、
  もっともっと良い環境にしたいと
  本当に考えています。

  だから、その第一歩目のリフォームです。

  ここから、僕の歯科医師人生の第三章スタート。
  といったところでしょうか。

  何章まであるのか
  自分でも今は思い描けないけれど
  常に患者さんに正面から向き合える歯科医師でありたいと思います。

  スタッフに対しても厳しくても
  優しい人間でありたいと思います。

  リフォーム現場にはちょくちょく顔を出します。
  そして、写真も撮ります。

  このブログでも少しづつお見せ出来ればいいな。

  さあ、まずは力仕事から始めますか!

  ぎっくり腰にならない様に気をつけます。
  年も年なんで、そろそろ油断してると危ない(苦笑)

  では。豊成でした。

ウォールストリート。

掲載日: 

     こんにちは。

  今日は休日診療日。
  こんな日に限って晴天なりー。

  まあ、週6日も自分トコのスタッフに会えるなんて
  幸せなのかもしれません。

  彼女たちは煙たがるかもしれませんが(涙)

  今日もとりあえず、頑張ってます。
  豊成です。

  さて。

  昨晩は早く寝るつもりだったのですが
  これが何故か目が冴え渡ってしまって
  仕方が無いので本を読みました。

  1冊目、『俺たちバブル入行組』
  金融関係の小説ですね。

  『ハゲタカ』を読んでからと言うモノ
  自分の経済に対しての知識の無さに
  恥を感じ、こういった小説をみつけると
  よく読んでしまいます。

  2冊目、歯科の本です。
  まあ主に審美領域についての本ですね。

  で、読み終わって時計を見ると
  午前2時なわけです。

  まずいなー、
  このままいくと明日の休日診療に響きかねんなー。

  なんて思ってお布団にもぐりこむものの
  全く寝つけず。

  さあどうしよう。

  あ。ツタヤで借りたDVDを見よう!
  そして見たのが『ウォールストリート』です。

  これ、面白くて興味深くて
  余計に眠れなくなりました。

  サブプライムローンの破綻や
  ドバイショックの後あたりに作られたんですかね。

  すごく勉強になりました。

  何かを勉強するまたは学ぶ時
  僕には3種類の方法があります。

  一つ目は、予備知識もそこそこに
  とりあえず行動してみる。やってみる。
  そこから得た疑問や経験から更に
  スキルを磨くための術を探す。
  
  これはどちらかというと遊びの時ですね。
  ビリヤードもダーツもトランプだって
  そんな感じでやってました。
  だから、結構下手っピーのまんまです。

  二つ目は専門書を読み、多くの先人たちの経験を
  自分の経験に反映させて更に踏み込んでいく。
  これは、言うまでも無く仕事ですね。
  仕事の時に『予備知識もそこそこ』の状態で
  患者さんに施術するなんて怖すぎる。
  やられる患者さんはもっと怖いですよね。

  最後が自分の興味のある分野の
  フィクションを読み漁る、映画を見まくる。です。

  もちろんそれはフィクションなので
  全てが本当の事だとは毛頭思っておりません。
  が、専門書と違って物語には必ず人間が出て来ます。

  この、人対人や人対事象などの人間に密接に
  関わった話で有るという事が僕の中では重要なのです。

  何故なら、現実世界において全ての事は人間が関係しているから。

  人間が存在する状態で物事を色々書いてある専門書って
  なかなか無いですよね。

  なので、フィクションの中から色々な要素を少しづつ抽出して
  自分の中の知恵と知識に変えていくのですね。

  だから、今日も経済関係の本を探してます。

  夏休み、本を読む時間が沢山採れたらいいなあ。

  豊成でした。

前ページTOPページ次ページ

【管理者用メニュー】

pagetop
042-544-7220