• ホーム
  • ドクター紹介
  • 院内感染予防と最新の医療機器
  • 診療案内
  • アクセス
  • 症例
  • 自由診療料金表
  • クリニックブログ
  • 採用情報

クリニックブログ

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

本当のメインはこっち?

掲載日: 

     こんにちは。

  診療室のリフォーム計画は着々と
  進行中。

  現在、スタッフルームの床材・壁紙と
  患者さん用お手洗い、及び
  パウダーコーナーの各所細部を
  決定中です。

  あ、あと待合室の椅子とかソファーとか。

  スタッフルームの床材と壁紙は
  スタッフ自身に決断を委ねました。
  普段自分たちが過ごす部屋ですからね。
  少しでも快適に過ごさせてあげたいです。

  本当は自分で色々と考えて
  遊びたかったんですけども。

  まあ、いいです。

  その分、お手洗いには自分のセンスというか
  好みをガッチリ注入しました。

  自分の家ではないので妥協もかなり必要ですけど
  それでもアレコレ考えるのは
  楽しいです。

  リフォームが済んだら
  ホームページにも写真をアップします。
  ガラッと雰囲気は変わるはずなので
  どうぞお楽しみに。

  今日も加賀屋さんでのお話です。
  豊成です。

  さて。

  人生初の全身マッサージを受け
  全身トロトロになったワタクシですが。

  そのまま自室に帰る程
  良い子ちゃんな訳がありますまい。

  ふふふふふ。
  ふが5つ。

  加賀屋到着後、館内散策した際に
  見つけてしまったのです。

  『いしるらーめん』

  の文字を...!!

  『いしる』 って皆さんご存知ですかね?
  多分、知っていらっしゃる方が殆どだとは思いますが
  軽くご紹介。

  魚醤です。
  烏賊とかイワシとか使うみたい。
  能登地方特有のものらしいんですが
  僕は過去にどこかの居酒屋で知りました。

  いしる漬烏賊の炙りというモノを食べたのがきっかけ。

  すごーく美味しくて
  でも、いしるが何か分からない。
  分からなければ聞くでしょ。

  そこで知ったのですね。

  それから、僕の脳には
  『いしる=美味しい雰囲気』
  という式がインプットされたのでした。

  で、その『いしるらーめん』の文字に
  過剰反応しちゃったんですねー。

  夜中だし、
  旅の空の下だし、
  小腹空いたし、
  加賀屋だし、
  いしるだし、
  食べちゃおうかなー。

  でも、夜中だし健康に良くないよなぁ。

  でもでも、今日しか宿泊しないから
  明日には食べられないしなぁ。
  (館内にあるそのお店は午後5時開店で
  翌日の僕らの予定は午前9時出発。)

  でもでもでも、皆に黙って食べるのもなぁ。
  気がひけ...る。かなぁ。

  でもでもでもでも、もう皆寝てるかもしれないしなぁ。

  なんて考えつつも
  足はちゃーんとお店に向かう。

  で、『いらっしゃいませー!』

  ...結局入っちゃった(爆喜)
  へっへっへっへ。
  へが4つ。

  んでもって、いただきました。
  『いしるらーめん』

  極細のちぢれ麺がちょっと新鮮でした。
  細いたまご麺は好きだけど
  豚骨らーめんとかで出てくるような
  極細の麺はあまり好みではないので。

  お出汁にはしっかりいしるの風味が活きていました。
  総じて、美味しかったのではないでしょうか。

  むふー。
  余は満足じゃ。
  くるしゅーないぞ。
  もそっと近うによりゃれ。
  なんつて。

  さあ。
  お腹も充たされたし
  お部屋に帰って眠りますか!

  で、てくてく歩く。

  人気のない館内を一人てくてく。
  良い感じだなあ。
  写真を撮っておこう。

  で、撮った写真が前回の写真。
  今回のは、もちろん。いしるらーめん。

  また、歩く。
  そして、手相占いのオジサンに気付く。

  僕の事をよく知ってらっしゃる方は既にご承知おきかと。
  占いとか、一切信じないんですよね。僕は。

  基本的に人生は自分の行い次第、
  あとは運とか環境もあるかもしれないけど。

  占ってる暇や
  占いの結果に右往左往している暇があるなら
  サッサと自分を磨く努力をしていた方が
  何百倍も有意義。

  そういう考え方なので。

  でも、ちょっとお酒が入っていた事。
  自分以外に周りに一切人が居なかった事。(これが大きい)
  そして、色々と頭を悩ますファクターが
  ここのところ数多く存在していた事。

  ...なーんか血迷って
  占ってもらっちゃったんですよねー。

  結果?
  それは秘密です。

  あまりに結果が良すぎて
  嫉妬されちゃうかもしれないから(笑)

  ま、占いは娯楽としては
  誰の害にもならないし良いかもしれませんね。

  さあ、旅行もそろそろ佳境へ突入。
  続きはまた次回。

  では。
  世界の王になるかもしれないと言われた(爆笑)
  豊成でした。

今度こそメインイベント。

掲載日: 

     こんばんは。

  未来の世界の猫型ロボットです。
  嘘です。

  現代の世界の人型未確認歩行物体
  しかしてその正体は副院長 豊成です。

  若干壊れ気味。
  変な夢ばかり見るし。

  話は変わって
  女子日本代表、決勝進出ですね。

  凄い!

  こうなったらランキング1位も4位も
  関係ない!

  歴史に名を刻めー、オマエラ!はいっ。
  (スラムダンクを読んでないと解りませんよ。このフレーズは。)
  我らがノリチャンの応援でした。

  本当に頑張って欲しい。
  悔いを残さない為にも
  勝たせてあげたいなあ。

  応援してます。

  豊成です。

  さて。今日はいつもより長いですよ。

  娘ちゃんも復活して
  僕も少しだけ客室係さんとお話。

  最初の印象は
  『ツッコミどころがないなぁ。』

  洗練されたルーティーンワークの中にも
  ちゃんと客の一人一人を観察している様が
  なんとなく見て取れました。

  これって、意外に大切だけど
  難しいと思います。

  すぐに出来る様になることではなくて
  毎日、毎回、常に意識し続けて
  癖になるまで続けて
  初めて出来る様になることだと思います。

  常に考えている事の大切さ。
  自分もそうありたいと常日頃気にしているからか
  そういう所に関心がいきました。

  そして、診療所に於いても
  これは必要なスキルだと感じました。

  分かるかなあ。
  この大切さ。

  決められたこなすべき仕事を
  『淀みなく』 こなしていく一方で
  『自分の五感をフルに活用して』 患者さんの事を知ろうとする。

  患者さんの事を全く知らずに
  良い治療なんて望めないと
  僕は改めて思いました。

  客室係さんとしばし歓談のあと
  加賀屋の建物内を物見遊山気分で散策。

  風情・情緒もあり、実に合理的な土産物屋さんもあり。
  加賀友禅をあしらった壁紙や
  至る所においてある美術品がまた優美でした。

  暫くのんびりと部屋で過ごして
  夕食。

  客室係のKるみさんが給仕をしてくれました。

  そこで、ちょっとまたお話を伺いましたが
  彼女のプロ意識に
  『そうだよね!そうですよね!
  分かります。分かります!』
  と、共感しっぱなしでした。

  『おもてなし検定』 というシステムが
  加賀屋さんにはあるそうで、
  それに挑戦するために努力をしている事。

  もしかしたら合格できないかもしれないけれど、
  努力する事にもきっと意義がある。と仰っていた事。

  客との出会いは一期一会
  だから大切にしたいという思い。

  自分が疲れていても
  まだ見ぬお客さんの事を思って努力し
  会長さんのお話を再度ビデオで確認していたり。

  なにより、噂通り。

  加賀屋の一員であることに誇りを持ちつつも
  客が何を求めて加賀屋に足を運ぶのかを理解し
  その思いに応えるのは現場の自分たちだから
  お客さんを失望もさせたくない
  加賀屋の名前も汚したくない
  そういった重みを自分の肩にしっかりと背負って
  働いているスタンスのかっこよさ。潔さ。

  素敵ですね。
  本当に心からそう思いました。

  言葉では表しきれないくらいに
  感動したんです。

  あの場に居た誰より
  感動していたと思います。

  ちなみにこのKるみさん。
  僕が娘ちゃんのマルツエキスを探して走っている間に
  最初に浴衣を持ってきてくれたそうですが。

  院長、その奥さん(=母)、うちの奥様、
  全員の身長を一目見てピタリと言い当てたそうです。

  凄い。これは本当に凄い。
  出来ることならその場に居たかった...

  そして、僕がブログを書いている事を話したら
  「見させていただきますね」 と仰っていたので
  名刺を渡したら
  旅行から帰ってきた次の日には
  ブログの感想まで書いてメールを下さいました。

  『加賀屋にお泊まり頂きありがとうございました』
  から始まったその文章も
  また僕を感動させてくれました。
  
  僕も返信したのですが
  迷惑メール防止のシステムに引っかかったのか
  届かなかった様ですが...

  この場を借りてお礼を申し上げます。
  Kるみさん。
  こちらこそありがとうございました。
  大変勉強になりました。
  これからもジャンルは違えど共通点もあるお仕事
  お互いに頑張っていきましょう。

  この日は人生初の全身マッサージを受けて
  ぐっすり御就寝したのですが。

  ま、その就寝前の夜中にまたちょっとしたイベント。
  あったんですねー。(吉田類の様に読んでみて)

  続きはまた次回。

  では、豊成でした。

メインイベント。

掲載日: 

     こんばんは。

  梅雨も明けて
  毎日の暑さに磨きがかかってきました。

  今夜も仕事終わって
  自転車帰宅。

  自動車使いたいなあ。
  せめて電車使いたいなあ。
  と、甘く囁く自分の中の悪魔君に
  負けないように
  ゼェゼェしながら帰ってきました。

  あまりに暑過ぎて
  薄味かき氷を
  かきこんだ今さっき。

  暑過ぎて天国には程遠いけど...

  でも、ガマン我慢。

  豊成です。

  さて。

  ここに至るまで長かった...

  ついに加賀屋到着です。

  加賀屋と言えば
  その部屋の綺麗さも有名ですが。

  スタッフ一人一人の教育が
  行き届いており
  その受け答え、サービス
  案内等々
  しっかり出来ている事が有名。

  バスが加賀屋に到着すると
  客室係の女性たちが
  宿前の道路にズラァァーっと並んでお出迎え。

  と、なるはずだったのですが
  どこぞの雨男のせいで
  相変わらずお外は土砂降り。

  よって、客室係の面々も軒下に集まって
  お出迎えしてくださいました。

  エントランスに入ると
  更に多くのスタッフの笑顔・笑顔・笑顔。

  んー、しかも決して派手な笑顔ではなく
  控え目なんだけど相手に安心感を与える様な...
  あぁ、やるなぁ。加賀屋ってやっぱり。

  そう感じて、
  『おっしゃあ!目いっぱい癒されて
  盗める(参考にできる)所は大いに盗む(参考にする)ぞ!』
  と息巻いたのもつかの間。

  「パパ、おなか痛い」
  娘ちゃんの一言。

  旅行で緊張したのか
  あまり便が出てなかったのですね。
  おうちに居ても若干の便秘気味。

  おうちに居るときはあまりにひどい場合
  必殺『マルツエキス』で一発なんですが
  ここは旅の空の下。
  しかも土砂降りの。

  マルツエキスなんて持ってるわけないし。
  でも、娘ちゃんの一大事。

  皆は自分たちの部屋へと
  入っていったけど、
  こちとらそんな悠長な気分にもなれず。

  荷物を客室係の方に任せ
  自分は受付へ。
  「ここらへんに薬局はありますか?」
  の質問に
  懇切丁寧に答えてくれるスタッフ。
  更には「どなたか体調を崩されたのですか?大丈夫ですか?」
  という言葉まで。

  『愛情』の反対は『無関心』
  こうやって気遣って貰う事が
  どれだけ人に安心感を与えることか。
  などと考えつつも
  足早に教わった薬局へ。

  薬局に入るや否や
  「マルツエキスは置いてありますか?」
  答えはNO。

  「市内にあといくつくらい薬局ありますでしょうか?」
  もう、娘ちゃんの為に市内の薬局を全て回る位の覚悟は
  とっくの昔にできてます。

  薬局のおかみさん「マルツエキスが置いてある位大きいのは
  2軒でしょうか。でも、遠いですよ?」

  僕「かまいません。地図かなにかありますでしょうか?」

  おかみさん「でも、凄い遠いですよ。
  まず、マルツエキスを置いているか
  それぞれに電話かけましょう。それからでも遅くはないでしょう?」

  僕「...」

  じーん。ですよね。
  まさか電話してくれるなんて。
  結果、2軒のうちの1軒にマルツエキスがあることが判明。

  更に。
  「お急ぎでしたら本当に遠いですから
  タクシーをお呼びしますよ?」

  なにからなにまでありがとうございます。

  やってきたタクシーの運転手さんも
  優しい方でした。
  薬局のおかみさんから事情を聞いて
  「急ぎましょう。」
  の一言。

  この人もプロだなあ。

  目的の薬局に着くと
  「ここら辺はタクシーを拾うのも大変なので
  待ってますよ。もちろん、メーターは停めておきますから。
  安心して買ってきてください。」

  おお。
  七尾の人達って素敵ですね。
  温かい。

  ささっと買って
  再度加賀屋へGO。

  帰路、運転手さんもやっぱり
  加賀屋さんを称賛していました。

  なんといってもあそこは働いている人達の
  プロ意識というか誇りが素晴らしい。と。

  人材って、やっぱり大切なんだな。
  と改めて実感。

  でも、あなたもプロだと思いますよ。
  運転手さん。ありがとうございました。

  タクシーを降り
  急いで自分たちの部屋へ。

  で、聞こえてくる皆の笑い声。
  あら?
  お腹痛いんじゃなかったの?

  当の娘ちゃんは笑顔。
  なんか走り回ってるし。
  
  なんだよ。
  せっかくの加賀屋の客室係の
  初対面の人間との接し方を学ぶ機会を
  蹴ってまで君の為に買ってきたのに(涙)

  客室係の、初めての客に対する
  導入時の態度、物腰、声のトーン、
  会話の流れ、目線の位置、etc.etc.
  多くの学ぶ材料を見逃してしまった...

  まあ、苦しんでいる娘ちゃんを見るよりは
  元気になったなら良かった。のかな。

  僕は僕で、素敵な人たちに出会えたし。

  加賀屋に到着して
  いまだ加賀屋に関する記述はほとんど無し。

  またまたシリーズ化しますね。
  これは。

  今日の写真は
  加賀屋の窓からの眺めです。
  ウォーターフロント。オーシャンビュー。
  天気が良ければ最高だったんだけどなあ。

  でも、素敵でしょう?

  てな事で今日もおひらき。
  女子日本代表頑張れー!!

  豊成でした。

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

【管理者用メニュー】

PAGETOP