• ホーム
  • ドクター紹介
  • 院内感染予防と最新の医療機器
  • 診療案内
  • アクセス
  • 症例
  • 自由診療料金表
  • クリニックブログ
  • 採用情報

クリニックブログ

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

疲労を感じても。

掲載日: 

     こんにちは。

  いやあ、チェコ戦残念でしたね。

  3-4-3システムって機能はしていたのでしょうか?

  まあ、あまり詳しい訳ではないし
  特に物議を醸すのも得手ではないので
  穏便に。

  あまりコメントはしませんが。

  ただ、頑張れー
  ってな感じでしょうかね。

  やっぱり勝つ代表が見たいですけど
  頑張ってる人間に簡単にダメだしもできませんので。

  豊成です。

  さて。
  
  サッカーにしても仕事にしても
  システムってどちらかというと
  変革・導入時は色々な問題や課題が出てきて
  だから大変なんですよね。

  でも、改善策を考え実践して
  成熟させて初めて本当に機能する。

  そして、新しいシステムが必要だと感じるなら
  それは試してみる価値は大いにあるし
  やるべきだと思います。

  ただシステムを変えることによって必要となる
  労力・努力だけに目を奪われて
  二の足を踏んでいると

  次の機会には手遅れになっていたり
  変えるチャンスが失われたり
  色々な弊害が出るんだと思います。
    
  だから、リフォームもこの時期が
  自分達にとってのベストな時期だったんだと
  そう思ってます。

  あれ?

  サッカーの話が仕事の話?リフォーム?

  ...うーん、ちと疲れてんのかな(笑)

  背水の陣で挑むのか
  退路を用意して挑むのか。

  その人それぞれでしょうね。

  僕はどーっちだ?

  それは自分の心の中に秘めておきます。
  そっちの方がミステリアスボーイでしょ?

  ボーイ、じゃないか。
  ガイ?
  なんでもいいや。

  なんにしたって
  日々頑張って色々な出来ごとに
  立ち向かっていくのみ。

  頭もフル回転させつつ。
  タケコプター並みにクルクルと。

  うぅぅー、釣りしたくなってきたよ。
  豊成でした。

衝撃画像。補足

掲載日: 

     で、結局。

  この歯は何故抜かなければ
  ならなくなってしまったか。

  書き忘れてました。

  ごめんなさい。

  根っこの表面を覆いきるほどの歯石、
  そこに巣食う細菌の影響により
  根の周りの骨が完全に吸収してしまい
  レントゲン上で見ても歯茎の中に歯が浮いている様な
  状態になってしまったからです。

  もう、グラグラでした。
  モノを咬もうにも歯が揺れていて咬めない状態でした。

  隣の歯を支えている骨までも吸収してしまいそうな
  そんな勢いだったので早々に抜歯となったわけです。

  歯周病は初期なら治ります。
  ただ、このような状態になってしまっては
  手の施しようもないことが多々あります。

  歯医者さんに来ていただきさえすれば
  後は僕らが全力で治療をします。
  その治療に患者さん自らが
  『治す!』もしくは『予防するんだ!』
  という確固たる意志をもって
  参加して頂ければ
  こんなに心強い味方はないと思います。

  では。豊成でした。

衝撃画像。その2

掲載日: 

     こんばんは。

  今日はオアシスを聞きながら
  このブログを書いています。

  良いですよねー、オアシス。

  ノエルとリアムの兄弟喧嘩って
  半ばネタみたいなギャグみたいな
  そんな風に捉えてました。

  そしたら解散しちゃった...(涙)

  元ミッシェルガンエレファントのアベフトシさんも
  Nujabesさんも亡くなって
  最近の音楽にどんどんついていけなくなって

  もはや昔から聞いている音楽を
  引っ張り出して懐古主義みたいな
  音楽の聴き方です。

  聞いていて落ち着きはするんですけど
  昔の様に音楽を聴いて
  魂が揺さぶられる様な体験が
  本当に少なくなりました。

  これが精神的に老いるという事なのでしょうか?

  NIRVANAのSmells Like Teen Spirit とか
  Lenny Kravitz のRock'n Roll Is Dead とか
  聴いた時の様な衝撃ってもう味わえないのかな。

  少し寂しい気もするな。

  豊成です。

  さて。

  前回の続きですね。

  前回のクイズの答えは、冒頭の写真の通りです。
  あの黒い物体全てが歯石です。
  もはや根っこの表面が歯石で覆われて見えませんね。

  あ、写真の中、汚い字でごめんなさい(汗)

  携帯のタッチパネル上で字を書くのって
  結構難しいのですね?

  さてさて。

  何故に歯石の話が出てきたのか。

  歯周病と歯石って
  切っても切れない腐れ縁の様な間柄だからです。

  もうご存知の方は多いかもしれませんね。
  ではこの歯石。

  これがどんな悪いことをするのか
  なるべく簡潔に書いてみますね。

  例によって歯科関係者の方々は
  大目に見て下さいね(礼)。

  まずはその前にプラークの説明を少し。

  プラークってご存知でしょうか?
  俗に歯垢とも言われますね。

  歯の表面を拭うとついてきたりする
  ネバネバした黄白色の物体です。
  (ブラッシングなどのプラークコントロールがしっかり出来ていれば
  そうそう見ないかもしれませんが)

  このプラークの正体は?

  ある、僕が尊敬している先生は
  「簡単に言えば現在生きている細菌と死んだ細菌と
  それらの細菌が出した排泄物(うんち)の塊」
  と、称していました。

  うむむ。
  衝撃的発言だけど、言い得て妙。
  それ以上でもそれ以下でもないって感じ。

  まず、考えてみて下さい。
  そんなものがご自分の歯にくっついている事を。

  象徴的な話を少し。

  皆さんに今の説明をした後で
  ご本人のプラークを拭って見せて
  「これがプラークですよ」と説明しますよね。

  その後、そのプラークをお口の中に戻そうとしたら
  どうします?
  嫌じゃないですか?

  でも、ご自分のお口の中に直前まで有ったものなんです。

  嫌なのだとしたら、
  よし。じゃあプラークの除去頑張りましょって
  なりません?
  なったらいいなあ。嬉しい。

  さて、じゃあ本題の歯石について。

  歯石は何で出来ているのか。

  端的に言えば前述のプラークに由来していて
  それが石灰化したもの。と考えて頂ければ結構です。

  唾液中のミネラルや血中成分、感染を起こした歯肉からでる組織液の成分
  そんなものが凝集して文字通り石の様になったものです。
  主成分はカルシウムとかリンとか。
  少量のマグネシウムやナトリウムもあるみたいですよ。

  で、その石がどんな悪さをするのか。
  実は、悪さを歯石自身はしません(苦笑)
  でも、歯石は悪さをする細菌の温床になるのです。

  だから、共犯者みたいなものですかね。

  でも、この共犯者が超強力。
  なんせ主成分がリン酸カルシウムですから
  非常に硬い。
  その奥まで入り込んだ細菌を
  歯ブラシなんかでとれるわけがないんですよね。

  犯人蔵匿とでも言いましょうか。
  犯人の逃亡を助けるために場所を提供するんです。

  そして、細菌は加速度的に悪さをすると。

  では、細菌のする悪さって何でしょうか?

  それこそが骨を溶かす
  ということなんです。

  細菌が出す毒素によって
  骨は徐々にですが確実に溶けていきます。

  そこに、必要以上の咬みあわせの力や
  歯列不正などによる非生理的なかみ合わせの力が加わると
  一気に骨の吸収が進んだりします。

  だから、僕らは咬合(咬み合わせ)にも
  細心の注意を払うわけですが
  その話はまたちょっと別なので
  またの機会に。

  さて、ここまでで大体歯石やプラークの存在のなにがいけないのか
  ご理解いただけましたでしょうか。

  歯周病=感染症 → 歯を支えてる周りの骨を溶かしていく
 
  この図式もご理解いただけましたでしょうか。

  そして、残念なことに歯石は歯ブラシでは除去は出来ません。
  一部、薬局などではスケーラーといわれる
  歯石除去の道具も購入は出来ますが
  ご自分での除去はお奨め出来ません。

  非常に鋭利な刃物ですから、怪我をしかねませんし
  ご自分で鏡で見ながら行うには作業が複雑すぎます。

  ですから、皆さん。

  是非歯医者さんに定期的に通って下さい。
  お願いしますね。

  歯医者さんには国家試験を合格して
  口腔内の事を専門的に勉強している
  歯科医師と歯科衛生士が居ますから。

  是非、利用してやって下さいな。

  いやあ、簡単に。
  とか言いながら長い!!
  なんてツッコミは心に秘めていて下さいませ。

  では、おやすみなさい。

  豊成でした。

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

【管理者用メニュー】

PAGETOP