• ホーム
  • ドクター紹介
  • 院内感染予防と最新の医療機器
  • 診療案内
  • アクセス
  • 症例
  • 自由診療料金表
  • クリニックブログ
  • 採用情報

クリニックブログ

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

衝撃画像。その2

掲載日: 

     こんばんは。

  今日はオアシスを聞きながら
  このブログを書いています。

  良いですよねー、オアシス。

  ノエルとリアムの兄弟喧嘩って
  半ばネタみたいなギャグみたいな
  そんな風に捉えてました。

  そしたら解散しちゃった...(涙)

  元ミッシェルガンエレファントのアベフトシさんも
  Nujabesさんも亡くなって
  最近の音楽にどんどんついていけなくなって

  もはや昔から聞いている音楽を
  引っ張り出して懐古主義みたいな
  音楽の聴き方です。

  聞いていて落ち着きはするんですけど
  昔の様に音楽を聴いて
  魂が揺さぶられる様な体験が
  本当に少なくなりました。

  これが精神的に老いるという事なのでしょうか?

  NIRVANAのSmells Like Teen Spirit とか
  Lenny Kravitz のRock'n Roll Is Dead とか
  聴いた時の様な衝撃ってもう味わえないのかな。

  少し寂しい気もするな。

  豊成です。

  さて。

  前回の続きですね。

  前回のクイズの答えは、冒頭の写真の通りです。
  あの黒い物体全てが歯石です。
  もはや根っこの表面が歯石で覆われて見えませんね。

  あ、写真の中、汚い字でごめんなさい(汗)

  携帯のタッチパネル上で字を書くのって
  結構難しいのですね?

  さてさて。

  何故に歯石の話が出てきたのか。

  歯周病と歯石って
  切っても切れない腐れ縁の様な間柄だからです。

  もうご存知の方は多いかもしれませんね。
  ではこの歯石。

  これがどんな悪いことをするのか
  なるべく簡潔に書いてみますね。

  例によって歯科関係者の方々は
  大目に見て下さいね(礼)。

  まずはその前にプラークの説明を少し。

  プラークってご存知でしょうか?
  俗に歯垢とも言われますね。

  歯の表面を拭うとついてきたりする
  ネバネバした黄白色の物体です。
  (ブラッシングなどのプラークコントロールがしっかり出来ていれば
  そうそう見ないかもしれませんが)

  このプラークの正体は?

  ある、僕が尊敬している先生は
  「簡単に言えば現在生きている細菌と死んだ細菌と
  それらの細菌が出した排泄物(うんち)の塊」
  と、称していました。

  うむむ。
  衝撃的発言だけど、言い得て妙。
  それ以上でもそれ以下でもないって感じ。

  まず、考えてみて下さい。
  そんなものがご自分の歯にくっついている事を。

  象徴的な話を少し。

  皆さんに今の説明をした後で
  ご本人のプラークを拭って見せて
  「これがプラークですよ」と説明しますよね。

  その後、そのプラークをお口の中に戻そうとしたら
  どうします?
  嫌じゃないですか?

  でも、ご自分のお口の中に直前まで有ったものなんです。

  嫌なのだとしたら、
  よし。じゃあプラークの除去頑張りましょって
  なりません?
  なったらいいなあ。嬉しい。

  さて、じゃあ本題の歯石について。

  歯石は何で出来ているのか。

  端的に言えば前述のプラークに由来していて
  それが石灰化したもの。と考えて頂ければ結構です。

  唾液中のミネラルや血中成分、感染を起こした歯肉からでる組織液の成分
  そんなものが凝集して文字通り石の様になったものです。
  主成分はカルシウムとかリンとか。
  少量のマグネシウムやナトリウムもあるみたいですよ。

  で、その石がどんな悪さをするのか。
  実は、悪さを歯石自身はしません(苦笑)
  でも、歯石は悪さをする細菌の温床になるのです。

  だから、共犯者みたいなものですかね。

  でも、この共犯者が超強力。
  なんせ主成分がリン酸カルシウムですから
  非常に硬い。
  その奥まで入り込んだ細菌を
  歯ブラシなんかでとれるわけがないんですよね。

  犯人蔵匿とでも言いましょうか。
  犯人の逃亡を助けるために場所を提供するんです。

  そして、細菌は加速度的に悪さをすると。

  では、細菌のする悪さって何でしょうか?

  それこそが骨を溶かす
  ということなんです。

  細菌が出す毒素によって
  骨は徐々にですが確実に溶けていきます。

  そこに、必要以上の咬みあわせの力や
  歯列不正などによる非生理的なかみ合わせの力が加わると
  一気に骨の吸収が進んだりします。

  だから、僕らは咬合(咬み合わせ)にも
  細心の注意を払うわけですが
  その話はまたちょっと別なので
  またの機会に。

  さて、ここまでで大体歯石やプラークの存在のなにがいけないのか
  ご理解いただけましたでしょうか。

  歯周病=感染症 → 歯を支えてる周りの骨を溶かしていく
 
  この図式もご理解いただけましたでしょうか。

  そして、残念なことに歯石は歯ブラシでは除去は出来ません。
  一部、薬局などではスケーラーといわれる
  歯石除去の道具も購入は出来ますが
  ご自分での除去はお奨め出来ません。

  非常に鋭利な刃物ですから、怪我をしかねませんし
  ご自分で鏡で見ながら行うには作業が複雑すぎます。

  ですから、皆さん。

  是非歯医者さんに定期的に通って下さい。
  お願いしますね。

  歯医者さんには国家試験を合格して
  口腔内の事を専門的に勉強している
  歯科医師と歯科衛生士が居ますから。

  是非、利用してやって下さいな。

  いやあ、簡単に。
  とか言いながら長い!!
  なんてツッコミは心に秘めていて下さいませ。

  では、おやすみなさい。

  豊成でした。

衝撃画像。その1

掲載日: 

     こんにちは。

  雨が降ったり雹が降ったり
  雷が落ちたり放射能が降ったり。
  (ブラック)

  かと思えば真夏の様に
  じめっと晴れたり。

  そのうち槍でも降りかねんな。
  こりゃ。

  史上稀にみる天災から
  早3ヶ月が経とうとしてます。

  日本国民が一つにまとまって
  この有事に立ち向かおうとする中
  
  本来ならば先頭に立って
  皆を引っ張っていかなければならない
  政治家諸君の目も当てられない
  グダグダ加減。

  ここにきて
  まだ勢力争いかい?
 
  政権がそんなに大事か。

  国民が本当に望んでいるのは
  この有事に派閥も党もその垣根を
  とっぱらって
  いかにして復興までの道筋を合理的に進めるか
  その方法論を捻り出して
  一致団結して目標に向かって走る政治家じゃないのかな。

  被災して望みを失いかけてる人達に
  希望と目標を植え付けるのが
  あなた方の役割じゃないのかいな。

  何もない時は
  権力争いしてようが
  票集めゲームしてようが
  大目に見てあげるよ。

  でも、今は違うでしょ。
  やるべき時に、動くべき時にすら
  動けないならば
  政治家の存在意義なんて
  微塵も無い。

  どこまでも国民を失望させることにかけては
  世界中のどの国にも引けをとらないでしょ。

  グダグダ?愚だ、愚だ。

  逆に、今の政治家とか
  居ない方が日本って一つにまとまるんじゃ?

  この国の足枷になってるのが
  自分たち自身かも。とかって
  考えないのかなあ?

  そんな事を考えつつ、
  豊成です。

  さて。

  冒頭の写真。

  これなーんだっ?

  そう。

  歯です。

  正確には上顎大臼歯(じょうがくだいきゅうし)
  と言います。

  解りやすく言えば上の奥歯ですね。

  本日、残念ながら抜歯に至ってしまったこの歯は
  逆に何故抜かなくてはいけなかったのでしょうか。

  なるべく分かりやすく書こうと思いますので
  どうか読んでいただければと思います。

  そして、歯科関係者の方には
  割愛する部分は目をつぶってくださいましね。

  別に、勉強不足なわけじゃないっすから(笑)。

  さてさて。

  この歯の持ち主はまだ壮年期の男性です。

  本来ならば、この歯もご本人と同じように
  そのお口の中でバリバリ働いていても
  なんらおかしくはない歯です。

  それなのに、抜歯という手段を選ばざるを得なかったのです。

  そもそも、まずはこの歯。
  どこが頭でどこが根っこか
  お分かりになりますでしょうか?

  一応、黄色のラインより上が頭で、下が根っこと見て下さいね。

  つまり、黄色のラインより上の部分だけが
  皆さんが普段『歯』として見ている歯茎から出た部分で
  
  それより下は通常歯茎の下に隠れていて見えていない部分です。

  そうです。
  歯ってこんなに立派な根っこに支えられてるんです。
  この根っこの周りに骨があって、
  その骨があるからこそ歯は
  過酷な環境下である口の中で機能していられるんですね。

  しかし、その根っこの周りの骨が溶けてしまうと
  歯はグラグラと揺れ始めます。

  歯は揺れ始めると
  今までは耐えられた本来ご自分が持っているただのかみ合わせの力によって
  更にグラグラになってしまったりするのです。

  皆さん、ご自分の腕の骨が溶けていく病気になったら
  大騒ぎしませんか?

  足の骨だったら?

  頭の骨だったら?

  治せるのなら絶対に病院に行って治しますよね?

  では、歯の周りの骨は?

  それこそが歯周病なんです。
  だから、歯周病の治療や予防の為にも
  歯医者へ行って欲しいのです。

  歯医者は痛くなったら行く場所
  というのは、ちと時代遅れな考え方になりつつあります。

  別に、ウチに来ていただかなくても
  ちゃんと歯周病の予防や治療にも力を入れている歯医者さんならば
  そちらで結構ですので
  是非、行ってくださいませ。

  では、最後にクイズ。
  簡単な。

  冒頭の写真で
  『歯石』と呼ばれるものが歯に付いてます。
  どれが歯石でしょうか?

  TJ、J-MAN、答えちゃダメよ。

  今日も長くなったので
  ここまでとします。

  続きは次回に回しますね。

  豊成でした。

今日はいい日。

掲載日: 

     こんばんは。

  今日はなんだかとってもいい日でした。

  まず、診療中に小包が到着。
  中身は写真に示す通り。

  僕が担当させていただいている
  患者さんのうちで現在最も遠いところから
  通院されているA部さんから。

  清里から通って下さってるんですが
  その清里の地ビールと
  ソーセージと生ハムです。
  
  無論、味は言うまでもなく美味しかったのですが
  それ以上にこういったお心遣いを戴いた事が
  とっても嬉しかったです。

  ありがとうございました。
  ビールはスタッフと皆で
  分けさせていただきました。

  豊成です。

  さて。

  良い事はそれだけに留まりません。

  今日、上の前歯を含む10本分の仮歯をいれた患者さんが
  とっても喜んでくれました。

  今までよりも大きく口角が上がって
  自然に笑っていらっしゃって
  それがまた嬉しかったんです。

  受付の子に伝言まで残してくださって
  その言葉はさすがに自分たちの心に大切にして
  ここでの披露は差し控えますが
  僕も本当に嬉しかった。

  そのことを一緒になってスタッフが喜んでくれた事も
  僕にとっては大きな収穫でした。

  こういう事が、また仕事に対しての
  モチベーションにも繋がっていったりします。

  更に、診療後。

  知り合ってまだ日は深くはありませんが
  かなり信頼をおいている方とお話をして
  精神的に相当救われる言葉をもらいました。

  彼は、例えば僕にとっては耳の痛い事でも
  変に気を遣うのではなく
  しっかりと向き合った上で話してくれる
  貴重な存在です。

  しかも、言葉はちゃんと選びながら。

  だから、ついつい自分も
  色々な心情を吐露してしまって
  ちょっとさらけ過ぎかな、なんて思いつつ。

  自分の周りにイエスマンしか置かなくなって
  そこから崩壊を辿った大人物って
  歴史上少なくないと思うんです。

  自分は大人物ではないけれど
  でも、歯科医師という職業の特性は
  お山の大将になりやすいとも思うんですね。

  ですから、ちゃんと僕の人間性を見た上で
  アドバイスをくれたり苦言を呈してくれる人の存在は
  凄くありがたいです。

  それが他人であれば尚の事。

  今日もやっぱり僕は
  周りの人たちに活かされてました。

  患者さんにしても
  スタッフにしても
  仕事仲間にしても
  自分の一生懸命さを理解してくれて
  評価してもらえることが
  こんなにもありがたいことだとは。

  明日も、また頑張っていきます。
  明日も、その次の日からも。

  では、皆様今日もありがとうございました。
  そしてお疲れ様です。

  豊成でした。

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

【管理者用メニュー】

PAGETOP