• ホーム
  • ドクター紹介
  • 院内感染予防と最新の医療機器
  • 診療案内
  • アクセス
  • 症例
  • 自由診療料金表
  • クリニックブログ
  • 採用情報

クリニックブログ

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

実写版、オモシロ漫画。

掲載日: 

     こんにちは。

  たった一人の人間でも
  自分を理解し支え支持してくれる人が
  そばにいてくれると

  仕事をする時に
  とても精神的に楽になります。

  仲間も重要です。

  その、仲間のブログを読んでいたら
  思わず噴き出しました。

  面白くて。

  細っっかい事やってんなあ。
  絶対ニヤニヤしながらコレやってたんだろうなあ。

  その情景を思い浮かべるだけで
  こっちがニヤニヤしちゃう。

  ありがとう。

  おかげさまで
  危うくパソコンにコーヒーを噴射するトコロでした。
  間一髪、自分のズボンを濡らすだけで
  済みました(笑)。

  えーと。
  クリーニング代の請求は
  どちらへ回せば良いのかしら?

  自己責任となるのでしょうか?

  リンク貼りたいんだけど
  やり方が分からないので
  とりあえず写真を撮ってみました。

  本厚木にある小林歯科医院のホームページ
  皆さんもちょっと覗いて見てください。

  http://www.kobayashishika.jp/TopConcept/

  診療に関しては恐ろしい精度とこだわりを持ち
  スタッフブログに関しては恐ろしいおバカっぷりを...(以下自粛)

  ウソウソ。
  最高の子たちですよ。

  プロ意識と遊び心と人間力
  ちゃあんと持ってます。

  彼ら、彼女たちが居たから
  今の僕があります。

  ま、僕の故郷 兼 拠り所かな?

  そんな感じでちょっとなごみました。

  では、豊成でした。

検診後。

掲載日: 

     こんばんは。

  無事、検診を済ませてまいりました。

  計300人強。
  なかなか...はっは。

  総じて気付いたのは

  最近、子供の虫歯罹患率はかなり低くなってきた
  という文献とは裏腹に
  いまだに口腔内の状況が芳しくない子が
  少なくないという事。

  そして、歯並びの良くない子は相変わらず多く。

  なにより、虫歯があまりにひどい状態に
  進行していて
  中学生にして何本かの永久歯を抜歯しなくてはならない
  子が数人いたという悲しい現実。

  もっと歯科に対しての幼少期からの意識改革が
  必要だと感じました。
  誰よりも、保護者の方々の
  歯科への興味と知識の底上げが必要だとも感じました。

  逆に、本当に綺麗な歯と歯並びの持ち主の子もいて
  そこは凄く嬉しかったですけども。

  あ、あと僕の担当患者さんも居て
  綺麗に磨けてたことも嬉しかったな。

  それにしても...何か自分に出来ることってないのかな。

  世間の風潮を
  流れを変える。

  これって一人の力では
  どうにもならないことが多すぎますよね。

  でも、このままではいけないとも思います。

  うーん。
  葛藤。

  では。また悩んでみます。
  豊成でした。

目から鱗。そして軽くインフォ。

掲載日: 

     こんばんは。

  ま、たまには癒しって事で。

  実家の玄関前のお花たち。

  うーん。
  何一つ名前知らない...

  関家は僕以外全員が植物好き。
  僕のみ興味なし。

  日付も変わって本日26日。

  今日は昭島市多摩辺中学の歯科検診。

  朝8時半に診療室前集合。
  マイカーにスタッフと院長を乗っけて
  行ってきます。

  何人診るんだっけ?200~300人位?

  一昨年、検診に行きましたけど
  結構なハードワークだったような...

  まあ、頑張ってきます。

  早く寝ないといけないんですが
  gagleの屍をこえて
  を聞きながらこれを書いてます。

  うーん
  寝なくちゃ、寝なくちゃ。

  豊成です。

  さて。

  今日(日付変わったから昨日か)の診療後にある方と
  1時間ちょっとお話をしました。

  その前にインフォメーション。

  この8月に関歯科診療所は
  全面改装を行います。

  テーマというか、目指すものは
  『今よりも患者さんにリラックスと安心と高度な医療を』
  というところでしょうか。

  現在色々と画策中です。

  ガラッと診療室の雰囲気も変わると思います。

  ただ、治療するのは僕らですから
  やはりソフト面(人材面)の強化も
  引き続き行ってまいります。

  リフォームの日程については
  追って詳細をホームページ上で
  公開したいとおもいます。

  で、話は戻ります。

  今日お話をしていたのは
  そのリフォームについて
  色々とアドバイスをいただいている方。

  色々な先生方の開業に携わってきた
  歴戦の猛者。
  ただし、人に与える印象は
  いたって穏やか。

  非常に大人な方です。
  ご自分の精神的な波は
  外からは窺い知ることは至難の業って感じです。

  今日もリフォームに伴って導入を考えている
  新しい機材などの話をしている最中に
  ズバッと目の覚める言葉をいただきました。

  実は、このリフォーム
  3年ほど前から計画していた事です。

  色んな建築業者さんやデザイナーさん
  建築士さんとお話をして
  いよいよ本格的に話を進めだしたのが
  去年の秋ごろ。

  最初のうちは僕もリフォームが楽しみで
  あれは出来ないか、こんなアイデアはどうだ
  ってな具合に色々と
  出来もしないような事まで思いを巡らせていました。

  もう、妄想に近かったですよね。

  でも、そのうちに現実味を帯びた話になってくると
  夢よりも、実務的な話に終始する事が殆どで
  しかも投資額も結構な金額になりますから
  この両肩に責任という二文字では表しきれない
  重荷が大きく大きく感じられるようになってきたんですね。

  僕の思う患者さんのリラックスと安心は
  本当にニーズがあるのだろうか。
  とか
  僕が患者さんにしてあげたい治療を
  望んでくれる人はいるのだろうか。
  とか。
  要するに、僕の向かっているベクトルは
  果たして独りよがりになっていないだろうか。
  って事で頭がいっぱいになる日も
  少なからずありました。

  いっそ、リフォームを止めてしまおうか。

  そこまで考えた日も無かったわけではありません。

  でも、歯科嫌いの方々が未だ多い中
  少しでも患者さんが診療室に向ける足取りを
  軽くしてあげられたら。

  好きにはなれなくても
  せめて嫌いではなくなってもらえたら。

  そう思って最終的には
  リフォームを実行することを決意しました。

  その時に多分
  今うちで働いてくれているスタッフや
  自分の両親、家族
  出入りしてくれてる業者さん
  取引のある技工士さん
  そしてなにより
  関歯科診療所に通って下さる患者さん方に対しての
  本当の意味での覚悟と責任が持てたと思います。

  それでもやはり不安は消えるわけではありません。

  そんな話をしていました。

  その時、彼は

  「豊成先生が本当に楽しめないなら
  モチベーションが上がらないリフォームなら
  止めるべきでしょう。」
  
  「先生が治療を楽しめなければスタッフさんも楽しめないし
  そうすれば患者さんだってついてきてくれるかどうか...」

  「まず先生がこのリフォームを一番楽しまなくちゃ。」

  そう言ったのです。

  目から鱗でした。
  時として人間は
  マイナス要素に目を奪われがちだし
  リスク要因に囚われがちですけど
  実はリフォームが出来ること自体が幸せな事だし
  患者さんに提示できる治療の幅も広がる
  とても良いことだという事を、
  大前提を見失ってしまっていたんですね。

  僕は患者さんに良い治療がしたい。
  もっといい環境で治療を受けてもらいたい。
  そして、もっとお口の中の事に興味を抱いてもらいたい。
  そういう思いでスタートしたこのリフォームが
  いつの間にか
  心の足枷の様に感じ始めていたのかもしれません。

  僕は患者さんを含めた自分達の可能性に賭けたんです。

  だから、もう下は向きません。
  ただ、前を向いて
  より良い歯科医療を皆さんに提供できるように
  色んな面で努力を続けていきます。

  リフォーム後には少し間が空くかもしれませんが
  内覧会も考えています。

  今まで歯科に興味のなかった方も
  その時は是非一度足を運んでいただければと
  思います。

  日程が決まったら
  すぐにでもホームページ上に
  掲載しますね。

  その時はどうぞ宜しくお願いします。

  今日はいつにも増して長文だなあ(苦笑)。

  本日も、読んでいただいて
  ありがとうございます。

  僕は無駄に熱いけど
  火傷しないようにしてくださいね。

  では。さすがに寝ないと。

  おやすみなさい。
  豊成でした。

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

【管理者用メニュー】

PAGETOP