• ホーム
  • ドクター紹介
  • 院内感染予防と最新の医療機器
  • 診療案内
  • アクセス
  • 症例
  • 自由診療料金表
  • クリニックブログ
  • 採用情報

クリニックブログ

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

涙。2011

掲載日: 

    こんばんは。

  全然面識のない人の、

  例えばお婆さんとかが不意に見せる
  誰に向けてでもない笑顔を見ると
  急に涙が出ます。

  いや、本気で。

  弱っているのかな。

  どうしたんだろ。

  ま、悪いことではないですよね?

  明日、また釣りに行って
  気持ちをリフレッシュしてきます。

  豊成でした。

成長過程。

掲載日: 

     こんにちは。

  ゆく河の流れは絶えずして
  しかももとの水にあらず。
  よどみに浮かぶうたかたは、かつ 消えかつ結びて
  久しくとどまりたるためしなし。
  世の中にある人とすみかと、またかく のごとし。

  でしたっけ。

  方丈記。

  高校生の頃に暗記した文句が
  いまだにウロで出てくるのは
  自分なりに凄いなあ。
  なんちゃって。

  しかし、これ。
  言い得て妙ですよね。

  全くその通りだと。
  
  昔でも今でも
  物書き屋さんて凄い。

  豊成です。

  さて。

  今日はちょっと嬉しいお話。

  スタッフに成長が見られてきたかな。と。

  なんの事かともうしますと
  精神的な成長ですね。

  彼女たちのその言葉の端々に
  成長を感じる時があります。

  例えば、僕がスタッフに本を貸したとします。

  「この本読んでみて。勉強になるから」
  とか
  「面白いと俺は思うんだよね」
  とか言って。

  多分それらの本は前ならば
  「読めって言われた本」とか
  そういった類の呼称で表されていたのですが
  最近は「先生が貸してくれた本」
  に変わってきた。

  その言葉をまんま受け取ると
  スタッフの心中にあった
  僕に成長する事を強いられているという意識が影を潜め
  自ら成長を望むようになってきた。
  もしくは感謝を素直に表現できる様になった。

  と言う事になるのではないかと思うわけです。

  ちょっと意地悪な見方をしたとして
  「貸してくれた」
  と言えば僕が単純だから喜ぶだろうと踏んで
  敢えて口にしたのかもしれない。

  でも、それが悪い事かと言えば
  そんな事はないと思うわけですね。

  何故ならその場合、
  『この人はどう話せば喜ぶんだろう』
  と相手の性格や気持ちを読み解こうとする思いが働かなくては
  この言葉自体出て来ませんからね。

  まあ、これが僕に阿る気持ちから出てきたのだとしたら
  それに関しては、ちと良くない傾向ではありますが。

  でも、相手の事を観察し推考して
  言葉を頭の中で選択した上で
  最良と思える言葉を口から紡ぎだしたのだとしたら
  それはどんな思いから出たとしても
  大きな成長ではないだろうか。
  と、思ったんです。

  まず、相手を知ろうと思わなければ
  始まりすら訪れませんが、
  じゃあ知ろうと思ったらそれで全てが上手く回りだす
  という訳でもなくて。    

  そこから相手の性格、普段の言動、行動、感情の起伏
  現状、生活、その他多くの事柄に目を向けて
  その上に推考推察を重ねていく。

  言葉にすると長くて大変そうだけど
  やってみれば何の事はないです。

  だけど、それが出来るか出来ないかは
  人にとっては大きい事なんじゃないかなぁ。  

  みんなが今以上に患者さんの気持ちに寄り添って
  相手の痛みや喜びを感じ取れる様になっていってくれたら
  僕もとても嬉しいです。

  僕も負けていられないです。

  よりよい環境はハード面もソフト面も
  揃ってこそだと思います。

  患者さん方にもっと
  歯科医院を好きになってもらえる様に
  せめて嫌いではなくなってもらえる様に
  これからも精進していきます。

  豊成でした。

感謝。

掲載日: 

     こんにちは。

  日付がもうすぐ変わって木曜日。

  本当はこんばんは。ですね。

  最近また若干の不眠気味。
  色んな事柄が頭の中を
  大きな足音をたてて走る走る。

  実際はたった一つの事に
  悩まされています。
  そこに僕の全てが集約すると言っても
  過言ではないかもしれません。

  明日は本厚木コヴァヤシシカ勤務。
  やっぱ木曜は雨なんだなぁ。

  雨男?
  豊成です。


  さて。

  写真、見てもらえました?
  祖母が描いてくれました。

  僕がプレゼントした水彩絵の具で。

  感謝の言葉つき。

  でも、感謝したいのはこっちの方です。

  こんな素敵な絵をありがとう、ばぁちゃん。
  やっぱり上手だなあ。
  商売出来そうだ。

  孫バカ?

  また会いに行きます。
  今度は、ご所望の風景の写真が載った
  本を持っていくね。

  パソコンなんか施設では見られないし
  彼女がこのブログを読むわけないのに
  どうしても、
  口語体で書いちゃう。(笑)

  可笑しいですね。

  今日はもう遅いのでここらへんで。

  おやすみなさい。
  豊成でした。

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

【管理者用メニュー】

PAGETOP