• ホーム
  • ドクター紹介
  • 院内感染予防と最新の医療機器
  • 診療案内
  • アクセス
  • 症例
  • 自由診療料金表
  • クリニックブログ
  • 採用情報

クリニックブログ

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

連続的な量を、段階的に区切って数字で表すこと。計器の測定値やコンピューターの計算結果を、数字で表示すること。数字表示。

掲載日:

     こんにちは。

  のっけからなんだなんだ、この題は。
  まぁ、それは本題に入ってからの
  お楽しみ。

  慌てない慌てない。一休み一休み。
  ぽくぽくぽくぽく。
  ちーん。
 
  はい、どうも豊成です。

  一連の文章に意味無し。です。
  すいません、ネタ切れ感満載ですね。

  では本題いってみましょ。

  今回の題名は
  『デジタル』
  という言葉を辞書で引いた時に書いてあった文を
  そのまま貼り付けてみただけです。
  題名を見ただけで
  (お。今日はデジタル関連の何かを書くのか)
  と、思ったそこのあなた。
  あなたは凄い。

  僕は数学とか物理とか苦手中の苦手でしたので、
  こういう表記を見ると頭痛が...

  ま、いいか。

  先日、診療終了後に業者さんに診療室まで足を
  運んでもらい、
  デジタルレントゲンについてのレクチャーを受けました。

  何故か。

  それは、来年あたりに診療室のデジタル化を
  考えているからです。

  デジタルの良さはなんとなくしか理解してなかったので
  よい勉強になりました。

  レントゲンと一言に言っても、
  日常臨床で主に使用するのは2種類あります。

  通称デンタルと呼ばれる小さなレントゲン写真と
  パントモとかパノラマとかオルソと呼ばれる大きなもの。

  今回レクチャーを受けたのは主にパントモでした。
  
  今までは現像に時間がかかり、且つ
  現像液が劣化してくると画質も落ちてしまうという
  難点がありました。
  なので、頻繁に現像液をとりかえたりして
  気を配っていましたが
  デジタルにしてしまえば画質は常に良い状態で
  安定します。
  更に、撮影してすぐにユニット(患者さんが座る椅子)で
  画像が見られるので、診断に要する時間も
  短縮することが可能となります。

  そして、最大のメリットは患者さんの被曝量が
  大幅に軽減出来る事。

  これは本当に素晴らしい事だと思います。

  現在使用しているレントゲンも、被曝量は
  決して大きいわけではありませんが、
  より少ない放射線量で撮影が可能になるのならば
  こんなに良い事はありませんよね。

  金銭的な折り合いや、レントゲン室のスペースの確保
  などの理由で導入は来年夏ごろになりそうですが、
  早くその日が来ないかとワクワクしとります。

  うふ。

  一つでも多くのメリットを患者さんに提供出来るように
  心がけて、これからも診療していきます。
  もちろん、機材や材料だけでなく
  診療の精度でも。
  
  頑張ってやっていきます。
  では、豊成でした。

空。

掲載日:

     こんにちは。
  今日の空も澄んだ青。
  綺麗でした。

  僕はここで頑張ってます。
  なんて、思ってみたり。

  誰に向かってかって?
  それは内緒ですぜ、旦那方。へへ。

  なんつって。多分、自分にです。
  そうして、今日も自分に喝を入れるんです。

  いじめられていた子供が、自殺する事件がありましたね。

  自分にも娘が居るので遺族の無念たるや
  想像しただけでも恐ろしくなります。

  学校側の責任が問われていますが、
  いじめていた子の親の責任は一切言われてませんよね。

  教育って、そんなものでしたっけ?
  
  いじめてる本人は、悪い事をしている意識はあっても
  多分ホントの意味でその悲惨さ凄惨さは
  自覚出来てないのじゃないかしら。
  なんて思うわけです。

  で、その教育は学校だけでなく
  おうちでもすべきなんじゃないかと。

  なんて、偉そうなこと言ってみたりみなかったり。

  教育の話はおいといて、
  それよりなによりそのいじめられていた
  彼女の心の痛みはいかほどだったか。

  誰にも助けを求めずにいたわけではなく、
  SOSを出していたにもかかわらず黙殺されたという事実。

  大人や、社会や、自分にすらも絶望して
  そういう結論を幼い頭と体で導きだすしかなかった。
  彼女にだって、これから先何十年となく続く
  幸せな時間が存在したはずなんですよね、きっと。

  今日みたいな綺麗な空を
  幾度となく見上げて感動する機会だって。

  今日、空を見上げながらそんな事もふと思いました。

  自分の娘に、そういう被害者にも
  加害者にもなって欲しくないなあって
  切に願います。
  願うだけではなく、自分に出来ることを少しづつ
  考えてみようと思いました。
  
  身近な人が同じような理由で同じように
  旅立った直後だったので、余計に
  凄く悲しくなったのかもしれませんが
  そうでなくてもこの手の事件は心が痛みます。

  心からご冥福を祈るばかりです。

  では、また。

涙。

掲載日:

     こんにちは。
 
  最近、ヨロズ浮世の事に追われ
  ブログの更新を怠っていました。

  すいません。

  とは言っても、役立つ情報も時々しかないし、
  そんな期待してないよってな声も聞こえそうですが。

  写真は、新宿の空。
  京王プラザホテルから撮影しました。
  おんぼろ携帯カメラで。

  何故に京王プラザホテルか。
  では、本題いきますか。

  先日、僕がお世話になっている小林歯科のドクター、
  小林友貴先生の結婚式にお呼ばれしました。

  お相手は歯科衛生士のMちゃん。
  とてもキュートな方でした。

  場所は京王プラザホテル。
  チャペルでの式の後、テラスのようなトコロで
  晴れて夫婦となった二人が鐘を鳴らすという。
  素敵な演出。

  で、そこから見えた景色が冒頭の写真なんですね。

  よく考えたら、(よく考えなくても)
  新郎新婦を写せって話なんですけど。

  正直、新郎新婦の写真、1枚しか撮影してません。
  しかもブレブレで、更には遠くて、
  もはや誰を写しているのかすら定かではないのです。

  いやあ、お恥ずかしい。を通り越して
  申し訳ない。

  でもでも、この建築物と空の写真は
  綺麗に撮れてるでげしょ?

  ふふふ。
  ただでさえ友先生の結婚式でテンション上がってるのに
  こんな景色を見せられちゃあねえ。

  そりゃもう、うふふふうふふふううふふふふ。
  ですよ。

  ゴホン。

  それはさておき。
  その後の披露宴も素晴らしいものでした。

  料理も美味しくて、
  僕なんかスープおかわりしちゃいましたもんね。

  もちろん、一緒に出席した小林歯科のスタッフに
  やいのやいのツッコマレマシタけど。
  
  なんだか少しだけ寂しそうなお父上、
  和一先生と奥様を見て
  振り返って満面の笑みで人生の新たな門出に立つ
  友先生を見ていたら
  変に涙が出てきてしまいました。

  泣いてないぞ。なんて事言う前に
  またしてもスタッフ達からツッコミの嵐。

  「泣いちゃってんの?泣いちゃってんの?」
  「あれ、先生まさか…」
  くそう。このドS集団め。
  なんとかごまかそうとハンカチ探すも
  ポッケに入れたはずのハンカチは無いし。

  そりゃそうだ。
  だって、家に帰ったら違うスーツのポッケに
  ハンカチーフありましたもの。

  んー。

  その後の2次会にはまたまた小林歯科の
  川島先生と一緒に向かいました。
  なんだか二人ともかなり酔っていて。
  2次会会場の正面のコンビニの前で爆笑してたような。
  でも、内容を覚えてないんだなあ。
  なんで笑ってたんだっけ?

  なんか、学生に戻ったみたいでした。

  2次会は披露宴に輪をかけたように素晴らしい会でした。
  友先生の人柄がでていた、といいますか。
  兄弟友人知人が一体となって
  友先生とMちゃんを喜ばせ、祝福しようという思いが
  はちきれんばかりに詰まった会でした。

  僕はと言えば会場が盛り上がれば盛り上がる程に
  泣けてきて。駄目ですな。おっさん。

  そーゆーのを察知するのが早いのがDr.ヒデ。
  こと、友先生んとこの長兄。
  なんか心配かけちゃいました。すんません。
  「豊成を元気づける為に飲みに行かなくちゃなあ。」
  なんつって。言ってもらっちゃって。

  僕は大丈夫です。
  悩みは皆多かれ少なかれ持ってるもの。
  ああいった素敵な式に参加させてもらって、
  元気をもらって、
  そうしてまた皆日常の生活に戻っていって、
  それぞれが踏ん張って生きているんです。きっと。

  昨日流した涙は、
  多分なにがしかの栄養となって
  自分の心の中にちっちゃい花を咲かせる。
  ハズ。

  見上げた空はいつも綺麗だよ、ノリ。
  自分の心が綺麗に見せるかどんより見せるかを
  決めてるんだよ。
  待ってるからね、頑張れ!

  …まあ、いつも通り意味不明。と。
  もう酔ってないですよう。
  
  ちなみに。久々にヒデ先生と2ショットの写真を撮りました。
  いやあ、診療室に飾っとこうかな。
  では、また。豊成でした。

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

【管理者用メニュー】

PAGETOP