• ホーム
  • ドクター紹介
  • 院内感染予防と最新の医療機器
  • 診療案内
  • アクセス
  • 症例
  • 自由診療料金表
  • クリニックブログ
  • 採用情報

クリニックブログ

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

無事に(*'∀'人)♥*+

掲載日:2016/12/09

おはようございます!
12月に入っても日によって温度差があってなかなか身体がついていかない受付のまつです(´・_・`)

先日、お昼休みの時間を利用して、赤ちゃんを無事に出産したDH N緒さんにお会いしてきました〜!
安産だったということで、N緒さんも赤ちゃんもお元気でした(*^^*)また赤ちゃんの可愛さといったら・・・DH M花とガラスに張りついて時間ぎりぎりまで眺めていました(笑)私も自分の子供を出産する日が来るのでしょうか・・・( = =)早くそんな日が来ることを祈ります!

今度は赤ちゃんを抱っこできる日を楽しみにしたいと思います✨

小龍包職人、現る!!

掲載日:2016/12/06

おはようございます。
受付のまつです(*^^*)

昨日、日常的なお昼休みに突如、その方は現れました。
料理までもストイックな職人顔です!
皆さま写真をご覧下さい!

と、いうことで(笑)昨日は院長が手作り小龍包を振る舞ってくださいました!特別な日に食べられるとおもっいた院長の手作りご飯にテンション上がりましたヽ(*´∀`)ノ

皮はモチモチで、小龍包特有の中から汁がじわ〜と出てくるあの美味しさを手作りで出せるなんて、女として尊敬します✨
完成写真を撮り忘れるくらい美味しかったです(笑)
ごちそうさまでした!

誕生日でした。結婚式でした。出産でした。

掲載日:2016/12/05


 こんにちは。

 昭島市の歯医者さん 関歯科診療所 院長 関豊成です。

 ここの所、めでたい事続きです。

 一つ目。
 私、誕生日でした。

 12月2日でめでたく39歳。

 年々、歳をいただく毎に人生が充実し楽しくなっている事に
 自分自身がびっくりしています。

 周囲の人との出会い、良好な関係性の構築、継続。
 そして自分の仕事への情熱が尽きることなく
 努力もそんなに苦にはならない。
 むしろ新たに知ること、知っていたことをさらに深く掘り下げ納得できることが
 楽しくて嬉しくて仕方ない。

 幸せ。

 今年も無事、スタッフにお祝いしてもらえました。
 大好きなクロードモネのタルトと、プレゼントのネクタイと共に。

 時に嫌われ疎んじられる事も覚悟の上で
 厳しく指摘をしなくてはならないことも多く
 その覚悟は絶対にブレないけど
 やっぱり本音はスタッフからは嫌われたくない。

 だから、ああやって笑顔で祝ってもらえる事は嬉しい。

 誕生日は、年に一度の自分にとってのリトマス試験紙のような感じの日です。
 審判の日、みたいな(笑)


 次は、スタッフの結婚式。

 私が昭島に戻ってきて本格的に働き始めた第三次関歯科診療所の創成期から
 (第一次:祖父 第二次:父 第三次:私とした場合)
 ついてきてくれている歯科衛生士 M花。

 これまで沢山意見をぶつけ合い
 喧嘩もいっぱいしました。

 どうしたら診療所を良い方向へ向かわせられるか
 沢山一緒に悩み、時に泣きました。

 患者さんの笑顔に癒され
 共に学んでモチベーションを新たにし
 上手くいかなくて折れそうになるのをどうにか互いに引き擦りあげて。
 6年間苦楽を共にしてきました。

 多くの人間が「ストイックすぎてついていけない」と辞めていく中
 辞めた彼女たちの背中を見送りつつも
 彼女たちのやり残したこと、出来てなかった事をひっくるめてフォローに奔走し
 一人常に仕事をこなしてくれました。

 本当の屋台骨は私ではなく、彼女だったのかもしれません。

 妹、娘、同僚、仲間、そういう感情が様々混じりあって
 なんというか平穏な心持ちで式に参加出来たかというと…ね(苦笑)

 もう泣くのを我慢して自分を押し殺して
 ただただ主賓として招かれた以上感情を垂れ流すまいと
 肝に銘じてその場におりました。

 …まあ
 我慢できずに最後は泣いちゃいましたけど。
 ご愛嬌という事で。


 で、次はN緒の出産。

 先日のブログでも書かれておりましたが
 歯科衛生士のN緒が産休に入っています。

 そのN緒から昨日、連絡が来ました。
 無事、元気な男児を出産したとのこと。

 安産だったそうで
 母子ともに健康です。

 近いうちに、診療所の皆で『突撃!あなたの院内食』
 …じゃなかった。
 お見舞いに行こうかと思います。

 もっと歯周病をストイックに治しにいく歯科診療所になろう。
 そういって考えていた矢先に入局したN緒。

 歯周病学会認定歯科衛生士の資格をもつ彼女は
 歯周病治療の大事なエッセンスを関歯科診療所に還元してくれました。

 臨月なのに、先月には学会での発表も立派にやり遂げました。

 知り合いの何人もの若手歯科衛生士たち(もちろん他院のです)から

 「とても勉強になりました!私もN緒さんみたいに口腔内の細かいところまで診て
 でも患者さんの口腔内だけでなく人生のバックボーンまで診れる衛生士になります!」

 と、言われてどれだけ嬉しく誇らしかったか。

 「私はよほどのことが無い限り一生、先生と一緒に働きますよ」
 この言葉には泣きました。もちろん、嬉しくて。

 でも、一個だけ言わせて。
 逆にその『よほどの事』がなんなのか気になるよ(笑)

 頑張っていると
 良い事が沢山あります。

 嫌な事も有るけど
 昔よりもその嫌な事を共に背負ってくれる仲間も居て
 精神的に楽になっている気がします。

 幸せ、幸せ。

 そろそろ学術的な話も書いた方が良いかな。
 これじゃただのリア充アピールだ(笑)

 では、また。

 昭島市の関歯科診療所 関豊成でした。

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

【管理者用メニュー】

PAGETOP