• ホーム
  • ドクター紹介
  • 院内感染予防と最新の医療機器
  • 診療案内
  • アクセス
  • 症例
  • 自由診療料金表
  • クリニックブログ
  • 採用情報

クリニックブログ

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

細菌検査はじめました🌼

掲載日:2016/09/11

こんにちは 昭島市の関歯科診療所 
夏の終わりを恐れる寒がり歯科衛生士のⅯ花です(^^)


「ここ最近、台風・秋雨前線により安定しない天候に翻弄されて
歯磨きが不十分…でもまだ検診まで間があるから辛い所だなー💦」と思っている方がいらっしゃると思いますが

安心してください!!
関歯科診療所では自由診療のクリーニングのコースもご用意しております☺


30分¥5,400(税込)~ でお口の中の状況に合わせて
担当の歯科衛生士が細かな歯石除去、清掃のアドバイスをしています
美容院やエステに行く感覚でご活用ください🌼



クリーニングも含めて
関歯科診療所は
「ご来院くださる患者さん皆さんに
より良い医療を提供したい!!」 と日々奮闘中です!


このたびは新しい検査項目として
口腔内の『細菌検査』を導入することになりました✨


齲蝕関連細菌検査  ¥16,200 (税込)


歯周病原細菌検査  ¥27,000 (税込)


となっております


ご存じの方も多いと思いますが
虫歯も歯周病も細菌感染による『感染症』です


もちろん感染していることに加えて、
様々な因子が重なることにより
症状が出てくるわけですが


その因子というのは、
体の抵抗力の低下や、食事の習慣、全身疾患の状態など
生きているうちに誰しもが
悪い方向に傾くことがあるものなのです…


口腔内の細菌は基本的に、一度定着したら一生口腔内に存在し続けます


今は歯周病や虫歯を発症していない方も
原因となる細菌が存在している限り
バランスが崩れたときに発症するリスクを常に秘めている
ということになります


齲蝕関連細菌検査では

齲蝕の発生に大きく影響する S.mutans菌
齲蝕の増大に大きく影響する S.sobrinus菌
二次齲蝕に大きく影響する  Lactobacillus菌

の3菌種


歯周病原菌検査では

病原性が強く重度の歯周病に影響があると言われる
P.gingivalis菌
T.denticola菌
T.forsythia菌

侵襲性歯周炎の発症に関連が深いと言われる
A.actinomycetemcomitans

の4菌種

妊娠している方は上記に加え
妊娠性歯周炎の発症に関連が深い
P.intermedia菌 


が検査項目に入ります


現在症状が出ていない方は
ご自分のお口の中に
リスクの高い細菌が潜んでいないかを確かめて
予防に役立てていただきたいですし


現在すでに虫歯・歯周病が症状として現れている方は
治療の成果の確認、その先の治療方針の決定に役立てていきたい
と考えています

口腔内細菌は家族間等での伝播も認められていますので
身近な方への感染防止も含めて見て頂けると良いと思います☺


より確実な結果を出すために
精密な検査キットを使い、
わかりやすい検査報告書も検査機関から送られてきます

院内でも声掛けさせていただいておりますが
ご希望の方はいつでもお申し付けください(^^)

また1つ歳をとりました・・・

掲載日:2016/09/02

おはようございます!
木々を揺らす風に秋の気配を感じるようになりましたね。
受付のまつです。お久しぶりですみません。

早いもので昨日から9月に入りました。
私もバイトのゆりちゃんと同様、先月に行われた勉強会についてお話させていただきます(´∀`*)

勉強会は1日使って、みっちり基本的なことから院長がお話してくださいました。歯科業界初心者の私にもわかりやすく噛み砕いた言葉で説明してくださったおかげで、深く理解することができました。内容に関しては他の人が詳しくしてくれると思います!
私は誕生日をお祝いしてくださったことがやはりとても嬉しかったです(*゚▽゚)

関歯科に来て早くも誕生日を迎えたのは2回目になりました!
前回からもう1年経つのか・・・と日々の時間の流れをとても早く感じました。
そしてまさかのゆりちゃんと誕生日が一緒でした!
しかし実は過去に同じ誕生日の方に5人もお会いしたことがあるという奇跡的な体験をしている私(笑)そんなにたくさんの方々が産まれた日にちなのでしょうか・・・?

毎年お誕生日を欠かさず祝ってくれる皆さまに感謝✨
ケーキもとっても美味しかったです♡

スタディーグループの勉強会。

掲載日:2016/09/02

こんにちは。勤務医の安達隆帆です。

最近は夜には虫の音も聞こえ始め、秋の気配がしてきましたね。
朝晩はすごしやすい陽気になってきて嬉しいです。



さて、先日院長もブログに載せていましたが、先週の日曜日に所属するスタディーグループ(てんとう虫ジュニアの会)の勉強会に参加してきました。


午前中には僕も発表を行いました。内容は学会で聞いた講演のまとめでしたが、アウトプットすることの大事さを再確認することができました。


聞いた内容のノートを読み直し、演者の書いた著書を読み、大学時代の教科書を引っ張りだし、友人や先輩のドクターに聞いてみたり、自分なりに図を作ってみたり。
かなり深く一つの分野を掘り下げて学ぶことができたと思います。



午後の症例検討会では持ち寄った難症例をみんなで治療計画を考えていきました。

今回の中心となった話は診査、診断の大切さです。
レントゲン写真やお口の中の写真、お顔の写真からその患者さんがどうして現在のお口の状況になったのかを推察し、その原因に対処した治療方針をたてるには的確な診査診断が必要になります。
先輩、同年代、後輩のドクターの考え方をいろいろ聞けるのがスタディーグループのよいところだと思います。


もうひとつ、ご報告として、今回僕と院長の所属するスタディーグループの広報・記録担当になりました。
これからはこのブログでも活動内容を写真を添えてたくさん報告していきますのでよろしくお願いします。



大分涼しくはなりましたがまだまだ日中は暑い日が続きます。
みなさん体調崩されないよう、お過ごしください。

関歯科診療所 勤務医 安達隆帆

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

【管理者用メニュー】

PAGETOP