昭島の歯科・歯医者【関歯科診療所】歯周病・予防の総合歯科治療 インプラント、矯正歯科、審美歯科、ホワイトニング

症例症例

症例

セラミックの症例

著しく歯牙の色の変化が有る場合もセラミックによって目立つことの無いよう修復する事が可能です。
患者さんの固有の歯牙の色・質感を再現することが出来るのはセラミック治療の最大の魅力です。
この症例は歯科技工士さんにシェードテイクに来院してもらって患者さんと歯科医師と歯科技工士、及び歯科衛生士で相談を重ねながら作製しました。

 

担当歯科医師 関豊成
担当歯科技工士 齊藤満也(KIRINJI)

ダイレクトボンディングの症例

こちらはダイレクトボンディングという手法で治療をしたケースです。
保険の金属によって修復されていた歯牙ですが中はかなり大きな虫歯になっておりました。

  • 術前写真

    丸で囲んだ部分が黒く透けています。隣接面の虫歯です。

  • 術中写真

    銀歯を外し、齲蝕検知液(虫歯の染め出し液)を用いて入念に虫歯を取り除くと中はこんなに大きな虫歯になっていました。
    表面のエナメル質は可及的に残して治療を行います。
    セラミックや金属で修復する場合はさらに多くの歯質を削らなくてはなりません。
    ご自分の歯質を必要最低限だけ削れば修復が出来るのはダイレクトボンディングの大きなメリットの一つであると言えると思います。

  • 術後写真

    ダイレクトボンディング法での修復後写真です。
    ご自分の歯と修復マテリアルの境界が分かりづらく、自然に仕上がったと思います。
    ダイレクトボンディングは型採りが必要無く、お口の中で直接マテリアルを築盛・成形していきますので1日で治療を終える事が出来ます。
    また、セラミック修復よりも安価に行えるのも魅力の一つです。
    ただし、どんなマテリアルでも永久不変ではありませんし、歯ブラシを怠ったり定期検診をサボってしまえばあっという間に虫歯になりますし、普通に生活していてもいつかは再治療が必要になる可能性があることもお忘れの無いようにお願い致します。

pagetop
042-544-7220