• ホーム
  • ドクター紹介
  • 院内感染予防と最新の医療機器
  • 診療案内
  • アクセス
  • 症例
  • 自由診療料金表
  • クリニックブログ
  • 採用情報

クリニックブログ

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

システムを変えるその前に。

掲載日: 

  こんにちは。

  昭島市の関歯科診療所 院長 関豊成です。

  昨日の夕刊に
  『大都市部で20年後に医師不足深刻化』
  というような内容の見出しが躍っていました。

  既に地方での医師不足は深刻化しており
  医学部の入学定員の増加など
  国家が色々と医師の数を増やす政策を進めていますが
  果たしてその策は将来を見据えた策なのでありましょうや。

  歯科医師もかつて、その不足が騒がれ
  歯学部の新たな設立や入学人員の定員増加が行われました。

  それはそれで良いですが
  歯科医師の数が充足した後も
  その政策は見直されずに
  結局は歯科医師の数は完全に飽和状態。

  コンビニエンスストアの1.8倍の歯科医院が乱立し
  歯科医師の数は日本国内だけで10万人を超えました。

  苦労して歯科医師になっても
  手取りが15万を切るようなワーキングプアに悩まされる医師や
  開業しても借金だけが肩にかかって
  患者数が増えずに首をくくる医師の数も
  尋常ではありません。

  法曹界も同じような事が起きつつありますよね。

  そもそも、国家資格ってそんなに甘いモノなんでしょうか。
  そんなに軽いモノなんでしょうか。

  もう一回、考えを改めた方が色々とおさまりが良い気がしますけど。
  一部政治家と一部官僚の頭の悪さが如実に表れている様に
  感じます。

  (あくまで一部です。)

  目先の事象に囚われているだけの政治は
  果たして政治と言えるのか。

  どうなんでしょうかねえ。

体を動かした後は心もね。

掲載日: 

  ということで

  スキーや雪遊びで体を酷使したので
  2日目に影絵切り絵美術館なるものに
  行ってきました。

  まあ自分が一番はしゃいでいたかも。

  どうやって作ったんだ?これは。

  鏡の使い方をこうすれば綺麗に見えるのか。

  そんな感じ。

  長女ちゃんは何か色々と感じてくれたようで
  自分でも作ってみたいと言っておりました。

  影絵はお家でもトライできそうなので
  とりあえずここでは
  万華鏡を作る体験工房的な事を一緒にやることにしました。

  子供と一緒に何かを作るのは
  とても僕も楽しいし
  子供の心のどこかに思い出として
  残ってくれれば
  幸せな事だなと思います。

  万華鏡の写真は
  また今度。

理想と現実の狭間で心が折れた。

掲載日: 

  こちらはスキー場から
  車で5分程山を登った所に有った
  カフェ。
  の暖炉。

  ゲレンデのレストランの混みようが尋常ではなく
  もーいやっ!!ってなったので
  食事できるところを探していたら
  幸運にも見つける事が出来ました。

  陶芸家などのアーティストの方々が集まった
  コミュニティーというか村と言うか
  そういった場所の一角にあったカフェで

  中には彼らが制作した作品が展示されていて
  購入も可能でした。

  ものすごく可愛いスープ皿とか
  色々欲しかったのですが
  家の食器戸棚が小さくて置く場所が無い事
  そもそも、旅行でお金を使うので
  あまりお金を使えないとの理由から
  断念いたしました(T_T)

  僕自身かつて陶芸家の先生のもとに
  一か月間泊まり込みで陶芸の勉強をしていたという事もあり
  電動ろくろで粘土をこねくり回すのは大好きで
  今でもたまに体験窯などで食器を作ったりするので
  非常に楽しい場所でもありました。

  この写真の暖炉も良いですよね。

  暖炉のある暮らし、憧れちゃうぜー。

  と独り言を言ったら

  「メンテナンスの事考えてる?
  掃除はどうするの?誰がするの?
  維持費にどれくらいかかるか考えてる?」

  と、隣から鬼のツッコミが。

  ロマンを解さない野暮な人だなあ。
  誰だ!と、思ったら奥様だったので
  何も反論できず。

  「そうだね。ダミーでも十分だよね。
  いや、むしろ暖炉なんてなくても良いよね!(涙)」
  
  と意趣替えを即座にしてしまった
  心の折れやすい僕でした。

  いやいや、家庭内においては
  長いものに巻かれるのが円満の秘訣!
  な、はず!!

  奥様がこのブログを読まない事を
  切に願います(-_-;)

  ちなみに、ここのサンドイッチもカレーも
  半端なく旨かったです。

  また白樺湖に行くことが有れば
  必ず立ち寄ると思います。

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

【管理者用メニュー】

PAGETOP