昭島の歯科・歯医者【関歯科診療所】歯周病・予防の総合歯科治療 インプラント、矯正歯科、審美歯科、ホワイトニング

ブログブログ

前ページTOPページ次ページ
これもまた大切なお知らせです。

掲載日:2015/05/11

おはようございます。

昭島市の関歯科診療所 院長 関豊成です。

今日はちょっと寂しいお話です。

当院に現在通われている患者さん方はもうお気づきだと思います。

13年間の長きに渡り関歯科診療所の顔として
受付をしてくれていた田村さんが
今年4月をもって寿退職となりました。

先代院長から私に代替わりをして
診療方針・スタイル・アポイントの取り方
患者さんへの説明・治療内容の高度化
補綴修復物のグレードアップ
取引技工所の変更、増加
その他多くの変化に対応して
見事に受付として診療所の最前線で
患者さんに最初の癒しを提供してくれていたと思います。

我々にとっても患者さんにとっても非常に惜しい人材でしたが
結婚して幸せになってくれる事を切に願って
今まで支えてきてくれたことに感謝です。

残念ながら、その後に受付として働いた子たちは
その仕事の重要性を理解できていないまま
受付の業務に就いたがゆえに多分
「こんなはずじゃなかった。
もっと楽だと思っていた。」という感じで
辞めていってしまいました。

診療所の中でアシスタントや衛生士業務を行っている人間からすると
受付で座って患者さんとお話していれば良いように見える受付という仕事は『楽そう』に見えるのかもしれません。

しかし、実際はその仕事は多岐に渡りますし
その全てに責任が付いて回ります。

それを説明しても
自らが実感しないと理解できない事も多い様で
なかなか難しいものですね。

さて、という事で
現在、当院では受付が居りません。

衛生士がアシスタント・衛生士・準備・片づけ等の仕事をこなしながら、受付業務もしてくれています。

彼女たちの、患者さんへ掛けてしまう迷惑を少しでも減らしたいと考えながら忙しく働いてくれている貢献度に私自身も感謝です。

そこらへんの事情をお察し頂いて
受付の応対に時間が掛かりますことを
ご容赦して頂けますよう
関歯科診療所を代表してお願い致します。

本日より、求人も出しております。
今度こそ、プロ意識をもった
何の連絡もなしに辞めてしまうような事の無い
しっかりした方を採用できるように
今必死で頑張ってくれているスタッフ達や
こんな状況を我慢しても通院してくださっている患者さんの為にも
私もしっかりと面接したいと思います。

取り敢えず、ちゃんと応募が来ると良いんですけど。。。

また、近いうちに良い報告がここで出来ますように
踏ん張って頑張って足掻きまくってやります。

それまで、どうぞ宜しくお願い致します。

では、また。
関歯科診療所でした。

そしてまた勉強会に参加しました。

掲載日:2015/04/20

こんにちは。

昭島市の関歯科診療所 院長 関豊成です。

昨日は日曜日でしたが
隆帆先生と私とそれぞれ別々に勉強しに行って参りました。

ドクターとしての仲間が同じ診療所に居ると
モチベーションも上がるし
別々の事を勉強しても教え合えるし
同じ事を勉強しても理解度を互いに補えるので
良かったなと、本当に思います。

隆帆先生は昨日、てんとう虫Jr.の会に参加。
今回が二度目です。

内容は根管治療についてです。

非常に勉強になったそうで
また一つ関歯科診療所の治療クオリティが上がりそうです。

非常に多くの質問をしたそうで
会長の友貴先生からの覚えも良く
その熱さを皆に評価してもらっていて
私としてもその評価を聞いて嬉しい限りでした。

今度、隆帆先生から色々と教わろうと思っています。

ちなみに私は
同じてんとう虫Jr.の仲間でもある
大藤先生・諸隈先生・小林周先生と
別会場で講義を受けていました。

その講義の後に一大イベントが有ったわけですが
それはまたいつかタイミングを見て
書かせて頂きます。

お互いに会場が都内
(Jr.が御茶ノ水で私達は永田町)
だったため、夜から皆で合流して
Jr.の会で講師を務めてくださった塙先生を交えて
打ち上げを致しました。

打ち上げの場でも
非常に和やかに、激論が飛び交っていて
やっぱり歯科談義って面白いよなあ。なんて
しんみりとしながら
お酒を飲みすぎました…

やってしまった感は有りますが
致し方ない。

仲間との話は、やはり
どうしても楽しくて。

で、こんな顔になっちゃいますよね(笑)

真面目に仕事して勉強してますからね。
これが私の全てではないですよ。念の為。

勉強会に参加しました。

掲載日:2015/04/18

こんにちは。

昭島市の関歯科診療所 院長 関豊成です。

少しづつですが確実に春めいてきましたね。

私の花粉症も徐々に落ち着きを見せており
大分楽になってきました。

さて。

今週は月の第三週です。
ということで木曜日は『てんとう虫スタディーグループ』開催日。

勤務医の隆帆先生と共に市ヶ谷まで行って参りました。

今月も三名の発表者が渾身の発表をしてくださり
非常に勉強になりました。

その後の質疑応答でも
さらにその後の懇親会でも
あちらこちらで歯の話が爆発。

今までてんとう虫Jrの会には参加した事のある隆帆先生も
本会は初参加。
「皆さん本当に歯がお好きなんですね。」
この一言にてんとう虫のキャラクターが集約されていると思います。

ただ、歯科医とはいえ、もはや歯の事だけを論じてはいません。
昔とは全く次元が違います。

そもそも、歯科というと想像される
虫歯治療や根管治療
歯牙の修復補綴や欠損歯の補綴
更に歯周病治療

これらだけでも非常に多くの学びが必要です。
大学を卒業し国家試験を通ったそのままの知識と技術で
一流の仕事なぞ間違いなく出来ません。

医療は科学と密接に関係していますし
日進月歩で多くの事が解明されていき
新たな材料・薬剤・治療法が確立されているからです。

10年前と同じであるはずがないのです。

そこに加えて現在に於いては
本当にきっちりと治療をして治癒を導き出す為に

顎関節
開閉口筋
咬合
咀嚼
嚥下
発音
顎骨・歯槽骨
副鼻腔
等々

非常に多くの事を知りイメージング出来る様にならなくてはなりません。

これ、並大抵の情熱や想いや体力がなければ出来ません。
手前味噌ですが歯科医師の先生たちは(一部を除いて)
皆さんそうやって必死で休日返上で学び続けているんだと思います。

今は、患者さんが歯科医院を選べる時代です。
昔と違って
痛みさえ取ってくれればそれでいいという患者さんだけではありません。

機能や美しさ、そしてそれらの永続性を願い
歯医者探しの長い長い旅路に出る患者さんも少なくないでしょう。

色んな歯医者が居ても良いと思います。
そんな中で私達は
高いクオリティを求めて
時間を掛けてもお金が掛かっても
患者さんが望んだ時に高度な治療を出来る歯科医院を標榜し
歯科医師・歯科衛生士・歯科助手・受付一丸で
そこに向かって頑張っていこうと思っています。

昨日は診療後に夜中まで隆帆先生と共に実習をしました。

あまり根を詰め過ぎても
体と心に闇が生じてしまいますから
程ほどに。
とは思ってもいますが
頼まれれば嫌とは言えないですし
何よりお互いに今よりも更に上手くなりたい
と思っているのであればやるべきかな。と。

頑張れ、自分。
頑張れ、隆帆先生。
頑張れ、スタッフの皆。

プライドを持って仕事をして
それが人の為になれる事を喜びとして感じられる。
そういう人間でないとこの仕事は絶対に務まりません。

大変だけど
それが喜びに感じられればこれ程楽しい仕事も少ないと
そう自分達に言い聞かせながら
今日も患者さんをお待ちしています。

では、また。

前ページTOPページ次ページ

【管理者用メニュー】

pagetop
042-544-7220