• ホーム
  • ドクター紹介
  • 院内感染予防と最新の医療機器
  • 診療案内
  • アクセス
  • 症例
  • 自由診療料金表
  • クリニックブログ
  • 採用情報

クリニックブログ

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

分からない、分からない。

掲載日:

  こんにちは。

  昭島市の関歯科診療所 院長 関豊成です。

  もはや皆さんもご存じのとおり
  3年前の今日です。

  大災害が訪れて
  今までの常識を覆されて
  価値観を見直す日々が続いて。

  診療においても
  こういった災害時においても
  大切なのはいかに正確な情報をより多く手に入れる事が出来るか
  だと思います。

  正確な情報を多く手に入れる事によって
  その後の判断の精度がより高くなり
  間違えた決断をしなくて済む可能性が高くなるから。

  沢山の情報を持っていても
  その情報に正確性が無いのであれば
  判断材料にするのは怖いですし

  精度の高い情報であっても
  たった一つの情報では
  物事への多角的な見方は不可能で
  結局は偏った判断になりかねません。

  そういう意味でマスコミや政府には
  正しい情報を確実に、沢山出して欲しいのですが
  それもままならない。

  かつてブログでも書いたと思いますが
  米国の提出した放射能の分布地域及び検出濃度と
  日本政府が公式に発表したものの違いは愕然とするほどでしたし
  そもそも、政府自体に信頼感を持てない国民性になってしまっていますし。

  事なかれ主義で、その場のパニックを避けられれば
  将来的なリスクなどお構いなしな政治家が多いという事が
  今までの数々の事件・事象で公になって来ていますから
  それも致し方ないと思います。

  何の為に自分が政治家として存在するのか
  その価値を自ら測れる人間がどれだけいるのか。

  例え、放射能の汚染があったとしても
  その場で生きねばならない殆どの人が
  それでも自分の判断に後悔を抱かないように
  これは自分で選んだ道だと言えるように
  せめて正確な情報を嘘偽りなく表に出して欲しいものです。

  
  もう、分からない事だらけです。

  情報も錯綜しすぎていて
  その正確性すらも判断できかねるような感じ。

  ただ、自分が考えるのは
  こんな時こそ
  『最悪を想定して方策を立て
  望み得る最善を求めて行動して
  後は天命を待つ』
  といった所でしょうか。

  後から
  あーしとけばよかった
  こーすべきだった
  もっと考えておけばよかった
  そういった事をウジウジ悩みたくないですし

  自分の身に起きた何かを
  誰かの所為にしまくって生きるのも
  カッコ悪すぎて嫌ですから。

  でも、色々知りたい事があるのに分からねー!!

  くそー。

  とりあえず、仕事しよう。

お楽しみ。

掲載日:

  こんにちは。

  昭島市の関歯科診療所 院長 関豊成です。

  昨日は夕方に雪がちらついてビックリしましたね。

  ちょこっとだけ焦りました。
  もう雪掻きはウンザリだし
  スタッフを送るにも車で出勤してなかったし
  きゃー!!

  って感じでした。

  すぐに止んで本当に良かった。。。
  花粉症はきつくなりますが
  早く暖かくなると良いですね。


  さて。

  ポルフィディオ買っちゃいました。
  3本も。

  これ、調べてみると正式にはテキーラじゃないんですね。

  テキーラと同様の原材料・製法で作られてはいるものの
  テキーラと銘打てるのは決められた醸造所だけだそうで
  それ以外だとテキーラとは言えないそうで。

  シャンパンとかコニャック的な事ですね。

  テキーラと銘打てなくても
  テキーラを超える酒として売り出す。

  なかなか頭を使ってますねー。

  ロバート・デ・ニーロも長年愛飲してるそうで
  いやいや、封を開けるのが楽しみです♪

  この瓶の中のサボテンがまた可愛い。

  

  来週の木曜日に飲む予定です。

  いつもお世話になっている先生にお礼として持って行くわけですが
  そこで自分もご相伴にあずかろうとする我が身の浅ましさよ(笑)

  だって。。。飲んでみたいじゃないですか。

  結構高くて、自分で呑む為だけでは
  なかなか買う気になりませんよ?

  お世話になっている方に
  本当に感謝しているからこそ買えるだけでして
  普段自分の為に買うお酒なんて
  『極ゼロ』
  位なものですから(-_-;)

  うぉぉぉ!楽しみすぎる♪

  早く木曜日にならないかなあ。

粘土遊びをしました。

掲載日:

   こんにちは。

  昭島市の関歯科診療所 院長 関豊成です。

  今日は昼休みにルーペのデモが来ます。
  待ちに待っていた8倍です♪

  ウキウキしちゃいます。


  さて、昨日は
  風邪の症状の中で咳と喉の悪調子だけが
  長引いていたので
  休診日だし久しぶりにのんびり過ごそう!

  。。。。という予定でした。

  が、一着しかないスーツが若干くたびれてきた事もあり
  せめてもう一着購入してローテーションで使いますか
  という考えに至り
  スーツを買いに行きました。

  で、その後はいつもの木曜日コース。

  長女ちゃんを幼稚園に迎えに行って
  お家へ帰っておやつを家族みんなで一緒に食べ
  子供たちの遊び相手をする。

  のんびりは出来ませんが
  でも精神的なリラックスは得られてるので
  充分なんですが(笑)

  でも、少しだけ。ほんのすこーしだけ寝ていたかったなあ。

  なんちて。

  昨日の娘ちゃん達との遊びは粘土細工になりました。

  長女ちゃんは最近粘土遊びがブームのようでして
  しきりに
  「パパと粘土したいなあ。
  作って欲しいものがあるんだけどなあ。」
  と、ここ数日顔を合わすたびに直訴して来ていたので
  リクエストにお応えしましょうということですね。

  僕が居ない時にママと粘土遊びをして
  『陸亀』
  を作ってかなりママに褒められたのが嬉しかったようで
  昨日のお題も最初は
  『亀』
  でした。

  因みに、僕は娘と何かを作る時や描く時は
  自由に好きなものを創作させる時と
  お題を決めてお互いの制作物を見せ合って
  評価しあうという時とを分けています。

  子供の目線で作るものと
  大人の目線で作るもの

  自分の目線や作り方やイメージだけでなく
  自分以外のそういったものを見させることで
  物事への多角的な視点を磨いてほしいと思っています。

  ですから、「こう作らなきゃダメ!」とか
  「この動物はここが特徴なんだから、それを出さなくちゃ!」とか
  そういった事は言いません(笑)

  娘が作ったものは
  娘が感性と想像力と技術をフルに稼働させて作った大事な結晶なので
  それはどんなものが出来てこようと最大限褒めます。

  ただ、作る時の物の見方が毎回同じようなモノに凝り固まるより
  自分以外の人のモノを見て
  「あ、そーいう見方もあるか。」
  という柔軟性を育てられたらいいな、というか。

  それが大人になって
  他人との間に意見の相違をみた気に
  「あ、そういう考え方もあるよね。」
  と、一度その考えを自分の中に受け入れて
  再度考えるという力になってくれたらいいなーなんて。

  他人に迎合する必要はないと思いますし
  自分自身もそんな生き方を露程もしてきてませんが
  他人の意見や考えについては
  広くそれを自分の中に飲み込んで再考するようには心がけています。

  レベルがあまりに低すぎる場合は
  まあちょっと自分の中に取り込むのは遠慮させて頂いていますが(苦笑)

  そんな訳でまずは亀さんを作りました。

  

  亀にも色んな種類が居る事を知って欲しくて
  敢えてウミガメにチャレンジしました。

  長女ちゃんは案の定ママに褒められた陸ガメを出品。
  しかし、出来上がりと同時に次女に4つに引きちぎられてしまい
  写真を撮る事が出来ませんでした(T_T)

  嬉しい事に長女ちゃんは
  「そっかあ、ウミガメも亀さんだもんねえ!」
  と言って気づきを得ていたようでした。

  でも、すぐに
  「パパー、本当は作って欲しいものがあったんだよねー。」
  とウミガメの事は忘れたかのように話題転換(笑)

  僕 「何?パパが作れるかどうかわからないけど一生懸命作ってみるよ。」

  長女 「ごにょごにょ。。。」(どうやらママには聞かれたくないらしく小さい声)

  僕 「え。いいけど。。。作れるかなあ?まあ頑張ってみるよ!でもなんでこしょこしょ話なの?」

  長女 「ママをびっくりさせたいの!」

  僕 「ふうん。確かにこんなんいきなり目の前に出されたらビックリするかもね(笑)」

  。。。。で
  出来上がりがこれです。

  

  うろ覚えで作ったのでちょっと違うかも。

  王蟲です。

  さすが、最近はディズニープリンセスシリーズから
  ジブリ映画にハマっている長女だけあって
  セレクトがマニアック(笑)

  しかも、長女ちゃんは王蟲が可愛いらしい。

  その趣味は如何なものかとは思いますが
  喜ぶならまあいいか。
  いいのかなあ?

  あとはナウシカの愛機メーヴェを作りましたが
  こちらもリトル怪獣に即・叩き壊されました(/_;)

  この王蟲、風呂上がりのママに見せたら一言目が
  「うわっっ!」

  で、長女に聞こえないように
  「き。。。キモチワルイ」

  と、苦笑しておりました。
  ある意味長女の作戦は成功でしょうか。

  でも長女の嬉しがっている顔を見て
  「パパ上手だねー!王蟲可愛いね!」と言っておりました。
  さすが、母親の意地!素晴らしい(笑)

  昨日も長女の可愛い笑顔と次女の愛らしい怪獣ぶりを見れて幸せでした。

  しかし。。。自由人で怪獣でフードファイター予備軍な次女。
  行く末が少し心配です(-_-;)

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

【管理者用メニュー】

PAGETOP