昭島の歯科・歯医者【関歯科診療所】歯周病・予防の総合歯科治療 インプラント、矯正歯科、審美歯科、ホワイトニング

ブログブログ

前ページTOPページ次ページ
そんな側面もありますので。

掲載日:

  こんにちは。

 昭島市の関歯科診療所 院長 関豊成です。

 今日はちょっと面白いけど面白くない話です。
 この写真、拡大してよく読んで下さいね。
 
 しかし、暑い!

 患者さんの中にもこの猛暑で体調を崩されている方が
 少なからずいらっしゃいます。

 お大事になさってくださいね。

 では、本題。

  さて。

 皆さんは歯医者さんに限らず
 お医者さんでも
 美味しい食事を食べたい時でも
 就活でも
 どんな媒体を使用して情報収集しますか?

 最近ではネットで探したり情報収集することが
 殆どではないでしょうか。

 で、その情報収集するときに口コミって
 意外と気になさる方も多いようです。

 では、そこで問題。

 その口コミは誰が書いたものでしょうか。

 答えは、誰も分からないですよね。
 本当にそのお店や医院に行って
 感動して、または憤慨して
 それを他の多くの人にも教えてあげたいって
 本気でちゃんと書く人も沢山いるはずです。

 でも、こういう側面もある事を
 頭の片隅にいつも置いておくことも大切なことかと思います。

 さて、では一文づつ見ていきましょう(笑)

 『重要!!』
 →送ってきたこの会社の人には重要でしょうけど。。。

 『お世話になります。宮〇でございます。』
 →どこのどなたかも知りません。面識ないので『××(会社名)の宮〇と、申します。』
 が正解だと思います。

 『先日はご連絡させていただきましてありがとうございました。』
 →連絡来てない。

 『ネット上での口コミサイトに貴院のよい評判の書き込みをさせていただいております。』
 →どのサイトか具体例すらない。そもそも頼んでない。
 実際、各種口コミサイトを見てみたが、そんな事実すらない。
 。。。口コミが全くないサイトも多くてちょっと寂しかったのは本音ですが(苦笑)

 『口コミの内容はきちんとしたヒアリングに基づき』
 →医療提供者本人からヒアリングして口コミを出した時点でそれは《口コミ》ではなくなる。
 それを口コミ欄に出す時点で口コミを本当に必要としている人たちへの裏切りだし
 だからとても悪質だと思う。
 
 『事実ベースの投稿をさせていただきます。』
 →あくまで事実ベースで事実ではないのね?(いじわる(笑))

 『恐縮ながら、各地域限定1院となっているサービスです。』
 →何に恐縮してるの?
 どこをもって各地域と区切るのかその基準は?
 多摩地区なのか、昭島市なのか、松原町なのか、
 松原町1丁目なのか。
 ビジネスである以上、経常利益を出すのは至上命題。
 そんなこと、ちょっと考えればわかるのに
 こちらの知力を馬鹿にしてるとしか思えません。

 ツッコミどころ満載過ぎて
 この葉書が来た時は爆笑したんですが
 よくよく考えるとこれって結構大切な問題。

 こういう側面を知っているのと全く知らないのとでは
 だいぶ判断が変わってくる可能性はありますよね。

 全ての口コミ投稿が
 こういった業者などによる自演(他演?)とは思いません。
 本当に、心を込めて口コミ欄に投稿していらしゃる方が殆どだと思います。

 でも、こういう輩がいるという事も覚えておいて下さいね。

 こんな事が商売としてまかり通るという事は
 ニーズがあるという事でもあるんでしょうね。

 そんなバカみたいな事たくらんでる間に
 少しでも努力したり、真摯に働いたり、人の為になる事を考えてれば
 世の中ももう少し見られるものになるんだろうなー。

 はあ、こういうネタってうんざり。
 そういう人にもうんざり。

 ですね。

 僕らは真面目にコツコツ行きましょう(笑)

 では、また。

夏に向けて。

掲載日:

   こんにちは。

  昭島市の関歯科診療所 院長 関豊成です。

  さて、雨が降ったり風が吹いたり
  まあイマイチ落ち着きのない天気とは言え
  やはり晴れた日は本当に暑い。

  夏が来ましたね!

  昨日5歳になった長女はプールに川に忙しく遊びに行ってます。

  いいなあ。。。。なんて思ったりもしますが(笑)
  まあ、パパは頑張って働きます。

  では、本題。

  写真を見て頂ければ一目瞭然ですが

  ユニフォームを夏仕様に変えました。

  白衣と言えば白衣なんですが
  昔ながらの『白衣の天使』の様な白衣ではなく
  スクラブと呼ばれる白衣です。

  色を統一するのもなんとなく画一的で少し嫌だったので
  それぞれに好みの色を選ばせて
  結果、てんでばらばらな感じになりました(笑)

  それぞれ色はバラバラですが、チームとしての意識は忘れないようにと
  左腕に明朝体の『関歯科診療所』の文字をしっかり入れました。

  書体と言いちょっとイカツイ感じで
  ウチの若い子にはアンバランスかなーなんて思いますけど。

  でも、先代院長がつけた昭和の香りが残るこのネーミング
  僕は凄く好きで思い入れもあるので
  この名前にこだわって行きたいと思っています。

  ちなみに、受付はより受付らしく
  受付のプロフェッショナルを目指してもらいたく
  特別仕様。

  このデザインで腕に『関歯科診療所』の刺繍はさすがに合わないので
  入れるのは止めておきました(汗)

  さて、色とりどりの白衣が咲き乱れる関歯科診療所
  それぞれに越えなくてはならない壁がありますが
  それを乗り越えなければ次のステップに進むことも叶いません。

  むろん、僕自身も試行錯誤・七難八苦・七転び八起き状態ですが
  乗り越えます。

  結局は自分の強さを自分で維持し続けなくては
  モラルも維持できないし
  他人の為に生きる事なんて出来ませんから。
  
  人から褒めてもらうための仕事ではなく
  人の為になる事を喜びとするのがこの仕事。

  頑張りましょうか。

  皆さんも歯ブラシ、頑張って下さいね。

  歯ブラシは一番簡単に出来る
  最も効果の高い治療法ですよ。

  では、また。

  ちなみに。。。写真の僕の顔が半分以上ないのは写真をトリミングしたからです。

  写真を見直したら鼻がえらい曲がってるので
  「鼻が凄い曲がってるからもう一回撮り直していい?」
  とスタッフに聞いたら
  M花に「それは撮り直したところで。。。」と突っ込まれてしまいました。

  そりゃそーだ(笑)

新たなモチベーション。

掲載日:

  こんにちは。

  昭島市の関歯科診療所 院長 関豊成です。

  雷がめちゃめちゃ鳴ってますが
  僕は今日は原付で帰ることが出来るのでしょうか。

  無理かな。。。

  いつぞやみたいに
  顔が雨で痛くなっちゃうので
  止めときます。

  電車で帰ろう。


  毎月2人ずつ、西東京歯科衛生士学校の臨床実習生を
  受け入れている当院ですが。

  これがまた個性爆発な感じでなかなか面白い。

  今月の実習生は中でも勉強熱心で
  非常に僕自身がモチベーションを与えられました。

  既婚者でお子さんも4人(!!)お持ちで
  しかも旦那さんはアメリカの名門ロマリンダ大学でインプラント関連の
  研究員をなさっているという超変り種(失礼しました)。

  そんな中で非常にモチベーション高く
  ウチのスタッフを超えるくらいの学びへの熱心さを
  見せてくれていました。

  毎回、質問してくる内容が濃くて
  しかも質問をする前に必ず自分で調べ
  ある程度自分の中で答えを予想した状態で来るので
  僕の方も身が引きしまる思いでした。

  質問の内容がこれだけ濃いのは(少しジャンルは違いますが)
  最初の頃に実習に来た
  旦那さんが歯科医師の子以来久しぶりで
  なかなか毎日を楽しませてもらいました。

  最終日の今日は感謝状まで書いてきてくれて
  いやー。

  感激です。

  彼女たちの実習先だったという事を
  誇ってもらえるように
  更なる飛躍をこそっと自分に誓ってしまうのでした。

  今週末は、また大阪へ飛びます。
  たまには飛行機に乗りたいけど
  落ちたら怖いし
  お金高いので新幹線で行ってきます。

  頑張るぞう。

前ページTOPページ次ページ

【管理者用メニュー】

pagetop
042-544-7220