昭島の歯科・歯医者【関歯科診療所】歯周病・予防の総合歯科治療 インプラント、矯正歯科、審美歯科、ホワイトニング

ブログブログ

前ページTOPページ次ページ
卒業式にて。

掲載日:

  S子さんとのワンショット。

  卒業式後です。

  こういう場面に立ち会えるのは
  幸せなことです。

  自分の診療所のスタッフなら尚更。

  最高の時間でした。

  でも、これが自分の娘たちだったら
  泣いちゃうかも。。。

  しかし、やっぱり鼻曲がってるな、俺(笑)

卒業式と謝恩会。

掲載日:

  こんにちは。

 昭島市の関歯科診療所 院長 関豊成です。

 この休日は皆さんいかがお過ごしでしたでしょうか?

 良いお天気で、花粉を眼球と鼻腔にもろに感じながら
 それでも外に出て過ごされた方も
 多いのでは?(笑)

 僕もその口でした。

 父や祖父のお墓詣りに行って
 近況報告をしてきました。

 父が亡くなった直後は自分が一番しっかりしておかないと
 やらなくてはならない事、支えなくてはいけない人
 色んな事が目白押しで

 正直、悲しみも喪失感も苦しさも
 感じてはいましたけど
 自分を呑み込んでしまいそうな程ではなかったんです。

 でも、まだ色々と乗り越えなくてはならない事柄があるとはいえ
 少しづつ自分の周りの人や診療業務が落ち着いてきた最近になって
 恐ろしくなるほどの喪失感や悲しみに襲われる事が増えて
 ちょっと困ってます(笑)

 お墓詣り、もうちょい頻繁にいこうかな。

 ちょっとヘビーな話でしたかね。すいません。
 本題へ参りましょうか。明るく。

  さて。

  当院は20日・21日と連休とさせていただいたのですが

  連休初日は父と祖父のお墓詣り。
  その後、祖母に会いに行きました。

  僕の事は昨日は思い出せなかったようで
  「俺の事分かる?」と、聞いたら

  「分かるよ。背の高い良い男だろ」
  と、言われました。
  「で、何をやってる人だい?」とも。

  「ばあちゃんの孫で、今は歯医者になったんだよ」 
  と、言うと

  「あぁ、あぁ。歯医者の人ね」と。

  涙涙。

  で、連休二日目はといいますと。
  西東京歯科衛生士専門学校の卒業式に出席してきました。

  今月から既に当院で働いていますし
  スタッフブログデヴューも果たしていますが
  今年度卒業のS子さんの卒業式でもあります。

  まあ、出ないわけにはいきませんよね。
  いや、むしろ出席したいですよね。
  これから一緒に働くS子さんのご家族にも御挨拶したかったですし。
  
  と、言う事で卒業式に出席。
  自分が受け持った実習生たちの晴れ姿。
  意外に良いものでした。

  ただ、実習中は皆ほぼスッピンなのですが
  昨日は皆さんフルメイク。

  実習生の面影を探すのに苦労しました(笑)
  中には、『誰だ!!お前は!!』という位の変化を見せる(魅せる?)子もいたりして。

  女の子って怖いな。。。変化の振り幅が大きすぎて
  若干ついていけなくなっていました。

  卒業式後にはしっかりとS子女史のご家族に御挨拶。
  で、僕はいったんお家に帰りました。

  お昼ご飯を食べて
  娘をお昼寝させていたら自分も爆睡。

  あやうく謝恩会に遅刻するところでした。
  
  この謝恩会では
  S子さんや、国家試験の勉強を手伝ったT松さん
  ウチに実習に来ていたH田さんなどが実行委員を務めていて

  自分の顔見知りがそうやって皆の為に自分たちの為に
  必死に動いてる姿を見て
  あぁ、ホスピタリティに溢れてるこの子たちは
  これから良い衛生士になっていくんだろうなあと
  にやにやしながら楽しませてもらいました。

  彼女たちのAKB48(多分)の踊りも
  楽しかった。

  写真を撮りたかったですが
  36歳のおっさんが若い女子が踊っている姿を写真に収めていたら
  やっぱりちょっと気持ち悪いかな?
  と思って止めときました。

  学校の理事長や学校長、教務の先生などともお話を出来て
  今後の学生さん達への教育にまたいくつかのヒントを得ました。

  卒業生の子たちが
  僕にお酒をドンドン持ってきてくれるので
  しっかりお酒も飲ませていただきましたし
  総じて本当に楽しくアットホームで愛情にあふれた
  素晴らしい謝恩会だったと思います。

  彼女たちが歯科衛生士になる手助けを少しでも出来たのなら
  自分としても嬉しいなと思いました。

  今年の実習生も一生懸命自分に出来る限り
  指導していけたらと思います。

  卒業生の皆さん
  本当におめでとう!!

  ここからがスタートなので
  気を引き締めて頑張ってくださいね。

  プロ意識と誇りをもった衛生士さんになってください。

  そんな感じでダラダラ書いた今日のブログはおしまいです。

  では、また。 

30年ぶり。

掲載日:

   こんにちは。

  昭島市の関歯科診療所 院長 関豊成です。

  日に日に暖かくなってはいくものの
  風がやたら強かったり
  花粉が舞い踊っていたり
  急に寒くなったり
  なんというか『穏やかな日』が無いですね。

  僕の中の『春』というイメージからは大分かけ離れてます。

  梅が咲いて
  鶯が鳴いて
  そのうち桜が咲き始めて
  ああ、ぽかぽかしてきたなぁ。。。

  っていう日が欲しいです。
  なんとなく(笑)

  心の安息が欲しい。
  なんつって。

  本題いきましょうか。

  さて。

  先日、義妹が歯の治療に来ました。

  実家の傍の歯医者さんで治療を終了したばかりなのですが
  銀歯を被せたばかりの歯の周りの歯肉が腫れて痛いとのこと。

  来院してもらい、レントゲン撮影と歯周検査、触診視診を行った結果
  銀歯の適合が著しく悪く、また
  銀歯をセットした時の余剰セメントの除去が全く出来ていなかったため
  歯肉が炎症を持ち痛みを出していたのでした。

  とりあえず、その銀歯は除去した上で
  取り残された虫歯を全て取り除き
  コア用レジンで補強して形を整え
  仮歯を作ってあげました。

  で、治療の後で
  家族みんなで食事に行きました。

  場所は国立界隈をプラプラしていて見つけた
  『いたりあ小僧。』

  このネーミングがまた(笑)
  しかも看板には『イタリア風スパゲッティ』
  イタリア”風”!!

  ちょっと話はずれますが。
  実は、僕は小学校受験をした経験があります。
  
  その頃、この『いたりあ小僧』のそばの幼児教室へ通っていました。
  遠い記憶の彼方に、当時一度だけこのお店でパスタを食べた記憶がありました。

  で、今回ふらりと散策して見つけた際に
  (あれ?もしかしてこのお店知ってるぞ??)
  と、思い入店。

  店主の方にお話を聞いたところ
  創業35年。

  つまり、僕が幼児教室に通っていた時期には既にこの場所に開店していた。と。

  ウニクリームパスタを食しましたが
  非常にリーズナブルでボリュームもあり
  大変満足でした。

  なにより、幼稚園児だった頃の自分と母と妹と
  一緒に食事をした記憶を追いながら
  美味しくいただけたのが嬉しかった。

  しかも、自分の娘二人と一緒に。

  自分が昔から知っているお店や通い続けているお店が
  どんどん潰れてしまう昨今
  こういった体験は自分にとって非常に心癒されるものでした。

  関歯科診療所は自分の父が25年前に開設した歯科医院です。

  しかし、開業前も父の父(僕にとっての祖父)のもとで父は診療していたので
  患者さんとの付き合いは30年を超える方も結構いらっしゃいます。

  たまに、「先生が小さくて診療所をウロチョロしている頃から知ってるわよ」
  とか、患者さんに言われちゃったりします。

  「先生のお爺ちゃんの代から診てもらってるから、先生で三代目だよ。」
  とか。
  こうなると、もはや頭が上がりません(笑)

  で、ふと思う訳です。
  こういった患者さんをこれからも大切にしていきたいな。と。

  多分、祖父や父の人柄で来て下さっていた患者さんも多いのではないでしょうか。
  だから、僕も技術や知識もしっかり磨くとともに
  自分の人間性をもっと磨いて深みを出せるようになろうと思いました。

  患者さんの虫歯や歯周病を治したり入れ歯を作ったりするだけの診療所ではなく
  患者さんの心も癒せるような診療所にしたいなと思いました。

  頑張ります。
  とにかく、走り続けます。
  
  それだけの話なんですけどね(笑)
  では、また。

前ページTOPページ次ページ

【管理者用メニュー】

pagetop
042-544-7220