• ホーム
  • ドクター紹介
  • 院内感染予防と最新の医療機器
  • 診療案内
  • アクセス
  • 症例
  • 自由診療料金表
  • クリニックブログ
  • 採用情報

クリニックブログ

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

11×11の小宇宙。

掲載日: 

     こんばんは。

  今日の午前は娘ちゃんの
  誕生日プレゼントを買いに
  お出掛けしました。

  誕生日自体は来月ですが
  これから毎週のように休みが無くなるので
  今日しかチャンスが無かったのです。

  唯一の趣味になりそうだった釣りは
  最近全く行けず。

  あの、のんびりした時間を
  また味わいたいなあ。

  娘ちゃんは
  プレゼントに大喜び。

  昨日は妹夫婦からもプレゼントを貰い
  2日連続の僥倖に半狂乱。
  と、まではいかないけど
  大喜びでした。

  で、今日のネタは
  本日午後の話。

  豊成です。

  さて。

  先日、僕はちょっとした買い物をしました。

  七輪です。
  大きさは11×11cm。
  本当に小さな小さなものです。

  ずーっと前から、
  今住んでいるマンションが1階で
  庭があるので
  ここで何かを炙りつつ酒をやるのが
  夢だったのですが。

  バーベキューセットを
  いちいち自室の押し入れから出してきて
  セッティングして、炭火を大量に熾して
  なんて面倒だし
  後始末も大変。

  でも、この小さな七輪なら
  熾す炭火も少量。
  出る煙も少量。
  焼ける量も限られているから
  ドカ食いもしなくて済む。

  休日の昼下がりに
  日光浴をしながらイッパイやるには
  もってこいだと思い
  購入したのです。

  ちなみにお値段は990円也ー。
  ガシャガシャチーン。
  安物買いの銭失いになりませんように。

  で、娘ちゃんのプレゼント購入の帰りに
  ちょっとお店へ寄って
  エビとシシャモを購入。

  その、エビの写真が今日の写真です。
  エビに合わせたのはどぶろく。

  飛騨のお酒です。
  海の幸に山の酒。
  オツってなもんでしょー。

  いやあ。
  これがね、美味しいの。
  もー、美味しいのですよ。

  北海道でボタンエビを食べた時の衝撃は
  そりゃもう計り知れない位のものでした。

  それに比べると、まあ普通の感動でしたが
  でも、感動しました。

  エビは、生食用を敢えて購入し
  少し炙って半生位でいただきました。

  普段、あまりお酒は飲まないのですが
  今日はイケるイケる。
  うふふふふふ。
  どぶろく完飲致しました。

  美味しかったなあ。
  幸せな気分に
  一瞬浸ることができました。
 
  釣りは行けてないけど
  まあ、良しとしますか。

  あ、ちなみに写真のぐい飲みは
  僕の作です。

  実は中学3年生の時
  夏休みを丸々潰して
  陶芸家の先生に弟子入りしていまして。

  で、今でも時々思い出したように
  ちょっとやります。

  ろくろを回して土を触っているあの時間も
  至福です。

  どぶろくで見えないけど
  ぐい飲みの底に釉薬を塗って
  青く透けてる液体が入ってる様に仕上げました。

  結果は、ただ青いだけ。
  その失敗も、杯を空けて中を覗く度に思い出す
  良い思い出ですね。

  もーう、さすがに眠いので
  寝ます。
  
  おやすみなさい。
  豊成でした。

ウチの子がんばってます。その2

掲載日: 

     こんにちは。

  天気は良くて涼しい。
  これ、最高ですよね。

  でも、また明日から暑くなるとか。

  うーん、暑いのは
  脂肪野郎の私には大敵なのです。

  スタッフに
  「先生あつっっ!」
  とか言われちゃうし。

  ブヒブヒ。
  そういえばかつて
  誰かさんに
  「ブタ。」
  って言われたっけなあ。

  あの頃よりは今の方が
  痩せてます。うふ。

  なつかしい...

  豊成です。

  さて。

  先日21日に
  ウチのスタッフ
  C枝蔵、Tリーナ、Mキーの三人が
  コミュニケーションについてのセミナーへ
  参加してきました。

  本日の院内ミーティングにて
  その内容を発表してもらいましたが。

  よくまとまってたんじゃないでしょうか。

  ちゃんと聞いてきたんだなってのが
  よく分かりました。

  ただ、こーゆーのって
  聞いてるだけじゃあダメで。

  ちゃんと自分たちの職場や環境に置き換えて
  教わった事や吸収したことをすぐに実行に移さなければ
  結局綺麗に忘れて、はいそれまでよ。
  です。

  まだまだ女子力・人間力の伸び代はあるはず。
  セミナー行って頑張ったのは認めます。

  でも、本当の頑張りは
  これから。

  頑張れ、皆。

  豊成でした。  

言葉の裏に。

掲載日: 

     こんばんは。

  今日は涼しい一日でしたね。

  雨も弱まり、
  雨男の汚名返上。

  とはいかないまでも
  過ごしやすい日だったので
  最近徐々に太くなる
  ワタクシとしては
  非常に助かりました。

  雨男、豊成です。

  さて。

  今日はいつもの木曜と同じ、
  本厚木で勤労してました。

  自分で勤労って言うのもなんか変な...
  まあいいか。

  で、

  僕はいつもここで書いている通り
  患者さんに恵まれているわけです。

  それは、関歯科でも
  小林歯科でも、同じ。

  その中のお一人が今日いらっしゃいまして
  右下の一番奥の歯に
  セラミックの白い被せモノを入れたのですが。

  彼女、最近全身状態が芳しくなかったというか
  調子が悪い日が続いていて
  僕も少し心配をしていたんです。

  どんな患者さんでも治療開始前には必ず挨拶をして
  一言二言交わすのが僕の信条なんですが
  今日の彼女も治療前に体調の話をしました。

  その時に出てきた彼女の一言に
  僕は凄く感銘を受けました。

  「この年齢ぐらいになると
  一つ歳を頂く毎に一つどこかが悪くなるのよねぇ。」

  どこに感銘を受けたのか。

  分かります?

  「歳を頂く」
  という表現です。

  何事にも感謝の気持ちを持っているからこそ
  出てくる言葉だと思ったのです。

  歳は
  食ったり
  取ったり
  重ねたり。
  そういう概念しかなかった自分が
  ちょっと恥ずかしくなりました。

  言葉の使い方って
  面白いです。
  その使い方一つで
  こんなにも綺麗な響きになるんだなあ。と
  感心しちゃいました。

  僕は、こういった言葉遣いから垣間見える
  その人の優しさや学識・教養、情熱など
  そういったものに触れられる事も
  幸せな環境だなと、自分で思います。
  
  ただ、僕の言葉も
  僕の人間性が反映されているとしたら...

  ぞっとしません。
  まずいですね。非常に。

  もっと自分磨きに精を出さなくては。
  緩やかでも、確実に。

  では、今日はこのへんで。
  お疲れ様でした。

  豊成でした。

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

【管理者用メニュー】

PAGETOP