昭島の歯科・歯医者【関歯科診療所】歯周病・予防の総合歯科治療 インプラント、矯正歯科、審美歯科、ホワイトニング

ブログブログ

前ページTOPページ次ページ
無題。

掲載日: 

     こんにちは。

  今日はとりあえず短め。

  レイ ハラカミさんが亡くなりましたね。

  彼の音楽もよく聞いていました。
  まだ40歳。

  今年は、なんだか悲しいニュースや
  やりきれないニュースが
  多い気がします。

  自分の心が老けこんだから
  相対的にそう感じるのか、

  それとも本当に絶対数が増えたのか。

  そんなこと、統計取る気にもなれない。

  伊良部さんも亡くなったと
  昨日のニュースで知りました。

  生前、あれだけバッシングしていたマスコミが
  各社そろって神妙な面持ちで報道している姿に
  やっぱり疑問を抱かずにはいられませんでした。

  死人に鞭打つ様な事をしろと言っているのではなく、
  生前にあんなバッシングを招く報道を
  する権利が彼らにあったのか。と思っちゃうんです。

  訳知り顔で平然と他人を批判する
  コメンテーター達。
  自分こそが正義みたいな面ぶら下げて
  他人の失敗や到らなさを
  狂喜乱舞してあげつらうリポーターや
  その他有象無象たち。

  そう言う僕も
  マスコミ批判しているわけだから
  彼らと変わらないのかも。

  でも、物事には限度とか境界とか
  なくちゃいけないじゃないですか。

  もっと、人に優しくなれないもんですか?

  責任とか、義務とか、権利とか
  それらの言葉の意味を
  履き違えている様な
  そんな気がします。

  亡くなってしまった方々に
  心よりご冥福をお祈りいたします。

  超個人的な思いです。
  不愉快な思いをさせてしまっていたら
  ごめんなさい。

  短めって言ったのに、長いし。

  でも
  もっと、皆が皆に優しくてもいいのに。
  お互いに興味を持てばいいのに。

  と、思ってしまいます。

  では、豊成でした。

Man shall not live by bread alone.

掲載日: 

     こんにちは。

  昨日は本厚木からの帰りに
  ドシャ降りの被害を受けました。

  いやあ。まいった。

  駅を降りて
  自宅へと歩みだした途端に
  ドザァーっと来ましたから。

  ここまで天気運無いか?!
  と、一人半笑いで家路につきましたとさ。

  わはは。

  笑えない。
  豊成です。

  さて。

  今日の題名は
  『人はパンのみにて生きるにあらず』
  の英文です。

  かっこいいでしょ?
  英語=カッコいい
  という方程式が頭の中で成り立っていること自体
  カッコ悪い気もしますが。
  そこは置いといて。

  昨日は冒頭でお話しした通り
  本厚木勤務でした。

  で、その昼休み。

  J-Manが差し入れを持ってきてくれました。

  カレーパン。
  それは魅惑の食べ物。
  パン界のAmber(琥珀)。
  それはパンとカレーの相乗効果。
  1+1=∞
  みたいな。

  言いすぎ?

  見て下さい、このカレーパンらしい形。
  美しい。
  カレーパンマンも真っ青。
  そして味。バリウマー!!

  女子力、半端なく持ってるよね。

  人はパンのみにて生きるにあらず。
  でも、僕はこのパン好きです。

  なんだかほぼ毎週
  小林歯科でなにかしら食わせてもらってるような...

  ひそかに俺を肥えさせようとしてるな?
  そして肥えた所を豚カツにして食らうつもりか??

  なんちて。

  いつも美味しいものありがとう。
  ゴチになりました。

  今度は僕もなにか持っていかないとなぁ。

  ま、あんまりハードル上げずに
  待っててね。

  では、豊成でした。

嫁に行く。

掲載日: 

     こんにちは。

  今日も暑っついですなあ。
  今年は猛暑となるのでしょうか。

  昨日はまたもや業者さんと
  リフォームについて打ち合わせ。

  まあ、軽く確認作業みたいな感じでしたが。

  でも、この確認作業で
  再度図面を見ながら
  リフォーム時に
  気をつけなくてはならない事や
  建築士さんともう一度話さなくてはいけないことなど
  色々と出てきたので
  ありがたかったです。

  彼はこのブログを読んでくれているそうで
  この場を借りて御礼申し上げます。

  いつも懇切丁寧な説明とフォロー
  ありがとうございます。

  そろそろ本当に
  飲みに行きますか。

  お互い、愚痴だらけになりそうだけど(笑)

  豊成です。

  さて。

  今日の午前中
  久し振りに患者さんのMさんが
  来院されました。

  彼女、既に米寿を越えてます。

  最近までは腰痛が有りつつもお元気だったのですが
  最近足を悪くされて
  歩くのもかなりキツいそうです。

  で、体重の激減に伴い
  義歯が合わなくなってしまったため
  内面を合わせて欲しいとの事でした。

  Mさんと僕の付き合いは
  まだ5年位。

  僕が関歯科に帰ってきて
  院長の手伝いを始めたころからですが

  Mさんと『関歯科』との付き合いは
  もはや数十年の歴史があります。

  僕の祖父、父、僕と三代に亘って
  Mさんの治療をさせてもらってます。

  初めて僕が彼女の治療に携わった時
  彼女は「三世代にも亘って治療してもらえて光栄だわ。
  長生きするもんだね。」
  なんておっしゃっていて、
  僕が、「じゃあ目指すは四世代だね!」
  と言うと
  「頑張るけど。さすがにそれは無理だわ。」
  と笑っていました。

  で、今日。

  「体の方は調子どうなの?」
  と聞くとMさんは
  「もういかんね。もうすぐお嫁に行く。」
  と言って上を指さしました。

  お婿さんは神様なのか、昔の恋人なのか、先に亡くなった旦那さまか。
  とにかく、もうすぐ上に行く、と。

  「日取りは決めてないけどね。」
  だって。

  僕は笑って
  「まだ嫁にはいかせられないよ!」
  と言いましたが
  ちょっと寂しかったし悲しかったかな。

  Mさんはとても素晴らしい年の重ね方をしていると
  僕は思うのです。
  初めてお話をさせてもらった時から
  本当にそう思っていました。

  自分の事は自分で極力するし
  人様の迷惑にだけはなりたくないけど
  最低限お医者様にはかからなきゃならないから
  感謝しています。とか。

  『老いの才覚』を地で行く人だと思うのです。

  そういう人がこの日本から居なくなっちゃう事も嫌だし
  そもそもMさんが居なくなっちゃうのが凄く嫌でした。

  だから、せめてご飯はストレスなく食べてもらって
  少しでも体力をつけてもらいたいと思って
  必死で義歯を直しました。

  あの義歯でご飯を食べて
  また元気な声で
  「若先生!梅干し漬けて持ってきたから!」
  って診療室のドアを開けてきて欲しいなあ。

  どうか元気で長生きしてもらえたら。
  本当にそう思いました。

  今日はちょっぴりセンチな話。

  では。豊成でした。

前ページTOPページ次ページ

【管理者用メニュー】

pagetop
042-544-7220