• ホーム
  • ドクター紹介
  • 院内感染予防と最新の医療機器
  • 診療案内
  • アクセス
  • 症例
  • 自由診療料金表
  • クリニックブログ
  • 採用情報

クリニックブログ

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

愛しのリサ。

掲載日: 

     こんにちは。

  今日はこんなに天気が良いのに
  明日はホントに雨なんですかね。

  釣り、どうしようかなあ。

  奥様もあんまり良い顔しないし
  かといって
  家でじっとしていたら
  また頭の中を
  色々と考えがめぐって
  おかしくなりそうだし。

  ふむ。

  困ったな。

  豊成です。
  
  さて。

  リサとは何者か?

  高圧蒸気滅菌器です。
  治療に使用する機材を滅菌する装置。
  その、商品名。

  これが柔な名前とは裏腹に
  結構な強力マシーンなんです。

  滅菌器にはクラスがあります。
  ランクですね。

  何によってランクが決定されるかといいますと
  その滅菌能力です。

  当り前か。

  クラスBが現時点の最高ランクで
  その下がクラスS、
  更にその下にクラスNと続きます。

  名前だけ聞くと
  BよかSの方がランクが上っぽいですけどね。

  クラスNは包装されていない被滅菌物の滅菌が
  可能とされていますが
  即時使用が必須です。
  つまり輸送や保存をする事は不可
  と言うわけです。

  次のクラスS。
  これはメーカーが指定したものしか
  滅菌が出来ないというもの。
  ただし、メーカーの指定通りに滅菌を行えば
  保存可能。

  最後にクラスB滅菌器。
  あらゆる種類の被滅菌物を安全に滅菌可能で
  保存ももちろん可能。

  そして、医科の世界ではクラスB滅菌である事が標準で
  ヨーロッパに於いてはクラスS以上の滅菌システムでないと
  その歯科医院は診療する事すら許されていません。

  いずれは歯科領域においても
  クラスB滅菌が標準になるのでは、と言われています。

  つまりは、感染に対しての予防という観点からも
  国ぐるみ組織ぐるみで見方が厳しくなってきている
  という事ですね。

  と言う事で
  当院も滅菌器をクラスB滅菌システムへ
  変えました。

  裏事情を言えば
  どうしようかなって迷っている時に
  滅菌器の調子が若干良くなくなってきたので、
  じゃあ思い切ってクラスBに変えよう!

  絶対これからは必須になるし
  導入してもっと良い歯医者さんを目指せるし。

  って感じで入れたんですけどね。
  
  でも、入れて良かったなって
  本心から思います。
  安心できますしね。

  患者さんにも今まで以上に
  安心して治療を受けて頂けるんじゃないかなと。

  だから、愛しのリサ。
  正式名称Lisa。

  個人的には鼻ぺちゃな日本人の方が好きですけどね(笑)
  (あんまこういう事は言わない方がいいかなJ-man?
  人格疑われちゃう?)

  ただ、自分の診療所の売りが
  滅菌システムだけ
  なんて残念な事にならないように
  診療も今まで以上に精度を高めていきますけど。

  では、豊成でした。

岐路。

掲載日: 

     こんばんは。

  今日は暑かったですね。

  今日のお昼休みに
  いわゆるデザイナーさんと
  お話をする機会がありました。

  異業種の方と話をするのは
  楽しくて刺激的です。

  今日は自分の話ばかりしてしまった感がありますが。

  プロ意識の高い人と話すのは
  とっても楽しくて
  非常に刺激的。

  とても良い時間でした。

  自分の話ばかりしていた気がしますが。

  自分大好きかーい!!

  そこそこ好きです。

  豊成です。

  さて。

  今日、僕は自分の人生(今までとこれからと)の中でも
  五本の指に入るであろう大きな決断を
  しました。

  いわゆる
  人生のターニングポイント。
  そのうちの一つだと思います。

  情報や資料を集めて
  自分なりに検証して
  気の済むまで話を聞いて、見て
  悩みに悩んで
  出した結論でした。

  時々、思ってきた事があります。

  年長者は
  「君はまだ若い。可能性は無限大だ。
  これからいくらでもやり直せるじゃないか
  だから、今自分がやりたい様にやってみろ。」
  とそんなニュアンスの事を
  若い世代に言う事がありますね。

  ストレートに言えば
  「嘘つけ。」
  って思います。

  どんな年齢でも
  何かの選択を迫られた時
  本人が本気であればあるほど
  選択肢は限られてきて
  その限られた縛りの中で
  それでもその時にベスト(またはモアベター)だと思える選択肢を
  無理矢理にも選ばなくてはならない事の方が
  多いと思うんです。

  いつだって選択肢は
  そんなに多くはなくて

  しかも、なにかを選ぶ事で
  誰かを傷つけたり
  失望させてしまったり
  
  そして、その出来事は
  大抵の場合
  取り返しがつかなかったり
  大きな影を自分や相手の心に落としたり
  するんです。

  そう、思います。

  逆に、だからこそ
  自分はなにかを選択する時に
  適当には選べないし
  選んではいけないとも思うんですが。

  そして、選択肢が
  複数ある事に感謝しなくては
  いけないのかもしれません。

  更に言えば
  僕の選択を
  最終的には受け入れてくれる
  そういう人達が存在する事にも
  感謝しなくては。

  やはり、僕は
  『人』
  に恵まれています。

  出来れば
  大好きな人や
  大切な人を
  誰一人傷つけることなく
  失望させることなく
  生きていければいいのだけれど。

  大きな大きな決断をして
  本当は心の重荷が一つ消えるはずの今日

  僕はまた一つ大人になって
  その代わりに
  また一つ何かを背負った様な気がします。

  自分の力の無さを
  痛感させられた一連の出来事でした。

  精神力
  体力
  経済力
  知力
  人間力

  力が欲しいです。
  どんなことにも揺るがない
  拠り所が自分の中に。

  抽象的で
  あまりにも分かりづらい文章ですね
  今日も。

  多分、多くの人は
  僕が何に悩んでいたのかを聞いたら
  爆笑するのかもしれません。

  え?そんな事で?
  って。

  でも、僕にとっては大きな出来事でした。

  とにかく、僕は前に進む事を
  決めました。

  後は、その決断を受け入れてくれた
  人達の思いを無駄にしないように
  一歩一歩確実に
  前進するのみ。

  皆様、明日からも頑張りましょう。

  では、豊成でした。

人間関係と利害関係。

掲載日: 

     こんにちは。

  なんか、皆仲良くって
  意外に難しいですか?

  僕が甘かったかなー。

  それぞれにしっかりと仕事をこなせば
  そこ以外では仲良く。
  仕事は例えストイックだとしても。

  と、いうのが理想でした。

  今も理想です。

  でも、それぞれが自らの仕事を
  しっかりすればするほど
  利害関係の不一致がでてきて
  どうにもならない事って
  あるものなんですね。

  その上、しがらみとかもある訳で
  自分の判断や思いだけでは
  どうにも出来なかったりして。

  ちゃんと分かっていたはずだけど
  ちゃんと分かっていなかったのかも。

  少し、凹み気味かな。

  理想と現実
  その違いは大きいのかもしれません。

  だからって簡単に諦めるほど
  出来た人間ではありませんから。

  比較的、頑固者だし。

  なんのこっちゃ?
  ですよね。

  すいません。
  愚痴だな、これじゃただの。

  では、豊成でした。

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

【管理者用メニュー】

PAGETOP