• ホーム
  • ドクター紹介
  • 院内感染予防と最新の医療機器
  • 診療案内
  • アクセス
  • 症例
  • 自由診療料金表
  • クリニックブログ
  • 採用情報

クリニックブログ

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

無計画?それは駄目です。

掲載日:

     こんにちは。

  自分が生きてるうちにこんな大災害を
  目の当たりにするなんて。
  教科書の中での出来事でしかなかった事が
  自分の目の前で起こる事の怖さ。
  地震大国なんて、言葉の上でしか
  認識してませんでした。

  多分、皆さんの大半が
  そうだったのではないでしょうか。
  だからこそ、保存食やランタンや懐中電灯が
  飛ぶように売れてるんだと思います。

  これからは、もう少し災害時の備えを
  考えてみようと思います。  
  
  この災害の件に関しては、言葉がありません。
  
  ただただ、被災した皆さんを想うばかりです。
  
  こんな状態のなか、
  嫌なニュースを耳にしました。

  義援金を名目とした振り込めサギが
  横行してるらしいですね。

  自分がコツコツ努力して貯めたお金を
  被害を受けた方々への気持ちと共に
  渡してあげたいと思う心を
  なんでそうやって踏みにじれるのか
  理解に苦しみます。

  自分や、自分の家族が同じ目に会ったら
  どう思うかなんて、
  そういう想像力もない人達なんでしょうけども。
  
  是非とも想像していただきたいですよね。
  
  人は、他人の為にこんなにも優しくなれるんだと
  酷い状態の中で救われた気にしてもらった矢先

  人は、他人にこんなにも酷い仕打ちを出来るのかと
  嫌な気分にさせられるニュースでした。
 
  自分は、そういう類の人間にはなりたくありません。
  ならない様に。
  常に気配りを忘れない様に。
  豊成です。

  さて。

  なんだかお久しぶりです。

  それもそのはず、ワタクシ入院しておりました。
  すいません。
  我が身の不徳と致すところ、深く恥じております。

  歯科医師として自らの知識とスキルを磨く事に目覚めて5年。
  目覚めさせてくれたのは小林和一先生を筆頭に
  英史先生、友貴先生ですが、そこはまあ散々話しましたもんね。

  この5年間は僕にとって
  歯科医師としての成長期だったと思います。

  やればやる程、自分の中の知識とスキルが
  伸びていくのが自分で実感出来ましたし、
  やればやる程、もっと上手くなりたい
  もっと綺麗に治してあげたい、
  もっと色々出来なきゃいけないと思うようになりました。

  だからこそ休みもそこそこに色々と勉強に励んできました。

  が。
  
  人間、適度に休みは必要な様です。
  体がへたってしまいました。

  そこで、入院とあいなった訳です。
  2週間は強制入院。
  その後様子を見て延長するか決める、と。

  現在は一時帰宅で様子見です。
  僕が入院している間、患者さん方には
  ご迷惑をおかけしました。

  入院する事を正直に話そうかどうしようか、
  スタッフとも相談して、
  結局、お叱りを受ける事を覚悟で正直に話す事にしました。

  予約が、少し先に延びてしまう事も含めて。

  僕は本当に良い患者さんに恵まれていると
  感謝しています。

  誰もが皆さん、嫌な顔一つせずに
  僕を病院に送り出してくれました。  

  僕が治療終わりに患者さんに
  「お大事にどうぞ。」
  と声をかけると、逆に
  「先生がお大事にね!」
  なんて言ってもらったり。

  「働きすぎも程ほどにしないと駄目よ。
  私たちは先生が居なくなっちゃう方が困るんだから。
  少しは休んできなさい。」
  なんて優しい言葉をかけていただいたり。

  ありがとうございます。
  完全復活まであともう少し。

  また頑張って精一杯治療するので、
  それまで今しばらく時間を下さい。
  宜しくお願いします。

  何事も計画的に行わないと駄目ですね。
  ○京電力の無計画停電の様にしてると
  あまりに多くの方々にご迷惑をおかけする羽目になります。

  今回の事で、僕はそれがよく分かりました。
  いくつになっても、学ぶ事は多いです。

  関歯科、小林歯科、どちらのドクター・スタッフ陣にも
  ご迷惑をおかけしました。
  大変な時期に入院してしまって
  空気読めない男になってしまいました。
  すいません。
  そして、ありがとうございます。

  ここからまた再スタート。
  今度は自分なりのペース配分で成長していけたらと
  思います。

  これからも、皆様、どうぞ宜しくお願いします。

  では、豊成でした。

甘味処。

掲載日:

     こんにちは。

  民主化の波、中国にまで飛び火するかと
  思いきや。

  やはりそう簡単にはいかないものですね。

  その善悪はさて置き
  中国政府の一貫した統制は
  やっぱり凄いんだなぁって思います。

  旧ソ連や中国などの
  社会主義・共産主義国家よりも
  よっぽど経済的に社会共産主義っぽいなぁ
  と思うのは日本なんですけどね。

  横並びを愛するというか...

  僕?
  僕はどうですかねえ。

  うーん、考えた事なかったな。
  とりあえず現在の日本の政治家よりも
  真面目に正直に生きてます。

  日本の政治家と比べれば
  世の中の大半の人が真面目で正直か(苦笑)。
  豊成です。

  さて。

  ここのところ
  立て続けに老若男女問わず女子から
  頂き物をしているワタクシ。

  ふふふ。もててるぜ。
  なんつって。
  実際は僕だけが貰ってるわけではないんですが。

  そんな訳で今回も頂き物のお話。

  先日、診療中に少し疲れが表に出てしまった時の事。
  T枝ちゃんが一言。
  「クッキーありますよ。食べます?」

  さすがに診療時間中なので
  その場は遠慮したのですが。
  気になったので、しばらくしてから聞いてみる。
  豊「手作り?」

  実は、うちにも3名のお菓子作り職人が居るんです。
  Y花ちゃん、T枝ちゃん、そしてうちの奥様。

  お世辞ではなく、この3人の作るお菓子やケーキは
  美味しいんです。

  案の定、その日のクッキーも手作りとのこと。
  豊「...診療終わったら頂戴。」
  タカトリーナ(以下タカ)「先生の分はありませんねー。」

  おっっ、この。
  どこから出てきた。
  しかも自分で作ってきたわけでもないのに、こんにゃろめ。

  そんなタカの横やりは気にも留めず
  しっかりT枝ちゃんからクッキーいただきました。

  しかも、3個も。
  スノーボールとかって言うらしいです。

  冒頭の写真がそれです。
  めちゃめちゃ美味しかったですよ。

  うむ、余は満足じゃ。
  また作ってきてねー。
  みんな、いつもごちそうさまです。ありがとう。

  豊成でした。

電子書籍。

掲載日:

     こんにちは。

  新しい携帯電話をゲットしました。

  しかし最近の携帯の値段って高くないですか?
  しかも、店頭に表示されている値段は
  機種変更時の値段ではなく
  新規購入時のもの。
  
  機種変更時は新規購入時の1.5倍はするのに。
  ちょっとしたサギか?と勘繰りたくなるのも人情では?

  それに、現在使用している人間よりも
  他社から乗り換えようとする人間に
  金銭的な優遇を図っているあたりも
  納得がいきませんので。へい。

  まあ、慣習に則る事が正義と同義の会社って
  多いですもんね。
  そういう社会だし。国民性も。

  かく言う自分だって
  保守的な一面は色濃く持ち合わせているし。

  なかなか物事を『変える』というのは
  難しいですよね。
  
  診療室のハード面、ソフト面
  色々と変える必要に迫られるなか
  なかなか上手く行かない事が多い豊成です。
  
  負けねーぞっ!!と。

  さて。

  新しい携帯を購入した理由ですが。

  1.勝手に電源が落ちる。

  2.急にメールの着信音が鳴る。
    もちろん、メールは来てないのに。怖い。

  3.携帯のカメラの画素数に不満。

  4.新しいもの好きな自分。

  以上の理由をもちまして
  携帯電話を新しく購入した次第でして。

  デジカメも何年も前の安いものだったので
  綺麗な写真が撮れる携帯を持てば
  問題は全て解決!

  と、思ったんです。

  いやあ、綺麗ですねえ。
  1200万画素。

  僕が持ってた旧携帯とデジカメの画素数を足しても
  1200万の足元にも及ばない程の画質の違い。

  テクノロジーって、素敵。

  そんなこんなでここ数日、有頂天な僕ですが
  更に便利な機能を発見。

  今の時代、電子書籍なんてものがあるのですね?
  知らなかったよー。

  しかも、今回買った携帯でも
  購読が可能のようでして。

  うふふ。
  これでもう、某奥様に「本を買うのやめたら?」とか
  「どこにしまうの?」とか
  「そろそろブックオフじゃない?」とか
  「また買ってきたの?」とか
  「しまってある本はまた読むの?」などという事は
  言われる心配がなくなるぞっと。

  ふははははははははははー!
  
  あ、奥様は僕が本を読む事には理解を示してくれてますよ。
  ただ、僕の整理整頓が...ね。

  話を元に戻して。
  と、ここで気になったのは
  著作した作家さんたちの印税の事。

  先日も新聞に、ある作家さんが自分の本の巻末に
  図書館への新刊をすぐに購入して図書館に置かないで。
  と言う類の『お願い』を載せたという記事が出ていましたよね。

  印税は自分が書いた本への報酬だけでなく
  次回作を書くための取材費などにもなるので
  これは大切な問題だ、と社説にも出ていました。

  では、電子書籍は?
  と、少し心配になってしまったのでした。

  僕にとっては本を読む時間は
  極上のゴールデンタイム。

  それを享受しうるのは
  素晴らしい物語を提供してくれる作家さん達が居てこそ。

  その彼らにモチベーションの一因となる
  印税が入らないのは由々しき事態。

  どうなんだろうか。

  ちゃんと印税入るといいなあ。
  やっぱり、働く上でモチベーションは大切ですよね。

  仙人じゃあるまいし、現代社会で生きる為には
  お金は必須ですし。

  良い文章・本には綿密な取材が大切だと聞きますし。

  電子書籍の購読前に少し調べてみようかしら。
  でも、紙を繰る時のあの感触も
  素晴らしいんだよなあ。

  今日も変な事をつらつらと書いてしまいました。
  すいません。

  では、また。豊成でした。

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

【管理者用メニュー】

PAGETOP