昭島の歯科・歯医者【関歯科診療所】歯周病・予防の総合歯科治療 インプラント、矯正歯科、審美歯科、ホワイトニング

ブログブログ

前ページTOPページ次ページ
「咬合」を診る!!

掲載日:2018/02/02

こんにちは!
昭島市の歯医者さん 関歯科診療所の歯科衛生士の山辺です。

気付けば年が明けて1ヶ月が経ってしまいましたね。大人になってからは月日が経つのが本当に早く感じます。もう大人になってからだいぶ経ちますが…。
子供がいると尚更かもしれません。

昨夜からの雪で足元がたいへん滑りやすくなっています。
来院の際は足元にお気を付けください。

少し前のことになりますが、JCPGという当診療所が所属してる勉強会のレベルアップセミナーで院長である関先生が歯科衛生士の為に「咬合についてすっきりしよう!」という演題で講演をしてくださいました。

院長は臨床において患者さんの「咬合」をとても細かくみています。たとえ患者さんの訴えが「奥歯が痛い」ということでも問題がそこだけにとどまっているとは限りません。また、その症状が咬み合わせのバランスから起きていることも多々あるのです。お口の中は「歯」だけを診るのではない「一口腔単位」で診る必要があるのです。
ですから、細かい「咬み合わせ」を診ることはその「歯」を治すことにつながります。

しかし、安達先生もおっしゃっていましたが、「咬み合わせ」は本当に奥が深くとっても難しいことなんです。ですが、私達歯科衛生士にも必要な知識であることには間違いありません。

歯周基本治療中、虫歯の治療中、義歯の治療中、検診中などなど‥至る所で患者さんの「咬み合わせ」を細かくみて確認する必要があります。
まだまだ、初心者ではありますが患者さんの「咬み合わせ」を診ることで患者さんの変化や治療に必要な情報を把握し分かるようにならなけばいけないと思います。

歯科衛生士としてまだまだ成長中!!
若い歯科衛生士たちに負けないように色々吸収し、臨床を学びの場として日々努力しなければ!と毎日奮闘しております。

「咬み合わせ」でお悩みの方!ぜひ当診療所へ起こしください。
今まで解決できなかったお口の中の悩みが解決できるかもしれません!!

それでは昭島市の歯医者さん
関歯科診療所 歯科衛生士の山辺でした

雪は大丈夫でしたか?

掲載日:2018/01/23


 こんにちは。

 昭島市の歯医者さん 関歯科診療所の院長 関豊成です。

 昨日は久しぶりの大雪。
 雪が降ると子供は大はしゃぎですが
 我々としては気が重かったりします。

 雪掻きせねばイカンなあ。。。
 スタッフが帰れなくならないかなあ。。。
 でも患者さんが雪の中いらっしゃるならスタッフを帰す訳にもいかんし。。。

 などと思案を巡らせるわけです。

 ただ関歯科診療所はなんというか本当に人財に恵まれていて
 皆、自分が出来る事をやりますよー!というスタンスなので
 助かります。

 だから、力を必要とする雪掻きは自分がやろう!と
 気持ちよく出来るわけですね。

 差別はダメだけど
 区別は必要。

 女の子の方がやっぱり力は弱めなので
 そこは(一応は)男のワタクシメがやりましょう!!

 ということで昨日コツコツ雪掻きをしておきました。

 数年前の大雪の時に学んだ事は
 少しづつ雪かきをしていた方が一気に雪掻きをするよりも疲労は少ないということ。

 なので、昨日は何度も空き時間を見つけては雪掻きをしておりました。

 結果。。。

 今朝は殆ど雪掻きを必要とせず
 でもしっかりと車道から駐車場に至るまで除雪できております。

 褒めて下さい(笑)

 患者さんが転ばない様に。
 駐車しやすい様に。
 診療所の前を安心して歩行者の方々が歩ける様に。

 やっぱり、人の為に動くという事は気持ちが良いですね。

 皆さん安心して御来院くださいね。

 あ、でもノーマルタイヤでお出掛けはしないで下さいね。
 当院の前は雪は無くても道路には凍結箇所も沢山ありますし。
 タイヤがスタックしたり
 事故を起こしたりしたら嫌じゃないですか。

 まして、こういう時はえてして他人を巻き込んでしまいがちですし。

 そこはご自分の人生と巻き込んでしまうかもしれない他人の人生をしっかりと考えて
 ごゆっくり。

 車が出せなくて治療に行けないよー!
 という場合はご連絡さえ頂ければ予約を変更いたしますのでご遠慮はなさらずに。

 急なキャンセルは基本的に困りますよと普段からお伝えしていますが
 こういう時は別ですから。

 皆様足もとにお気をつけて本日も頑張っていきましょう♪

 では、また。

 昭島市の関歯科診療所 院長 関豊成でした。

レベルアップセミナー!

掲載日:2018/01/20

みなさん、こんにちは。
昭島市の歯医者、関歯科診療所勤務医の安達隆帆です。


つい最近年末年始を迎えたばかりと思っていましたが、1月も残り少なくなってきましたね。時間が経つのがとても早いと感じる今日この頃です。



さて、先日、臨床歯周療法集談会(JCPG)のレベルアップセミナーというものに関歯科診療所全員で参加してきました。歯科衛生士さんが受講者の主体のセミナーです。

そのセミナーにおいて講師として関歯科診療所院長が講演いたしました!

演題は「咬合についてすっきりしよう!」というものでした。咬合とは、かみ合わせのことで、歯科衛生士さんにもかみ合わせのことをもっと理解してもらい、チームとして診療所全体でレベルアップしよう、という内容でした。


歯科医療において咬合という分野は我々歯科医師にとっても大変難解な分野になっています。
その難しい咬合の話をわかりやすく、噛みくだいて講演するということに、院長もずいぶん悩んでプレゼンテーションを組んでいたようでした。

講演後、衛生士さんからは「やはり咬合は難しかった、けれど今日の話を聞いて明日からもっとお口の中を詳しく見ていきたい」「今日の講演をきっかけに咬合の勉強をもっとしたい」等の感想が聞かれました。
衛生士さんがかみ合わせの勉強を意識する非常に有意義な講演だったのではないかなと思います。

院長おつかれさまでした。

みなさんにおかれましてはまだまだ寒い日が続きます。体調を崩されないよう、日々お過ごしください。


関歯科診療所 勤務医 安達隆帆

前ページTOPページ次ページ

【管理者用メニュー】

pagetop
042-544-7220