昭島の歯科・歯医者【関歯科診療所】歯周病・予防の総合歯科治療 インプラント、矯正歯科、審美歯科、ホワイトニング

ブログブログ

前ページTOPページ次ページ
おうちデート2。

掲載日: 

     こんにちは。
  肉食人間豊成です。
  肉食系男子ではなく。タダの肉食です。
  肉大好きー!!
  一番好きな肉は、ラムです。次が豚。
  ムム?共食い?
  そんなわけあるかーい!豊成です。

  そんなわけで本日も娘の観察日記。

  さて。
  もはや娘の観察というよりも自分の体力のなさを露呈しつつある感じ。
  えーと、前回はどこまで書きましたっけ?
  
  そうそう、狂言もどきで体力の限界を感じ、引退を決意...じゃないか。
  
次は、「エービーシービーイーエフビーみゆー」
  とのこと。
  (これは、NHKのえいごであそぼのDVDのことを指しています。)

  休むチャンス!!!!!
  「いいよー、じゃあちゃんとお座りして見ようね。」
  DVDをセットして、再生。
  よし。これで少し休める...

  あまーい!!!
  「パパうたってーうたってよー」「あーてー、いっしょやうー」(立って、一緒に踊る。という意)

  ......はいよう。
  40分弱歌いっぱなし。踊りっぱなし。まあ、娘と二人でニコニコ顔を見合せながら歌を歌うのは
  幸せな時間でしたけども。
  疲労はマックス。

  うむーん、そろそろお昼寝しないかな?
  なんて思ってたら、急に号泣。

  おおお?!?!?なんだなんだ?
  眠かったんですね。僕の膝の上に座ったと思ったら、あっという間に寝ました。

  さあ、娘が寝てる間に夕食の準備をしなければ。
  この日の娘の夕食は和風野菜パスタ。
  
  出来あがってしばらくして、目を覚まして早速ご飯。
  「これおいしいー」なんだ?はなまるマーケットのやっくんか?
  でも、美味しいならよかったよかった。

  食事を終えて、しばらく二人でレゴやって。(これは娘よりも僕の趣味に近いですが。)
  
  ようやくママさん登場。というか御帰宅。

  娘はそこからママべったり。

  分かってたけど、分かってたけど、なんか都合のいい男扱いされたような
  えもいわれぬこの切なさよ。

  パパはそれでも娘にゾッコンなのです。やっぱ親ばかかな、こりゃ。

  ま、すごーくつかれましたけど、娘とお家でデート。楽しかったですよ。
  今のうちに沢山遊んでもらわないと。遊んでくれなくなる前に...
  いつか来るであろうその日がかなり怖い豊成でした。  

おうちデート。

掲載日:

     こんにちは。
  カメルーンまさかの予選敗退。
  サミュエル・エトオがいるのに。
  個の力も大切なのでしょうが、やはり組織の力の重要性も否定できませんよね。

  歯科医院も、きっと同じ。
  一人だけが飛びぬけて素晴らしい仕事をしているよりも、
  皆がコンスタントに良い仕事をしている方が結果的に良い治療が出来るのでは。
  なんて事を考えてみました。豊成です。

  さて、本日のお題。

  昨日は、奥さんが美容院に行きたいとのことで、
  愛娘と午後から二人でお留守番。をしていたんですね。

  愛娘の観察日記。
  ママが居なくなった事に気づいて、まず号泣。5分程度。
  次に「パパ、あっこー」(あっこ=だっこ)攻撃開始。
  基本的に娘にアマアマなので、はいはい。喜んでー。と、抱っこ。

  抱っこすると、「あっちいくー」と、部屋の中をあてもなくウロウロ20分。
  最終的に自宅隣にあるコインパーキングにつれて行かれる。
  基本的にいつもガラガラで、線路沿いで電車が見えるので、
  よく行くんですけども。

  そこでありんこの観察15分。
  その後、車止めの上に乗って降りて乗って降りての繰り返し。30分。
  で、再度ありんこの観察30分。
  そして「お茶てぃょーだい」と言う一言を機にお家へ御帰還。
  
  ちなみに、最初はコインパーキングの端っこに座って見守っているつもりでしたが、
  常に自分の後ろに僕を従えていたいのか、ちょっとサボろうとすると
  「パパおいでおいでー」と、呼び出され。休みなし。
  時々僕だけ高い塀の上に乗れと命令されて、上ってみたり。
  遠くからみてる人が不審者に見間違って通報されたりしないかヒヤヒヤ。

  お家に帰るとお茶をがぶがぶ飲んで、一息。ふう。落ち着くかな?

  甘い甘い。
  
  つぎは『狂言』の一節を御所望。
  先日、野村萬斎氏のドキュメンタリーみたいな番組を家族で見ていて、
  その時に僕が本気で、野村氏がTVの中でやっていたセリフ回しやしぐさを
  練習(本番はいつなのか)してみたら娘がケタケタ笑って気に入っていただきまして。

  それをやれと。

  からくり人形みたいな動き(これがかなりきつい)や、
  ぴょんぴょん飛び跳ねながら延々と「ややこしやーややこしやー」と言ったり、
  蚊の真似をしたり。
  続ける事40分近く。

  もはや体力がもちません。
  バスケを1ゲームやったんじゃないか、というくらいゼエゼエ息切れして。
  ソファーの上にぶっ倒れて、「もうダメだあー!」と言ったら、
  「パパだいじょーぶー?」

  まさか2歳前の娘っ子に心配されてしまうとは。
  情けないぜ。頑張らなくては。
  一緒に飛んだり跳ねたりしていた娘も汗だくではあるものの、
  息1つ乱れてないのに。

  運動運動運動運動運動不足♪(キテレツ大百科より)

  うん。今日も長くなっちゃったな。
  続きは次回で。

  子守りをしただけで軽く筋肉痛。本当に運動不足だな。豊成でした。

日本顎咬合学会

掲載日:

     こんにちは。
  いやあ、連夜のワールドカップ放送。見ちゃいますねえ。
  普段、そんなにTVでサッカーとかってやってないのに、この期間は毎日やってますからね!
  幸せだぁー。
  THE 寝不足気味。豊成です。

  さて、本日のお題。

  日本顎咬合学会。
  今年も去る6月12.13日に東京国際フォーラムにて開催されました。
  日本全国から歯科医師、歯科衛生士、歯科技工士が一堂に会して行われる大きな学会です。
  
  知識への食欲を大いに充たしてくれる会でもありますし、明日からの診療への
  モチベーションを再度獲得できる貴重な場でもあります。

  今年も、あちこちのブースやホールに足を運んで色々と学ばせていただきました。
  今回、僕がメインに置いたのはウィリアム・ベッカー先生の
  『GBR(Guided Bone Regeneration)は臨床的な成功に必要か否か』
  という講演。

  人それぞれ考え方が違うように、ドクターによっても様々な考え方があるんです。
  なので、高名な先生方の話を聞いて、その考え方を取り込むことはとても意義があると思います。

  ただし、それらの先生方の話を鵜呑みにするのではなく、あくまで自分の頭のなかで咀嚼して
  理解を深めて、自分の経験や知識と照らし合わせて、
  その上で参考になる部分を自分の糧にすることが肝要かと。

  今回は他にも被覆冠(被せ物)の咬合面(咬み合わせる面)の形態について深く掘り下げたものや、
  エムドゲイン(エナメル マトリックス デリヴァティヴ=ブタ歯胚組織使用歯周組織再生材)
  についてのシンポジウム、
  審美補綴における軟組織のマネジメント、
  咬合力による口腔内の崩壊に対しての警鐘などなど、

  2日間、脳がオーバーヒートするかもって思うくらいに沢山勉強させてもらいました。

  今年も自分にとって有意義ないい2日間になりました。
  さっそく『俺ノート』にまとめて、日々の臨床に活かしていきます。
  活かさなければ、自己満足で終わっちゃいますからね。さ、頑張ろう。

  なんか最近雨が多いですね。
  え?梅雨入り?ほんと?

  早く梅雨も夏も秋も終わって冬来ないかな。雪降らないかな。
  今年はスノボいけるかな。娘(2歳)をゲレンデ デヴューさせたいな。
  奥さんに、去年は叱られちゃいました。「明らかにまだ早いでしょ!」

  ...わかってますって。ただ、スノボのウエアをきて雪景色に佇む愛娘を見たいだけです。
  It`s ゲレンデマジック。 んんー、絶対可愛いでしょ!!!!!
  親ばか?豊成でした。

前ページTOPページ次ページ

【管理者用メニュー】

pagetop
042-544-7220